神戸の劇場型水族館アトア「átoa」の所要時間とチケット予約方法は?アクセスと混雑状況は?

アトア

複合文化施設の一角にできた、劇場型「átoa(アトア)」は、
2021年10月29日に神戸のウォーターフロントエリアにオープンしました!

「átoa(アトア)」の名前の由来は、
Aquarium(アクアリウム・水族館)to (と) Art(アート)から ‟アトア“ と命名されました。

「átoa」(アトア)はアクアリウムと舞台美術やデジタルアートが、
融合する劇場型アクアリウムになっています。

今回は、私が実際に行った「劇場型アトア「atoa」の所要時間と予約!」
合せて「アクセスと混雑状況は?事前予約方法も!」と題して体験したことをお伝えします。

話題の神戸の水族館「átoa」(アトア)のチケット予約方法や、
入場料の割引があるのか調べましたので、ご紹介させていただきます。

ちなみに、私は事前チケット購入はせず、
事前にネット予約で入場しましたのでそちらも詳しく紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アトア「átoa」の所要時間は

アトア「átoa」の所要時間は、
観覧のみで約1時間もあれば全て回れると思います。

ただ、食事をしたり、土産物コーナーに立ち寄ってウロウロしていると、
時間はあっという間に過ぎ去っていきます。

純粋に水族館「átoa」だけを見学するのと、その他施設を回る時間を入れると。
時間は最低でも、3時間はかかりますね!

私たちが行った時は、昼過ぎでしたが、食事処も、土産物店なども。
混雑することなく、以外にスムーズに回れることができました。

なので後は、行くタイミング次第ではないでしょうか?

 

水族館「átoa」のチケット購入方法は

アトア 2

「átoa」は日時指定入場制のため事前に購入しないと、
入場が出来ません。なので事前購入がおすすめです。

※ちなみに、私達がアトアに行った時は入場料の高い期間でした。
今後の参考になれば嬉しいです。

大人:2400円のところ⇒2700円
子供:1400円のところ⇒1600円
幼児:800円のところ⇒900円
対象期間
・2022年4月29日(金)~5月8日(日) ※5月2日(月)、6日(金)を除く
・2022年8月6日(土)~8月16日(火)

アトア「átoa」に出かける時は事前に料金がいくらなのか?
を調べて出かけるようにしましょう!

でないと私のように高い料金を払うようになります( ;∀;)

前売り券は、入場日の1ヶ月前から購入可能となっています。
購入後は現地でチケットと引き換えてご利用ください。

 

アトア「átoa」へのアクセス方法

🚅:電車の場合
・JR神戸線「三ノ宮駅」、阪急神戸本線、阪神本線「神戸三宮駅」
ポートライナー/神戸市営地下鉄西神
・山手線「三宮駅」、神戸市営地下鉄海岸線「三宮・花時計前駅」より南へ徒歩約18分(約1.4㎞)
・JR神戸線/阪神本線「元町駅」から:南へ徒歩約15分(約1.2㎞)

🚌:バスの場合
神姫バス 三宮駅前:ポートループ/ポートアイランド方面行き「新港町」下車すぐ

🚙:車の場合
阪神高速3号神戸線「京橋出入口」から約1分
ハーバーハイウェイ「新港ランプ」から約1分

 

átoaの混雑状況は

アトア「átoa」平日の混雑状況は?

アトアが混雑する時期は、平日はそんなに混むことはないですが、
春休み、夏休みには結構混むのではと思います。

アトア「átoa」は、日時指定入場制限があるので、
好きな時間に誰でも入場できるわけではありません。

通常は時間によって人数制限がありますが、
入場してから滞在時間の制限はありません。

 

アトア「átoa」週末の混雑状況は

週末の混雑はその週によって違いますが、
私達が訪れた日が入場料が高い期間でもあったので思っていたより空いていました。

そのせいなのか分かりませんが、人気のある個所はそれなりに人が多くいましたが、
全体的には混雑することなく、ゆっくりと隅々まで楽しむことが出来ました。

アトア「átoa」はAM10時~PM21時まで営業しているので、入場人数が心配な時は、
来館す場合、できるだけ早い時間か、閉館に近い夕方がいいかも知れませんね。

※閉館前の場合、閉館の60分前であれば入場可能です。

年中無休ですが、メンテなどで休館になる時もあるので、
出かける時は必ず確認するようにしましょう。

また、空き状況などは予約サイトで確認できるので
チェックしてから出かけるようにしましょう。

 

神戸ミュージアム(アトア)の駐車場は?

専用(提携)駐車場や駐輪場はないので、駐車する場合は、
周辺駐車場をご利用ください。

最寄の駐車場は、「タイムズ 神戸新港町」
駐車台数:約400台可能です。

 

アトア「átoa」は水族館とアートが融合した施設!

アトア

スポンサーリンク

神戸ポートミュージアムの2~4階までを占めるアトア「átoa」は、
館内で8つのゾーンに分かれており、それぞれのゾーンで異なった世界観を堪能することが出来ます。

ここでは8つのエリアの中で代表的なゾーンをあげて見ました。
参考にしてくださいね。

◆CAVE-はじまりの洞窟
アトア 1

入口に入ると「CAVE-はじまりの洞窟」と呼ばれるゾーンからのスタートします。

このゾーンでは光が乱反射する中で、ピラニアナッテリーや、
グッピーなどの淡水魚が群れをなして泳いでいる様子を見ることができます。

天井からこぼれ落ちてきそうなライトが床に照らされ、
幻想的な空間は道に迷い込んだような感じになりました。

◆ELEMENTS-精霊の森
アトア 2

このゾーンではアルダブラゾウガメがノロノロ歩いている姿を見る事ができます。

 

◆MIYABIー和と灯の間

アトア 2

時間ごとに四季のテーマが変わり、
魚たちとともに私たちも幻想的な光に包まれながらショーを楽しむことができます。

 

◆PLANETSー奇跡の惑星

アトア 1

「PLANETSー奇跡の惑星」は宇宙空間や、
深海の世界を体現するゾーンとなっています。

ゾーンの中央には直径約3mほどの日本最大級の球体水槽「AQUA TERRA」が設置され、
色鮮やかな魚たちが泳ぎ回っています。

床には光ファイバーが埋め込まれており、
更に天井からはレーザーとミストが降り注ぐようになっています。

宇宙にいるような気分ですね。

◆その他、水族館館内のゾーンを回りながら私が興味を感じたシーンが、
ありましたので乱雑ですが紹介します!

アトア3

 

アトア4

 

アトア8

 

átoaの基本情報

◆住所:〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町7-2
神戸ポートミュージアム 2F~4F

◆営業時間:10:00 – 21:00
※最終入場:20:00)
※休館日: なし (年中無休)
◆入場料金:大人(中学生以上)2,400円
※小学生 1,400 円
※幼児(3歳以上)800円
※3歳未満 無料

◆公式HP:https://atoa-kobe.jp/

 

まとめ

アトアは「átoa」は海の生きものを光のショーや、
アート作品とともに楽しむことができる水族館です。

劇場型水族館と言われる所以はこんなところにあるんですね?

また、生きものと触れあって、匂って、聞いてみて、
楽しく学ぶことができる水族館でした。

他にも数えきれないほどのかわいい海の生物たちがたくさん暮らしています。

ぜひこの記事を参考にして、
水族館とアートが楽しめる「átoa」に足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました