髪の毛に匂いがつきやすい人とつきにくい人の違いは?匂いがつきやすい人の原因は?

髪の毛暮らし
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

髪の毛匂い

外出すると髪の毛に匂いがついて気になることがあります。
匂いがきつい料理やタバコの匂いなどは髪につきやすいような気がします。

もともと髪の毛は匂いがつきやすい性質を持っていますが、
髪の毛の状態、特に乾燥や傷みがあると匂いがつきやすい状態です。

ヘアケアは匂い対策でも大切だと教えてくれますよ!

このサイトでは、「髪の毛に匂いがつきやすい人とつきにくい人の違い」
を紹介したいと思います。

ついてしまった匂いを取る方法も参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

髪の毛に匂いがつきやすい人とつきにくい人の違いは?

髪の毛匂い 1

「髪の毛に匂いがつきやすい人とつきにくい人の違い」何なんでしょうか?

その違いについては以下に紹介していますので参考にしてくださいね!

 

髪の毛に匂いがつきやすい人の原因は?

髪の毛匂い 3

髪の毛に匂いがつきやすい原因はとして、
・元々髪の毛は匂いがつきやすい
頭皮や髪の毛をダメージから保護する働きをするのが皮脂です。

誰であれ、髪の毛の表面には皮脂がついていますが、
それが匂いがつく原因になっていることもあります。

・ダメージヘア
キューティクルが開いている髪の毛はダメージを受けています。
刺激を受けやすく匂いがつきやすい状態です。

・頭皮が匂う
髪の毛に匂いがついたのではなく、頭皮からの匂いを感じてしまうことがあります。
ノネナールと呼ばれる成分が主な原因で発生し、40代以降に多い悩みです。

難しく書きましたが、加齢臭のことです。
ほかには、シャンプーの洗い残しが原因で、雑菌が繁殖して匂うこともあります。

・髪の件が生乾きの状態
生乾きだったり、湿気が多いと匂いがつきやすくなります。
シャンプー後はドライヤーを使ってしっかり乾かしましょう。

スポンサーリンク

頭皮や髪の根元も乾かしますよ。
髪の毛が濡れたままだと、雑菌が繁殖する可能性もあります。

 

髪の毛に匂いがつかない方法

髪の毛匂い 4

髪の毛がなんだか匂う…という時や、匂い防止策を紹介します。

匂いを防ぐ方法として、頭皮や髪をしっかり洗って清潔に保つことが大切ですね。

匂いや汚れを放っておくと、雑菌が繁殖して匂いはますます悪化していきます。

気になるからと、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ必要はありません。

 

ポイントは?

1.入浴前にブラッシングして汚れを浮かします。

熱すぎない温度で、シャンプーをよく泡立てて、頭皮を優しくマッサージするように洗います。
シャワーで汚れをちゃんと落としましょう。

シャンプー後、髪が濡れたままでいると匂いの原因につながります。
しっかり髪を乾かすようにしますよ。

2.髪の毛の根元や頭皮も乾かします。

頭皮や髪の毛を保湿しましょう。
髪の毛のケアをする人は多いですが、可能なら頭皮のケアもしてみましょう。

傷んでいる頭皮には保湿してケアすることが大切です。
匂いだけでなく髪自体も元気になりますよ。

3.外出時も対策しましょう。

外出前に、スタイリング剤で髪全体をコーティングしましょう。
コーティングすることで、匂いや汚れ、更に保湿効果にも期待できますよ。

洗い流さないトリートメントを利用するのも効果的です。
髪の毛がコーティングされ、匂いがつきにくくなります。

ただし、油分を含んだものは匂いがつきやすいので注意してくださいね。

確実に匂いがつきそうなイベントに参加するときは、髪の長い人はまとめるといいかもしれません。

まとめることで露出している髪の毛が減るので、匂いがつく面積が減りますよ。
髪の短い人は、帽子などで対策をしてみましょう。

 

キューティクルを整える方法は?

◆カット
毛先の乾燥していたり傷んでいる部分をカットして、健康的な髪質にします。

◆トリートメント
シャンプー後のトリートメントやドライヤー前後のトリートメントがありますね。

まずは、自分が取り入れやすいタイミングで使用できるトリートメントを試してみましょう。
ケアすることで、健康な髪質に近い状態になり、匂いもつきにくくなりますよ。

 

外出先での改善方法

用心していても、ついてしまうときはあります。
外出先での改善したいときの方法をお知らせします。

①ウェットティッシュで拭く
ウェットティッシュで髪の毛全体をパッティングして、匂いをとることができます。
拭き取った後は、ティッシュやハンカチなどを使って、乾くまで拭き取るようにしましょう。

②風で匂いを飛ばす
風の力で匂いの成分を飛ばすことも可能です。
ドライヤーの熱風が一番効果ありますが、常に持ち歩いていないものです…。

ドライヤーがない外出先でも、扇子やうちわ、自然の風を利用します。
髪全体に風が通るように、手ぐしで通り道を作りながら飛ばしましょう。

ここ数年、夏はハンディファン(小型の扇風機です)を持ち歩く方が増えました。
暑い日は髪の毛対策にも使えますね。

③ヘアコロンスプレー
市販で売られているヘアコロンやヘアフレグランスは、髪の毛の表面に膜を
作って匂いをつきにくくします。

また、商品の中には消臭成分が入っているものがあるので、
匂いがついてからでもスプレーすることで改善するかもしれません。

 

髪の毛に匂いが付きやすい人とは?

匂いは、髪の表面部分であるキューティクルに付着する性質を持っているんですね。

髪の毛の匂いが付きやすい人、つきにくい人の違いは髪の毛のケアしだいですが、
肝心のキューティクルをケアできていない人が多いのも原因の一つです。

外出先で髪の毛に匂いがついて気になる人って多いようですが、
髪の表面は油に馴染みやすいという特徴があって、匂いを吸収しやすいと言われています。

なので、空気中の油が髪について匂いがうつりやすいです。

また、髪の毛は生活の中で、いろんな外部の刺激によって匂いがうつりやすい性質です。
このキューティクルには小さなデコボコがあるので、そこに匂いがつきやすいです。

ということで、ダメージを受けている髪の毛は、キューティクルが開いて傷つ
いている場合が多いので、刺激を受けやすく匂いがつきやすくなっています。

 

まとめ

毎日こまめにケアしていても、洗い方や生乾き、季節の変化などにも左右されます。

傷んでいる毛先はカットして、健康な髪の毛を維持できるようにしてくださいね。

また、外出先での匂いが移ってしまうこともあるので、出かける前に対策をして、
匂い移りの軽減をしましょう。

トリートメントやスタイリング剤で髪の毛をコーティングして匂いから守りましょう。

外出先で匂いを軽減する方法も、覚えておくと試せるので安心できますよ。

髪の毛の匂いに気を取られて、外出が楽しめないのももったいないです!

日頃のケアと対策を忘れずに、外出が楽しめるといいですね。

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

暮らし
nekosukeをフォローする
ちょっと役立つ暮らしの知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました