ベルトの穴開けを家にあるもので開ける方法!おすすめの道具&代用ツール7選を紹介!

ベルト穴開け方

ベルトの穴開けを家にあるもので開ける方法や、道具は何を使ったらいいのか?
分からないので、困った経験がある人は多いのではないでしょうか。

道具を買わなくても、
初心者でも失敗しないベルトの穴開け方法があります。

ベルトの穴開けは、素材によって、

穴開けできる素材と、
穴開けできない素材

の二通りありますので注意しましょう。

サイズが合わないとベルトを捨ててしまう前に、
家にある道具を使って、是非一度試して欲しいと思います。

ここでは「ベルトの穴開けを家にあるもので開ける方法!」
「おすすめの道具はポンチ&代用ツールボールペン?」
と題して紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルトの穴開けを家にあるもので開ける方法!

ベルトの穴開け方

ベルトの穴開けはいろいろな道具を使って穴開けする方法があります。

ベルトの穴開けはどのような道具を使えば奇麗に、
穴開けできるのでしょうか?

ベルトの穴開けにおすすめの道具は?

ベルトの穴開けは、素材によって違いますが、
皮の穴開けには、「ポンチを使うのが一番手軽」できれいに開きます。

家にあるものでベルトの穴開け開けには、

ポンチが綺麗に開けられる方法として最適です。

◆ポンチの穴開け方と進め方は以下の順序で行うといいですね!↓

ベルトの穴開けの作業の進め方は?

ポンチ

家にあるもので、見た目を重要視する場合は、
「穴開けポンチ」がおすすめです。

ここでは、ポンチでベルトの穴開け方法を紹介します↓

1,ベルトのどこに穴開けをするのか決める!

分かる位置を明確にしてそこにマークを付けと後、上からハンマー等で叩きます。
ベルトの素材にもよりますが、けっこう力が必要です。
(※何回も叩くのではなく、力を入れて一気に行ってください。)

厚めのベルトなら、ポンチが直立します↓

2,厚みのある板の上にベルトを置いて穴開ける位置に穴開けポンチをあてる。

ベルトの穴が貫通したら、ポンチを引き抜きます。
くりぬいた後は深さが出来ます。ベルトに穴が貫通すれば完了です。

上記の手順でやれば簡単作業できれいに、
穴開けができますので一度試してみて下さい。

ポンチの小さいサイズなら時計のベルトの穴開けもできます。
小さめのペンチのようなものを使うと簡単にできます。

 

急ぎの時に、ベルトの穴開けに使う代用品は?

ベルトの穴開け 代用品

「急いでいる時にベルトの穴が合わない・・・($・・)/~~~

何か、家にあるもので代用できるものはないかなぁ?」
と家の中を探し回る人もいると思いますが。

バタバタするだけで結局コレと言った、
道具が見つからないと嘆いている方もいますよね?

そんな時は慌てずに家の中で使えるものがないかを、
じっくり調べて見ましょう!

ベルトの穴開けに使うおすすめの道具はコレ?

1,ベルトの穴開けにポンチの種類は?
鉛筆の形をした円錐状のもので、太さにいくつか種類があります。
穴の大きさは、3mm、4mm、5mmのタイプの大きさがあります。

2,「ハンマー」
穴開けポンチをたたくにはハンマーが必要ですが、
100均やホームセンターなどでも入手できます。

ハンマーの取り扱いに不慣れの場合は、
軍手などががあればいいですね。

3,「厚みのある板」
穴開けポンチをハンマーでたたくので、
床を傷つけないように厚みのある板があればいいですね。

板が手元にない場合は、雑誌や段ボールなどがあればいいと思います。

そんな時に思いつくのは代用品です。
代用品は以下の道具を使用します。

 

ベルトの穴開けの代用ツール7選!

家の中にある道具の種類は結構たくさんありますよね。

殆どの家にあると思いますが、
ベルトの穴開けに代用品として使う7つのツールを紹介します。

①:キリ&ドライバー
②:アイスピック
③:金づち
④:千枚通し
⑤:目打ち
⑥:ハトメパンチ
⑦:ボールペン

などが代用品として穴開けに必要な道具があると思います。

前述の①~⑦を順に沿って説明していきます↓

1.キリとドライバーを使う

キリは単体ではベルトの穴は開けにくいです。
なので、キリで開けた穴をドライバーで広げていく方法をとりましょう。

2.アイスピックを使う

アイスピックは板氷を割るときに使ったり、
ウィスキーのロックを作るときに使いますが、
市販のものよりいろいろな大きさができるので便利です。

3.金づちを使う

頭の部分が平らで広いので、金づちを使いやすいと思います。
ただ先がとがっていて細いので、少し深く打ち込んだほうがいいです。

4.釘を使う

釘も太いもの細いもの、長いもの、短いものと用途に応じてさまざまです。

釘を使う場合は、1か所だけではなく、穴の内側に沿って少しづつ金づちで穴を開け、
くりぬく方法がよいと思います。

5.目打ちを使う

目打ちは、革製品のような硬いものでも穴を開けられるので、
厚みのあるベルトのような物に穴を開けたい時に使うといいですね。

目打ちは尖った先を利用して、穴を開けたい場所に、
最初に小さな印をつけることで、穴開けを失敗しなくて済む方法です。

但し、無理に尖ったものでベルトの穴開けをすると、見た目があまり奇麗とは言えません。
なので、見た目を気にする場合は、目打ちを使うことはあまりお勧めできないですね。

6.ハトメパンチを使う

目打ちやキリ、アイスピックなどでベルトに穴開けをしたけれど、
開けた穴が小さすぎて、金具が入らない場合に、ハトメパンチが便利です。

7.ボールペンを使う

急いでベルトに穴を開けたい場合には、ボールペンを使う方法があります。

目打ちやキリのような先の尖った道具や、ハトメのような穴開けが、
自宅にないという場合に使うといいですね。

前述の使い方は困った時には結構有効な方法ですが、
逆にデメリットもあるので、次のような使い方はおすすめできません。

1.ペン先の太さの穴しか開けることができない。
2.開けるには、かなりの力と時間が必要になる。
3.ベルトの穴開けをする時に、ベルトを強く握ったり、
曲げたりするので、ベルトの痛みや見た感じが悪い。

と、いろいろあるので、大切なベルトが痛むのを防ぐためにも、
ボールペンではなく、違った道具を使う事をお勧めします。

 

その他、無駄な買い物をしないために用意するもの

1,ベルトの穴の大きさを測ってから購入。
2,ハンマーを購入。(ハンマーは絶対必需品です。)
3,作業台。

※作業台がない場合は板を下に敷いて使うか、
ダンボールなどで補強して外で行ってください。

厚めの雑誌などを使用することも問題ありません。

 

ベルトの穴開けは素材で変わるの?

ベルトの穴開けは自分でもできますが、
その前に開けたいベルトの素材を知る必要があります。

素材によっては穴が奇麗に開ける事ができず、満足度が低いので注意しましょう。

◆穴開けできるベルトの素材

・エナメル
・スエード
・サドルレザー
・フライドルレザー

自分で奇麗に穴開けできるのは、一般的には、
「皮を加工したベルト素材のみ」と思って間違いないでしょう。

◆穴開けできないベルトの素材

・牛革
・クロコダイル
・バイソン
・オーストリッチ

などがあります。

本物の皮は、厚みがあって穴が開けにくいですね。
無理やり開けると失敗する事が多いのでお勧めできません。

 

ベルトの穴開けで人気のツールは?

手軽な方法は100均でポンチと金づちと一緒に購入して、
穴開けをすれば奇麗仕上がるのが一番の魅力ですね。

その他、ベルトの穴開けの代用として、
人気のあるものを以下に挙げて見ました。参考にしてください。

これから説明する道具の使い方は、
自宅で手軽にできる方法として多くの人に愛用されています。

まず自分にこれが一番合ってると思う方法を選んでみましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ベルトって、太ったりやせたりによって、
ベルトの穴が足りないということよくありますよね。

男女を問わずあるので、大変です。緩くてもきつくても、
やはりみっともないし目立つところですね。

子供でもそうです。小さいうちはゴムが入っているので、
かなり融通が利くのですが、中学位になると、制服のズボンもベルトで絞めています。

太っている子、やせている子と体型もさまざまなので、
ベルトも長すぎて切らなければならない
子もあれば、太っていて長さが足りない子もあります。

今回はベルトの穴開けについてお伝えしましたが、
最初から無理と決めつけてしまわず、色々な情報をうまく利用してすれば、

簡単にできることも多いのではないでしょうか。

きれいに簡単に家で出来れば一番良い方法だと思います。
工夫してみれば楽しいですよね。

聞きなれない言葉や、見なれない道具もあったかもしれません。
でも使ってみれば、意外に簡単というものも多いと思います。

機会があれば自宅でベルトの穴を開ける方法を是非楽しんで見て下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました