独身女性が引っ越しで悩む断捨離の注意点とアドバイス!家族で引越し体験も!【引っ越し体験談】

生活

独身女性の引っ越しは長年一人暮らしをしていた、

今まで積み重ねてきた生活スタイルに比例しています。

引っ越し時に片付けを兼ねて思い切って断捨離をする事にしました。

でも日頃から断捨離なんてやったことがない私には、

何をどれだけ処分していいのか判らずかなり悩みながらの断捨離でした。

結果、日用品から家具・ペットまで1人ではとてもじゃないけど、

1日では終わらない大変な断捨離作業になりました。

独身女性の引っ越し体験談は、
これから独身女性の方が引っ越しをされる時に参考になれば嬉しいです。

また家族で引っ越しをされる方にも体験談を掲載していますので、
参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

思い切って身の回りの物を断捨離

(独身女性の引っ越し体験談)
引越しに際して、これからも必要のないと思われるものを、

詰め込んでも引越し費用が嵩むだけと実感し、断捨離を決意しました。

使用していないキッチン用品や服などはこの際リサイクルショップに売りに出したり、

提供したりしようとネットで近所の買取店などを調べたりします。

案外時間がかかるもので、引越し日の1ヶ月前にはこの作業に着手、

なるだけ未使用のものや新品でも使用していないものは、

どこかに売ってしまおうのネットオークションなども利用しました。

身の回りの整理から断捨離

(独身女性の引っ越し体験談)

転勤に伴い単身引越しをすることになったのをきっかけに,

引越しの準備をすることになりました。

しかし、長年住んだ生活の中で溜まっていった服や身の回りのアクセサリー、

日常品として欠かせない家電、そして到底1人では持ち運びができない家具たち。

私は数年前から小型犬を飼っていて、犬に関する生活品も段ボール一つではすみませんでした。

不必要なものだらけ

(独身女性の引っ越し体験談)

まずは、段ボールを何十個も用意し、

引越し先まで使用しないものから箱詰めしていきます。

整理してみると何年も使用していないものや服が散乱していることに心底気づかされます。

多忙な日々を思い返しても、一度しか使用していないものあったり、

愛犬のために買ったおもちゃも使用しないままの状態で放置されていました。

↓ここからは家族で引っ越しをされた体験談↓

(体験談)引越し前の断捨離で困ったこと

(家族で引っ越しの体験談)
私、夫、2歳の息子の3人家族なのですが、

少し狭い2LDKから広めの3LDKに引越しする際の断捨離について、

あった方がいいのかどうか迷ったものがいくつかありました。

引っ越してだいたい慣れて来た頃に『あれを捨てずに置いていればよかった』

『やっぱりこれ要らなかった』といった事案があったのでお話させて頂きます。

断捨離で要らなかったもの

(家族で引っ越しの体験談)

引越し前の断捨離を終わらせて無事に引越しをしたはいいものの、

スポンサーリンク

あっても意味の無い小さなカラーボックスと大きさの違うバラ売りタイプの収納ボックスでした。

何故我が家でこの2つが要らなかったかと言うと、

引っ越す前に住んでいた家の収納が6畳の和室にあった押入れと、

5畳もない洋室のクローゼット2箇所だったんですが…

押入れの方は大きいものを使えば襖に引っかかってしまって使えず,

出し入れに困難していたことが1番の原因でした。

それが、引越した後で収納に使えると思って使用しましたが、

いざ片付けてみるとデッドスペースばかりが出来てしまって無駄を作ってしまうことになりました。

アレこれと考えを練って収納の仕方を変えたりしましたが、

どうしても勿体ないスペースが出来てしまって買い直さなければならなくなったため、

無駄を増やしてしまったなと後悔しました。

断捨離で要らないと思ったものが必要だった

(家族で引っ越しの体験談)

逆にこの引越しの時に必要だったものが、

めの棚付き突っ張り棒と柵でした。

トイレの収納が狭すぎて、

棚付き突っ張り棒がなければ綺麗に片付かない状態にあった上、

綺麗に保つためにトイレの掃除用品等の、

購入が増えたこともあって上手く収納することが出来なくなったからです。

その上子供のトイレトレーニングの為に補助便座を購入し、

引っ掛ける場所を考えていなかった誤算もあって、

僅かな出費ではありますが、

棚付き突っ張り棒を買わなければならないという無駄を作ってしまいました。

柵は特に必要ないと思っていたのですが、

新居が独立キッチンなのですが子供の出入りがあまりにも多く、

悪戯も度をすぎていたこともあってこれもまた購入する羽目になりました。

夫の断捨離

(家族で引っ越しの体験談)
私はいる要らないというものは直ぐに分けてできるタイプなのですが、

夫がとても未練捨てきれずに置いておくタイプであるため1番苦労しました。

というのも、お気に入りのブランドで買った指輪のケースや包装用の箱、

ハマって買ったキャラグッズが冷めて要らなくなったもの…

全てに『捨てるのが勿体無い』という考えの人で、

メルカリに出すのも梱包が面倒だからという理由で中々手放さないのがほとんどです。

片付けが進まないこともあって、

『勿体ないじゃなくて、いるかいらないかで分けて』と怒ったこともあります。

未練がましく残したものが未だにあるため無駄が溜まり、

今もなかなか片付いていない状態が続いています。

年末年始、スッキリした状態で過ごしたいので現在進行形で、

何とか説得しながら片付けている状態です。

独身女性の引っ越し体験のまとめ

独身女性の私物は、

今まで購入しているものを計算してもかなりの金額になります。

引っ越しをすることで無駄遣いをしていたことが身に染みて、

これからはミニマリストになるべく、

シンプルな生活に一新、新しい生活をしたいとしみじみ実感しました。

引越業者の見積もりのこれにより大分差ができてきます。

特に家具など大型のものを含めるとものは少ない方が良いに越したことはありません。

これからはもっと物品を大切し、必要なものだけで生活したいと思いました。

家族で引っ越し体験まとめ

引越しする前と後のイメージをしっかりと膨らませて片付けていても、

その時になって始めて『あれが必要だった』

『これはいらなかった』というものが出てくるので、

日々ゆっくりと理想に近づけていくしかないのかなと考えるきっかけができたなと思います。

その時にはいる、いらないと思っていても、

結局すぐにそれが必要だったり要らなかったりするので、

それも想定した上で引越し後ゆっくり整理していかなければと感じました。

本当に断捨離は難しいところもあったりしますが、

定期的に断捨離を行っていくことが大切であることはよく実感できたと思っています。

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekosukeをフォローする
暮らしに役立つ生活の知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました