黒髪と茶髪とではどっちが若く見える?黒髪でおしゃれに見えるヘアスタイルは?

画像_1920

若い年代は、流行りのカットやパーマ、カラーを試して、自分に似合うヘアス
タイルを楽しみながら探しているんじゃないでしょうか。

ある程度歳を重ねると、同じようなヘアスタイルをしていても似合う人と似合
わない人に分かれてきますよね。

顔つきやファッションなどの個性の違いで分かれるのはもちろんですが、あな
たの年代に似合うカラーやケアが大切です。

ここでは、黒髪と茶髪がどっちが若く見えるか紹介したいと思います!
黒髪や白髪でおしゃれに見えるヘアスタイルも参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒髪と茶髪とではどっちが若く見える?

20代はそんなに気にせず好きなヘアスタイルをしていたのに、30代を過ぎる
と徐々に似合う人と似合わない人に分かれる気がします。
同じ人でも、ヘアスタイルと変えることで若く見えたり、年上のように感じる
こともあります。

本人のもつ肌色や顔立ち、ファッション、スタイルという個人差はもちろん
あります。
初対面の方を知るときは、笑顔や話し方などの第一印象に左右されると思い
ます。
ヘアスタイルも見た目年齢を左右する大きなポイントになっています。
ヘアスタイルの中でもわかりやすいのは、髪の毛の色です。

これは年代によって感覚と与える印象が違っているようです。

・20代
可愛らしさを求めるタイプと大人っぽさを求めるタイプは方向性が違いますが、
黒髪より茶髪にしている人が多いんじゃないでしょうか。
黒髪は、髪の長さによっては重く見えたり、落ち着きすぎ、人によって幼く見
えるので20代は茶髪の方が若々しく見えるかもしれません。
茶髪は色の濃さで印象はグッと変わります。
色々試せる時期ですね。

・30代
黒髪と落ち着いた茶髪が増え、その人の持つ個性と混ざり合って、若く見え
るのは両方の色にいる印象です。
大人の女性になって顔立ちも変わりますね。
茶髪は顔を明るく見せて若く見える人もいます。
黒髪はヘアスタイルによっては目鼻立ちをはっきりさせる効果もあり、若く
見える人もいます。

・40~50代
若い頃と比べて髪はボリュームがなくなります。
更にパサつきがちになりツヤもなくなってきます。
白髪も目立ち始めますね。
家庭や仕事の両立で忙しく、セルフケアや美容院へ行く回数が若い頃より減っ
ているかもしれません。
ヘアケアを怠った茶髪は白髪も目立って、明るい色になればなるほど残念な
印象を与えている人が多いかもしれませんね。
黒髪か茶髪でもダークブラウンで落ち着かせてヘアケアをすると、若々しい
印象を与えそうです。

年代、肌色、外見的特徴で似合う髪型や色は全く変わります。
また、年代に関わらずヘアケアを怠らないようにしましょう。
ダメージは蓄積されますよ。
若い頃から、または気づいたときからヘアケアをしてツヤのある健康的な髪
の毛を維持しましょう!
健康的な髪質なら40代以降に明るい髪色にしても印象が変わるかもしれま
せんね。

 

若く見えるヘアスタイルは

https://twitter.com/yuki_39body/status/1516050630657265667?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1516050630657265667%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fpublish.twitter.com%2F%3Fquery%3Dhttps3A2F2Ftwitter.com2Fyuki_39body2Fstatus2F1516050630657265667widget%3DTweet

皆さんヘアスタイルは色々試されてきたと思います。
若く見えるヘアスタイルはこれだ!と言えるものは残念ながらありません。
自分の顔立ちや髪質を理解した上で選ばないといけないんです。

スポンサーリンク

髪の色も、
「若く見えるのは黒髪!」
「茶髪の方が明るくて若く見える!」
と、意見も分かれています。

ヘアスタイルや色で印象も左右されますが、何よりもヘアケアが大切です!
髪の毛も老化します。スタイリングも少し工夫すると見違えると思いますよ!

ヘアケアは頭皮も意識してケアしましょう。
アミノ酸系など刺激の少ないシャンプーを選び、頭皮をマッサージするように
洗います。保湿成分・美容成分配合のシャンプーにも注目です。
過度なダイエットや寝不足も、薄毛や抜け毛などに影響するので気をつけま
しょうね。

ヘアスタイルで若く見える印象を与える髪型の特徴として、
・トップにふんわりとボリュームがある
・ツヤがある
・分け目がなく自然に流れた前髪
・適度な軽さと立体感のあるヘアスタイル
があげられます。
今の髪型は老けて見えるかもしれない…と思われた方も、スタイリング方法を
工夫するだけで若く見える髪型にできるかもしれませんよ!?

ヘアスタイルそのものを見直したいなら、
・前髪
・トップのボリューム感
・ひし形のシルエット
に注目してみましょう。

前髪
好みもありますが、前髪がある方が若く見えます。
分け目を消しながらスタイリングしましょう。

トップのボリューム感
ドライヤーでボリュームを出して若々しく見せましょう!
お風呂上りのドライヤーでトップのボリュームを出しておくのを習慣づけると、
朝のセットが楽になると思いますよ。

ひし形のシルエット
ひし形にすることでハリとトップにボリュームが出て、小顔効果もあります。

自分の髪の毛に対する悩みと、したいヘアスタイルがはっきりしているなら、
髪のプロの美容師さんにアドバイスをもらいましょう!
何が適していて、何が不向きなのかなどプロの視点で教えてくれるのでとても
助かりますね。

 

白髪でも若く見えるヘアスタイルは

グレイヘアというスタイルが浸透してきました。
残念ながら、グレイヘアはどんな人でも似合うという訳ではありません。
年齢がほぼ確実に年上に見られます。
ただ、若く見せることが絶対条件ではなく、その人ならではの美しさが表現で
きるものだと思っています。

白髪を染めずにキレイでいるには、ヘアケアも重要でごまかしがききません。
また、白髪は個人差が大きくて部分的に出る人や、全体的にまばらに出てくる
人もいます。
白髪が全体に整うまでぼかしながら、自分に似合うグレイヘアにするには長期
戦になります!

個人的な意見ですが、白髪でも若く見える髪型はショートからボブあたりの長
さまでだと思っています。

白髪が似合う人の特徴として、
・毛の量が多くて、ボリュームがある人
・はっきりした顔立ちの人
・こまめにヘアケアができる人
・美意識が高い人
だと感じています。

毛の量とボリュームがあるショートカットは、動きがでやすいので、白髪が
立体感を生んでくれると思います。
顔立ちが薄い方は、白髪にすることで髪の印象も薄くなるので、老けて見える
傾向があります。
でも、美意識が高い人であれば、ファッションやメイクなど持ち前の知識でカ
バーできるので印象も変わると思いますよ。

正直なところ、「オシャレのための白髪なんです」と言えるくらいのポジティブ
思考と美意識の高さがある人にお似合いだな…と思いました。
それくらいハードルが高い白髪のヘアスタイルですが…かっこよく決められる
ならしてみたいヘアスタイルです!

 

黒髪でおしゃれに見えるヘアスタイルは

⑤ https://twitter.com/kawaiihaireasy/status/1515941704620118016

色んな髪の色で溢れていますが、ツヤツヤな黒髪はとてもキレイです。
丁寧にケアされた黒髪は魅力的ですね。
人気がないのは、重く見えたり地味に見えるからでしょうか。

黒髪のおしゃれに見せるポイント
・髪質がポイント
ストレートはツヤ感、パーマはフワフワ感など、質感によって印象が変わり
ます。適したスタイリング剤を使用しましょう。
・動きのある髪型にする
黒髪のストレートは重さも感じて、クールな印象を与えることがあります。
レイヤーやパーマなどで動きのある髪型で抜け感作りを意識してみてくだ
さい!
・何よりもヘアケア
パサパサの見た目は地味な印象へ一直線ですよ。
毎日のケアを頑張りましょう!
・前髪
若々しい印象を与えたいなら前髪あり、大人っぽさを求めるならかきあげ風の
前髪とイメージが沸きます。
ただ流行りもあり、一人一人似合う前髪は違うので美容師さんに聞いてみま
しょうね。
・メイクも意識して!
黒髪が似合う肌は、青味がかった明るい肌と言われています。
黒髪に違和感を感じたら、それは肌のくすみが原因かもしれませんよ。
コントロールカラーで肌を明るく見せましょう。印象が変わるはずです!

 

まとめ

ヘアスタイルはあなたの第一印象を左右する一つです。
若く見せるためには、あなたの年代や骨格、顔立ちに合った髪型や髪の色であ
ることはもちろんですが、ヘアケアで健康的な髪の毛を維持するのも重要です。
毎日のスタイリングでも、若く見えるか、年上に見えるかが変わってきます。

黒髪でも茶髪でも白髪でも!ヘアケア最優先ですよ!
歳を重ねるごとに髪質も変わります。
ケアも習慣化すれば苦になりません。
いつまでも素敵なヘアスタイルをしていたいですね。

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekosukeをフォローする
暮らしに役立つ生活の知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました