京都トロッコ列車紅葉2018の見頃!おすすめの座席は?保津川下り&京馬車を紹介!

投稿者: | 2017年9月11日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

秋の京都観光と言えば、やっぱり紅葉見物でしょうか。

京都の紅葉スポットは、数え切れないほど紅葉スポットがたくさんあります。

 

東山、北山、洛北、洛西、

そして高雄山、愛宕山周辺の山々と、

京都は紅葉の名所で溢れています。

 

そんななかで、今年はちょっと違った方法で、

紅葉を楽しみたい方におすすめのコースがあります。

 

それが今回ご紹介する、トロッコ列車に乗って、

保津川渓谷沿いにトロッコ亀岡までの紅葉を楽しむコースです。

 

このコースは紅葉シーズンにもなると、

京都でも有数の人気スポットとして、

大勢の観光客で賑わっています。

特に近年は海外からの観光客が多いですね!

 

ということで、今回は、

・京都トロッコ列車紅葉の見頃時期
・京都トロッコ列車おすすめの席
・保津川下りと京馬車

について体験したことを基にお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

京都トロッコ列車2018!紅葉の見頃時期&スポットは?

トロッコ列車は嵯峨野から高雄山、愛宕山などの、

山々を望みながら、トロッコ嵯峨駅を起点に、

strong>保津川渓谷に沿って終点の丹波亀岡駅まで約7.3Kmを、

ゆっくりと25分かけて走ります。

 

トロッコ列車は、レトロにカラーリングされた、

ディーゼル機関車に、5両編成の客車が引かれます。

 

編成の最後にある5号車には窓ガラスを取り外した、

オープン車両『ザ・リッチ号』は大変な人気です。

 

見どころでは、一時停車するので、

周辺山々に広がる綺麗な紅葉を写真に収めることもできます。

 

そんな京都トロッコ列車沿線の、

紅葉の色づき始から見頃時期の期間は、

◆色づきはじめ:例年11月中旬

◆紅葉の見頃時期:11月中旬~11月下旬

◆場  所:トロッコ列車沿線(嵯峨野駅~亀岡駅)

の予想です。

 

年によって色づき始めるのが、

まちまちなので、一概には言えませんが、

例年の見頃時期を見ると、

大体、11月下旬それも、

第4週の半ばくらいがベストかなと思います。

私が訪れたのは、休日の関係もあり「11月24日」でした。

秋晴れの良い天気い恵まれたのが、何よりでした。

肝心の紅葉状況ですが、見頃とはいえない、

場所もありましたが、概ね満足できる状況でした。

 

経験上、2018年おすすめの期間は、、

11月23日(金)~11月30日(金)

の1週間が一番の見頃時期だと思います。

 

京都トロッコ列車・おすすめの指定席は?

トロッコ列車を予約する場合の座席指定ですが、

進行方向(トロッコ亀岡駅)と同じ向きの、

右側の座席』それも「窓際」を取ることをおすすめします。

できれば運転席に近い最前列がいいですね!
トロッコ列車の右側に乗ると、

保津峡を渡るまでは山側を見るようになりますが、

保津峡を横切る鉄橋を渡ると、

急に目の前に保津川の川下りの様子や、

山々の赤く染まった紅葉風景が右側の車窓に現れます。
分かりやすく書くと、嵯峨発亀岡行の列車の場合、

嵐山から保津峡まで → 左側が川側

保津峡から亀岡まで → 右側が川側

となります。

 

そこからは終点亀岡駅まで、

紅葉シーンのオンパレード!

周りを見渡せば、紅葉や黄葉などが混じり合い、

とても色鮮やかな光景を観ることができます。

 

なので、予約する時は、

是非、「右側の窓際の席」を取ることをおすすめします!

 

後、動画撮影をされたい場合は、

列車の運転席のある真後ろに立つことで、

沿線両側の紅葉や保津川の川下りの光景など、

周辺山々の素晴らしい紅葉シーンを、

パノラマで撮影できるのでおすすめですよ♪

 

京都トロッコ列車の乗車券の購入の方法は?

京都トロッコ列車は全席指定席です。
乗車券、指定席券のご予約購入は、

・JR西日本の主な駅の『みどりの窓口』、
全国の旅行会社

で販売しています。

当日券は、京都トロッコ列車各駅でも販売していますが、
土・日の場合ですとかなり混雑しますので、
早めに手当するようにして下さいね。

 

乗車券購入(乗車券と指定券)

電話予約した場合、乗車券は、

JR西日本のみどりの窓口で受け取ることができますが、

JR西日本圏外のみどりの窓口では受け取れません。

また、トロッコ列車の駅での受け取りもできないので注意して下さい。

 

京都トロッコ列車の料金は?

◆料  金:大人620円・小人310

◆営業区間:トロッコ嵯峨~トロッコ亀岡

◆お問い合わせ:075-861-7444(自動音声案内)

◆運行ダイヤ:⇒嵯峨野観光鉄道公式サイト

 

ザ・リッチ号』は当日のみの販売になっています。

窓が取り外してありますが、

雨でも販売していますので、雨具を用意していきましょう。

 

嵯峨野トロッコ列車の「トロッコ嵯峨駅」MAP

 

嵯峨野トロッコ列車へのアクセスは?

<<電車の場合>>

◆JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車(山陰線)⇒トロッコ嵯峨駅

◆JR嵯峨野線「馬堀駅」下車(山陰線)徒歩10分⇒トロッコ亀岡駅

スポンサーリンク

 

嵯峨野トロッコ亀岡駅周辺MAP

トロッコ列車で紅葉を満喫したら、

今度は船上から紅葉を楽しむというのはいかがでしょうか。

・往路はトロッコ列車で、
・復路は保津川下り、

列車の旅と、船旅と、
異なった楽しさを味わえる、
このプランは子供から、大人まで、
大人気のコースになっています。

 

保津川下りで紅葉を楽しもう!

 

 

 

 

 

 

 

トロッコ列車で紅葉を満喫した後に、

待っているのは豪快な川下りで有名な、

保津川下りじゃないでしょうか。

 

季節ごとに変わる保津川渓谷の景色は、

それぞれ見ごたえがありますが、

なかでも見事に赤く染まった山々の紅葉シーンは、

素晴らしいの一言です。

 

目の前は、周囲の景色はもちろん、

所々に現れる急流や狭い場所など、

竿を操る船頭さんの引き締まった真剣な表情に、

乗船している私たちも手に汗握る瞬間があります。

 

その保津川下りの紅葉の見頃は、

見頃時期11月上旬~11月末

が見頃時期ではないでしょうか。

◆時刻表は、⇒こちら

 

保津川下りは、亀岡から嵐山まで16Km、

約2時間の自然と触れ合う船旅です。

水流が激しい場所は、水しぶきが、

飛んで来るので避けるのに一苦労です(*´∀`)

<<保津川下りの料金>>

◆料 金:大人4,100円・小人2,700

◆お問い合わせ:0771-22-5846

⇒保津川下りのホームページ

 

保津川下りで秋の紅葉を楽しむ動画。

保津川下りの最終(嵐山)付近まで下ってくると、

保津川名物の屋台船が弁当、おでん、つまみなどを

温かい食べ物を用意して迎えてくれます。

 

船で食べるイカ焼きやおでんと、

美味しいお酒で長い船旅が癒やされます。

船旅で冷えた体に温かいお酒の味は最高!

酒好きの私には堪らない安らぎの一時です♪

 

保津川下り乗船場へのアクセス方法

<<電車の場合>>

◆JR亀岡駅 北口徒歩8分

◆トロッコ亀岡駅バス15分

 

◆保津川下りの乗船場

 

最終地点のトロッコ亀岡駅」から

保津川下りの乗船場までの乗り物に、

馬車に乗ってのんびり行ける方法があります。

 

京馬車でのんびり乗船場まで

最終地点の「トロッコ亀岡駅」から

保津川下りの乗船場まで、

京馬車にのんびり揺られながら行くのはいかがでしょうか。

 

馬車では色々な説明を聞きながら、

心地よい風を受けつつ川下りの乗船場へ。

牧歌的な雰囲気を味わえるのがいいですね!

京馬車とは可愛いお馬さんがカッポカッポと、

馬車を引いてくれる、ゆったりとした乗り物です。

周辺の景色を眺めながら優雅に保津川下り乗船場まで、

連れて行ってくれます。楽しいですよ♪

 

 

 

 

 

京馬車の料金は、

◆料 金:大人 1,000円・小人 500円

◆所要時間:約25分

※詳細は、⇒京馬車公式HPまで。

となっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

京都トロッコ列車での紅葉狩りは、

嵯峨野駅から亀山駅まで7.3Kmを、

約25分かけてじっくりと楽しむことができます。

 

時速にすると約25Km、

時速25kmというと、ちょっと早い自転車に乗っている程度ですね。

約25分間、のんびりと秋の風を感じながら、窓の外の景色を楽しめます。

 

秋の京都の紅葉見物には外せないこのトロッコ列車。

是非とも乗車して、保津川や山々を眺めながら景色を堪能しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。