ベルトの穴開け方で家にあるものは?ドライバーの使い方は?おすすめの道具は何?

ベルト穴開け

ベルトの穴開けを自宅で開ける方法や、
穴開けする道具は何を使ったらいいのか分からないので、

開ける方法について悩んだ経験がある人は多いのではないでしょうか。

道具を買わなくても、誰でも失敗しないで奇麗にベルトの穴開け方法があります。

ベルトの穴開けは、素材によって穴開け可の素材と、
穴開け不可の素材の二通りありますので注意しましょう。

ベルトの穴開けは、
お店に行って店の人に頼めば簡単にきれいな穴の開け方をしてくれます。

ただ、今日中に家のあるものでベルトの穴を開けたいというときもありますよね。

でもベルトに穴開けなどしたことないし、
何を使っていいのか分からない人が多いです。

ここでは、「ベルトの穴開け方で家にあるものは?」
そして「おすすめ道具は&ドライバーはどう使う?」と題して紹介しますね。

サイズが合わないとベルトを捨ててしまう前に是非一度試してくださいね。

参考になれば嬉しいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルトの穴開けにドライバーの使い方は?

ベルト穴開け 1

ドライバーを使ってベルトの穴開けは避けた方がいいと思いますが、
確実に穴開けをするならこの方法が一番いいですね。

その代わり、「見た目はホント悪い」です( ;∀;)
ビニールや布など素材の軟らかいものでも穴開けできます。

ベルトの穴開け作業は、ガンガンと打ち付ける労力の割には、
あまり奇麗に穴開けができないので避けた方がいいですね。

ただ、どうしてもドライバーで穴開けをする必要が出来た時など、
デザインによっては穴を開けないといけないものもありますね。

ベルトの穴開けには使いたくないドライバーですが、
場合によっては仕方ないですね!

 

それでは、ドライバーでベルトの穴開けをする手順を案内します。

ドライバーを使ってベルトの穴開けする手順は?

 

1,プラスドライバーでベルトの穴開けをする場合
穴を開けたい部分に当てて、ハンマーで打ちつけます。

2,マイナスドライバーでベルトの穴開けをする場合
穴を開けたい部分に沿ってキリをハンマーで打ちつけます。
キリで開けた小さな穴を、マイナスドライバーで繋ぐようにハンマーで打ちつけます。

穴を作るのが手作業なので、ガタガタと不格好ですが穴が完成します。
恐らく結構な力と時間がかかりそうですね…。

 

ドライバーと言っても、電動で開けている方もいました!
電動ですれば仕上がりはキレイでしょうね!

ただ、すでに持っている方は試してみる価値ありますが、
ベルトの穴開けのために買うのは勿体ないと思います!

ベルトの種類は本革と革の加工品で作られた2種類

◆本革◆
本革には、牛革やオーストリッチなどありますね。
本革のベルトは厚みがあるので、穴開け専用の物以外での穴開けには向いていません。

スポンサーリンク

厚みのせいで失敗する可能性も高いので、専門のお店に任せた方が良いですね。

◆加工品◆
穴開けが可能なベルトは、エナメルやスエードなどの革の加工品です!

※ドライバーは本来使用する目的とは違うものなのでそれだけでは開けられません。

穴開けがどうしても必要な場合は、硬い場所で、打ちつけるハンマーなどがあるか確認してから試してみましょう。

 

ベルトの穴開けは自宅で奇麗にできるおすすめの道具は?

 

ベルトの穴開けに、百均商品で最適な道具がありますよ!
その商品名は「穴開けポンチ」という商品名で販売されています。

穴開けポンチを使えばベルトの穴開けは簡単でキレイにできます。

「穴開けポンチ」を使ったベルトの穴開け方

穴開けポンチが使える素材は、
革・布・ビニール・厚紙・ゴムなどです。

穴のサイズで数種類販売されているので、
ベルト穴のサイズを測ってから購入しましょう。

1.開ける穴の場所を決めます。
すでに開いている穴と比較しながら、等間隔になるように穴の場所を決めましょう。
その方が自然でキレイですね。

2.穴の場所を決めたら、ポンチを当てて押しつけます。
力を入れると跡が残ります。

場所の確認としてそれを目安にします。
または、目立たない色のペンで目印を軽くつけるのもいいですね。

3.穴開けポンチをハンマーで叩いて穴を開けましょう!

ここで大切な事は作業場所の確保はできるか、
どうかが?ポイントです。

ポンチの先の部分は刃になっていて、
ベルトを貫通すると下の作業場所が傷つく可能性があります。

ベルトの下は硬い作業台を確保するか、
厚めの雑誌などを敷いいて作業をするようにしましょう!

百均のお店はいっぱいありますが、
ダイソーをチェックしてみてください。

近くになかったら、
今はネットストアもあるので覗いてみてくださいね。

 

ベルトの穴開けに使うその他の代用ツール

 

今すぐどうにかしたい、という方に、代用できるツールを紹介します。

・スクリューポンチ
・穴開けパンチ
・ネジ
・キリのみ
・千枚通し
・丸い彫刻刀

1,スクリューポンチは、レザークラフトなど手芸の趣味などで作品を作っている方用ですね。

2,穴開けパンチは、ベルト穴開け専用のものですが、握る力が必要なんですね。

他にあげた代用品も、先ほど書いたドライバーでの開け方と一緒です。

丸い彫刻刀は半円なので、二回当てて円を作るような感じで打ちつけます。
そしてその出来栄えも、残念ながら一緒です。

手作業なので穴はガタガタと不格好で、結構な力と時間がかかりそうです。

見た目なんて気にしない!という方や、今すぐ穴を開けたい!という方にはいいかもしれません…。

一番お手軽でキレイに穴が仕上がるものとなると、おすすめできるのは、
やはり百均で買える「穴開けポンチ」になりそうです。

一緒にハンマーも買うこともできますよ。

使用頻度が少なくても百均で買えるなら、とりあえず買い揃えてみるか。
という気持ちになるかもしれませんね!

まとめ

ベルトの穴開けで、たいていの家にあるドライバーでの開け方から、ほかでの
代用品、おすすめの穴開けポンチまでを紹介してみました。

根気と、見た目を気にしなければドライバーや代用品でも開けられそうですね。

小学生位まではウエストゴム使用の服が多いですが、中学生以降になると指定
ベルトを着用するなど、ベルトを使用することが増えてきます。

子供は成長期で、大人は体型の変化で、ベルトの調整が必要になるかもしれません。

ベルトが合わなくなったから新しいのを買おう。

ではなくて、色々情報を集めてみて試してみる価値はありますよ。

急ぐ場合は、代用品を探して試してみましょう。

急がないなら、ぜひ穴開けポンチでチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekosukeをフォローする
暮らしに役立つ生活の知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました