不成就日にしてはいけないことは?過ごし方は?2021カレンダーは?迷信はあるの?

投稿者: | 2021年1月10日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

不成就日という言葉を
ご存知ですか?

私の周りでは、「不成就日」って何って聞いてみたら、不成就日を知らないどころか、
何て読むのか分からない人が多いですね。

それくらい知っている人が少ない言葉ですが、調べてみるとある意味のことなんですね。

それは『ある1日の吉凶』を表す言葉なんです。

 
壁に掛けてあるカレンダーには、月日・曜日はもちろんのこと、

六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)も書かれていますが、

『不成就日』と書かれている日があることにも気づくと思います。

 
しかし、不成就日という文字を始めて見た時は、不成就日を正しく読むどころか、

どういう意味なのか?分からない方が多いのではないでしょうか。

ここでは、不成就日にしてはいけないことや、過ごし方、読み方と意味

そして気になる月ごと(2020/10-12~2021年)の不成就日

    についてご紹介していきます。

     

    スポンサーリンク

     

    不成就日にしてはいけないことは?

     

     

     

     

     

     

    ・結婚式をする
    ・開店する
    ・子供の命名をする
    ・引っ越しをする
    ・契約をする
    ・芸事はじめをする
    ・相談をする
    ・造作をする・・・造作は、何かを建築したり、改築したりする…というような意味です。
    ・願い事などがありますが、

    不成就日の日は何事も成就しない日とされ、悪い結果だけを招く日という意味があり、

    色々なことが凶となっているので、何を始めるにしても、適さない日です。

    やってはいけない日に無理に事を起こす必要もないので、

    不成就日は、静かに過ごしましょう。

      ウィキペディアにも、以下のように書かれています。

      何事も成就しない日とされ、
      結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事始め・願い事など、
      事を起こすことが凶とされる。市販の暦では他にも色々なことが凶となっていて、
      結局は全てのことが凶ということになる。

      ウィキペディアの不成就日より

       

      また、何かの行動をしてしまっ後で、不成就日のことをその日だと分かり

      どうしょうか?・・・気になる時ってありますよね。

      ここでは、『何かをしてしまった後に、実はその日が不成就日だった」っていうことを、

      後ほど分かった場合の接し方などをまとめてみました。

       

      不成就日に財布を購入してしまった場合どうすればいいの?

      例えば、不成就日に財布を購入してしまった時に気になるのは、

      購入した財布の金運があまり良くないかも知れないっていうことですよね。

      その場合は、不成就日と同じ選日で、金運にいいとされる『一粒万倍日』にも財布を買いましょう。

      お金が勿体ないと思った場合、100円ショップに売っているような財布でも問題ないです。

      一粒万倍日は、一粒を万倍にも増やしてくれる日ですので、

      100円の財布でも、10万いや100万円が入ってくるような財布になるかも知れません。

      もしも、本当に、100万円が入ってくるような財布になったら、

      それを元手に、また、一粒万倍日に、メインで使う財布を買い直すのも良いですね。

       

      不成就日の過ごし方

      不成就日には、科学的根拠はないと言われてますが、それでも気になってしまいますよね!

      心の持ち方一つで、良くない結果を招いてしまうことがよくあります。

      なので基本は、静かに過ごすのがおすすめです。

      また、不成就日には以下のような活用方法もあります。

      不成就日にやっていいこと

      不成就日を意識していた頃は、

      現在のように月曜日~日曜日のような七曜日になってはいませでした。

      そのため、約8日ごとにやって来る不成就日の休みを休日として活用していた可能性もあります。

      スポンサーリンク

      不成就日は何やってもダメな日なので、思い切ってお休みにしようっていうわけですね。

      なので、不成就日には、休息をとって、

      『ゆっくり休む』

        というのが一番じゃないでしょうか。

         

        逆に、天赦日は新しいことを始めたり、

        今までどうしょうかと悩んでいたことに挑戦するには最適な日です

        <<天赦日に行うと良いとされること>>

        ・プロポーズ結婚
        ・結納
        ・入籍
        ・慶事
        ・出生届
        ・引っ越し
        ・独立/開業
        ・財布の新調

        今まで躊躇していた事を始める。

        などがあります。上記の行事をする時に天赦日が重なれば最高ですね!

        不成就日と天赦日の違いは、良いこと、悪いことなど、

        ほぼ真逆のようですね。気をつけましょう。

        不成就日の由来

        不成就日は、事実なのか、迷信なのか、それとも気にした方がいいのか?気にしなくてもいいのか? 

        それらを考える前に、まずは、不成就日の由来を知るのも大切です。

        そもそも、不成就日といった日を誰が、いつ作って広めたものでしょうか?

        その問題についてはまだ誰も分かっていません。

         
        日本で古くから使われていた暦には、年月日以外にも、

        その日が良運の日なのか、悪い日なのか?

        その日の時間帯や方位の吉凶等を占う項目がありました。

        これを『暦注(れきちゅう)』と言います。

        暦注には、大安や仏滅などで有名な六曜や、子の日・丑の日・寅の日などで知られる、

        干支を始めいろいろな項目が掲載されていました。

        その中で数ある暦の暦注の1つに、『選日(せんじつ)』という項目があり、

        不成就日は、その選日の中の日として分類されています。

         

        選日は、全部で8種類あります。

        ・八専(はっせん)

        ・十方暮(じっぽうぐれ)

        ・不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)

        ・天一天上(てんいちじん、てんいつじん)

        ・三隣亡(さんりんぼう)

        ・三伏(さんぷく)

        ・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

        ・犯土(つち、ぼんど)

        ・臘日(ろうにち、ろうじつ)

        の8種類となっています。

         

        日本の暦事情(平安時代~江戸時代)では、

        日本の暦は、862年2月3日(平安時代)~1685年2月3日(江戸時代)までは、

        中国歴の1つの宣明暦(せんみょうれき)が使われていたようです。

        その後、改暦が行われ、1685年2月4日~1755年2月10日までの期間は、

        渋川春海によって編纂された初めての和暦である貞享暦(じょうきょうれき)が使われています。

         

        各地で出版された暦本

        江戸時代には、幕府公認の暦から、神社や、地方の藩が独自に編纂した暦まで、

        さまざまなものが出版されていました。

        では、不成就日も、当時、出版されていたどの暦にも載っていたかというと、

        そんなことはなく、実際は、ほとんどの暦には載っていなかったようです。

         

        不成就日の読み方と意味は?

        不成就日の事を掘り下げて行く前に、

        曖昧な感じがする、不成就日の読み方を明確にしておきましょう。

        読み方は、

        「ふじょうじゅび」

        「ふじょうじゅにち」です。

         

        不成就日の意味とは?

        この日は何事も成就しない日とされ、悪い結果だけを招く日という意味があり、

        色々なことが凶となっているので、何を始めるにしても、適さない日とされています。

        不成就日は毎月2~4日ほど回ってくるもので、

        たまに一粒万倍日や、天赦日や大安などの吉日と重なることもあります。

        吉日と重なっていると残念ですが、その意味を考えると、

        やはり外したほうがいいのかなと思いますよね。

         

        不成就日のカレンダーは?

        不成就日は日本の暦の上で凶日と言われていますが、

        実際、月ごとの不成就日はどれくらいあるのでしょうか?

        六曜の大安は、週1回のペースで巡ってきますが、

        不成就日は、そういうわけにはいかないようです。

         

        ここでは、2021年の不成就日と六曜を合わせて紹介します。

          2021年の不成就日の全一覧表です。

          六曜では、大安と重なる不成就日はありますが、仏滅と重なる不成就日はありません。

          また、建築、引っ越し、旅行などにいいとされる大明日と重なる不成就日や、
          何事を始めるのに良いとされる一粒万倍日と重なる不成就日も結構あります。

          1月の不成就日

          ・ 4日(月曜)先勝 一粒万倍日
          ・12日(火曜)先負 大明日
          ・18日(月曜)大安
          ・26日(火曜)先勝

          2月の不成就日

          ・ 3日(水曜)先負 一粒万倍日 大明日
          ・11日(木曜)大安
          ・14日(日曜)先負
          ・22日(月曜)大安 一粒万倍日

          3月の不成就日

          ・ 2日(火曜)先勝 大明日
          ・10日(水曜)先負
          ・14日(日曜)先負 一粒万倍日 大明日 
          ・22日(月曜)大安 大明日
          ・30日(火曜)先勝 大明日

          4月の不成就日

          ・ 7日(水曜)先負
          ・12日(月曜)先負
          ・20日(火曜)大安
          ・28日(水曜)先勝 大明日 三隣亡

          5月の不成就日

          ・ 6日(木曜)先負
          ・15日(土曜)先勝 三隣亡
          ・23日(日曜)先負 大明日
          ・31日(月曜)大安 一粒万倍日 大明日

          6月の不成就日

          ・ 8日(火曜)先勝 大明日
          ・14日(月曜)先負 一粒万倍日
          ・22日(火曜)大安
          ・30日(水曜)先勝 大明日

          7月の不成就日

          ・ 8日(木曜)先負
          ・15日(木曜)大安
          ・23日(金曜)先勝 大明日
          ・31日(土曜)先負

          8月の不成就日

          ・10日(火曜)先負
          ・18日(水曜)大安
          ・26日(木曜)先勝 大明日

          9月の不成就日

          ・ 3日(金曜)先負
          ・ 8日(水曜)先負 大明日
          ・16日(木曜)大安 一粒万倍日
          ・24日(金曜)先勝

          10月の不成就日

          ・ 2日(土曜)先負
          ・ 6日(水曜)先負 大明日
          ・14日(木曜)大安 大明日
          ・22日(金曜)先勝
          ・30日(土曜)先負 大明日

          11月の不成就日

          ・ 8日(月曜)先勝 大明日
          ・16日(火曜)先負
          ・24日(水曜)大安

          12月の不成就日

          ・ 2日(木曜)先勝 大明日
          ・ 8日(水曜)先負 三隣亡
          ・16日(木曜)大安
          ・24日(金曜)先勝 大明日

          結婚式・入籍・引っ越しなどを縁起の良い大安の日に・・・と思っていたのに、

          カレンダーを見ると「不成就日」と重なっていると戸惑った方も多いのではないでしょうか?

          その場合はどうしたらいいのでしょうか?

           

          「何事にも良いとされる大安と、何事も良くないとされる不成就日。」

          どちらを選べばいいの?!と悩んでしまいそうですが、

          この場合は、「不成就日のほうに重きをおいた方がいい」です。

           

          不成就日は迷信

          大安も不成就日も、そもそも科学的根拠がない迷信なので、

          不成就日のほうが災いがある」という明確な根拠はありません。

          しかし、わざわざ、その日を選ぶ方は少ないと思いますが、

          選ぶならより良い吉日を選ぶほうが無難ですね。

           

          まとめ

          この日は何事も成就しない日とされ、悪い結果だけを招く日という意味があり、

          色々なことが凶となっているので、何を始めるにしても、適さない日とされています。

           

          しては行けない日に無理に事を起こす必要もないので、

          不成就日は、静かに過ごしましょう。

          逆に、天赦日は、不成就日など他の凶日や、禁忌日と重なっても、

          跳ね返すほどの最強の吉日とも言われていますので、

          結婚・開店・子供の命名・移転・契約・芸事はじめ・願い事などを、

          行いたい場合は、不成就日の日は避けるようにスケジュールを調整しましょう。

          スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。