京都の紅葉!岩倉実相院の床もみじの見頃は?アクセス&見どころは?

投稿者: | 2017年10月4日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加


岩倉実相院は、何といっても紅葉の時期にみられる

床もみじ」の美しさが有名です。

 

黒く磨かれた床に、春は新緑が、秋は紅葉が映り込み、

それぞれ「床みどり」「床もみじ」と呼ばれ、

紅葉シーズンには大勢の人で賑わいます。

 

また、床もみじとは別に、2つある岩倉実相院のお庭は、

それぞれに違う雰囲気をたっぷり楽しむことが出来ます。

 

山水庭園では、色とりどりの紅葉を楽しむことが出来ますし、

石庭は比叡山を借景とし、迫力ある風景を楽しむことができます。

ここではそんな岩倉実相院の、
魅力をもっと詳しく知りたい方に、
・岩倉実相院について
・岩倉実相院紅葉の見頃
・岩倉実相院へのアクセス
・岩倉実相院門の見どころ
についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

岩倉実相院は、京都市左京区

岩倉」という地域にある天台宗の門跡寺院です。

 

実相院は昔から、「岩倉門跡」とか、

岩倉御殿」とも呼ばれています。

 

京都のお寺には、時々「門跡」と名のつくところがありますが、

これは代々皇室や摂関の血を引く方が住職を、

務められてきた格式の高い寺院という意味です。

 

明治維新で活躍した、岩倉具視もここを借りて、

住んでいたことでも有名です。

 

岩倉実相院紅葉の見頃は?

岩倉実相院の紅葉の見頃は、

例年11月中旬~11月下旬ですが、

2017年の見頃はいつになるのでしょうか?

 

気象庁の2017年9月~11月の気象予報によると、

平年より若干気温が高いと予報されていますが、

岩倉実相院のある地域は例年とさほど変わらないと見ています。

 

岩倉実相院紅葉情報!
◆見頃時期
11月上旬~11月下旬

◆拝観時間
9:00~17:00床もみじの撮影は禁止

◆拝観料
大人500円、小中学生250円

◆紅葉する木の種類
カエデ・モミジ

◆住 所
京都府京都市左京区岩倉上蔵町121

◆お問い合わせ
075-781-5464

◆ホームページ
>>実相院公式サイト
岩倉実相院門跡MAP

 

岩倉実相院門への交通アクセス

岩倉実相院は、秋の紅葉シーズンには、

駐車場を利用することができません。

 

実相院までのアクセスは、

すべて公共交通機関のご利用を

おすすめします。

◆IR・近鉄:京都駅より地下鉄烏丸線「国際会館前」下車
:京都バス(24系統)岩倉実相院終点 約20分。

◆京阪電車:「出町柳」下車
:叡山電鉄鞍馬線「岩倉」下車徒歩約20分。

実相院まで市バスではなく、京都バスです。
間違いないようにして下さいね。

 

実相院への紅葉見物に車で行かれる場合、

紅葉シーズンは駐車場は利用できなくなっています。

スポンサーリンク

詳しくは、実相院公式サイトをご確認ください。

 

途中まで自家用車で来られる場合、

JR・近鉄利用と同様、国際会館の駐車場に駐車の上、、

京都バスを利用されるといいと思います。

 

ちなみにどうしても車で実相院の近くまで、

と思っている方もいると思いますので、

経験を基にご紹介しておきますと、

実相院周辺駐車場は何件かあります。

 

しかし、どれをとっても1キロ以上は最低歩く覚悟が必要です。

それと時間によっては空いている保証がないので、

場合によってはかなり時間を待つようになるかもしれません。

 

近くまでいけたらいいなと思うのは、

誰しも思うことは同じですが、

ここは無理をせず確実に前に進める方法をとりましょう。

 

先程も述べましたように、車の場合、国際会館の駐車場など、

もっと離れたところに駐車して公共交通機関を使う方が良いと思います。

 

岩倉実相院門の見どころは?

撮影禁止の床もみじ

 

 

 

 

 

 

 

岩倉実相院は、庭園の写真撮影はできますが

床みどり・床もみじが見られる客殿では、

写真撮影が禁止」されています。

 

その為、磨き上げられた床板に映る床もみじは

訪れた人しか見ることができない

風景として、紅葉の時期は県内外から多くの人が訪れます。

 

床もみじを見たかったら、よく晴れた日がおすすめです

漆黒の床に、外の紅葉の赤が映り込む様子は、なんとも幻想的です。

 

私は混雑の少ない朝一番で訪れましたが、

床もみじには時間が早すぎたのか、

心持ちモミジの色に鮮やかさがなかったのが残念でした。

 

床もみじが綺麗な時間帯は、

陽の射すお昼前後が一番いいとのこと。

ただ、人が多く座って眺めるには時間がかかり大変そう。

 

 

山水庭園と石庭

 

 

 

 

 

 

 

実相院は趣きの違う2つの庭があり、

1つは奥の書院と客殿との間にある山水庭園

もう1つは、比叡の山並みを借景とした雄大な石庭です。

 

二つある岩倉実相院のお庭は、

それぞれに違う雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

山水庭園では、色とりどりの紅葉を楽しめますし、

石庭は比叡山を借景としてその光景を訪れるごとに楽しめます。

 

まとめ

岩倉実相院は、何といっても紅葉の時期にみられる

床もみじ」の美しさが有名です。

黒く磨かれた床に、春は新緑が、秋は紅葉が映り込み、

それぞれ「床みどり」「床もみじ」と呼ばれています。

 

また、床もみじとは別に、2つある岩倉実相院のお庭は、

それぞれに違う雰囲気をたっぷり楽しむことが出来ます。

 

山水庭園では、色とりどりの紅葉を楽しむことが出来ますし、

石庭は比叡山を借景とし、迫力ある風景を楽しむことができます。

 

岩倉実相院へは、バスか電車を使っての、

移動がおすすめです。

なぜなら紅葉の時期は、京都市内何処に行っても、

大混雑に巻き込まれる可能性が高いので

車で移動するのはあまりお勧めできません。

 

(※注意)
※紅葉の時期は気候などによって変動します。
※各寺社仏閣の拝観時間・料金などは変更されることがあります。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。