蜂に攻撃されやすい危険な色とは?狙われる色と狙われにくい色の違いは?

投稿者: | 2018年6月2日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

暖かい季節になってくると、山歩き、キャンプ、
バーベキューと、大自然の中に出かける機会が一気に増えてきますね。

アウトドア派じゃなくても、
楽しいい季節で、ワクワクしてしまいます。

暖かくなると土中から虫が飛び出してくることを、
暦では「啓蟄」と読んでいます。

これは人間だけではなく、他の生き物にとっても同じですね。

庭の植え込みなどの掃除をしていて、
何度刺されて痛い思いをさせられている、

あの憎い「蜂」もウキウキし始めます。

そんな蜂に攻撃対象として狙われやすい、
「色」があるのをご存知でしょうか?

特にこれからのシーズン、キャンプやBBQなどで、
山に遊びに行く方は、是非とも知っておいて頂きたい、
知識の一つとしてご紹介いたしますので、一緒に見ていきましょう!

スポンサーリンク

蜂にとって攻撃対象になる色とは?

山や川など、自然の中に遊びに行くときは、
積極的に避けるべき危険な色。

それはズバリ黒色です。

蜂はいずれの種も、「」に対して、
最も激しく反応して攻撃してくる習性を持っています。

この例でもわかるように、
蜂は本能的に黒を敵だと認識するんですね

この蜂の認識を裏付ける実験データーでは、
黒と白の布で蜂を刺激した所ほぼ全ての蜂が黒い布に集まったそうです

素材関係では黒地の着衣、毛皮、ひらひらするものなどは、
巣が近くにあれば攻撃を受けやすいとのこと。

蜂が黒色に敏感に反応する理由の一つに、
蜂の天敵である熊の色が黒色に近いからというのがあります

例えばスズメバチにとっても熊は天敵中の天敵です!

熊はスズメバチの幼虫、ハチノコを重要なタンパク源として、
好んで食べる習性があるので、スズメバチの巣は熊にとって貯蔵庫みたいなものなんですね!

蜂にとっては熊はこの世の中では最も恐ろしい生き物。

スポンサーリンク

この熊に近い色の服を着た人間が近づいてきたら、

「襲われるかもしれない!」と、

蜂が咄嗟に防衛本能を働かせ攻撃してくるといわれています。

豆知識

熊に近い色という以外にも、蜂が黒色を攻撃する理由では?
と思われているものがあります。

それはなんと、全ての動物の急所である、

「目や鼻」などが黒色である場合が多いという説。

この説は定かではありませんが、
本当だとすれば蜂は生き抜くために凄い本能を持っているということですね。

ただし、蜂はこちらから巣に近づかなければ、
蜂はまず襲ってくることはありません。

例え、黒色の服を着ていても急に襲ってきたりは、
することはほとんどありません。

しかし間違って蜂の巣に近づいたりした場合、
服の色を見極めてその人を中心に襲って来るかもしれません。

いずれにしても、自然の中で遊ぶときは、
蜂の目に留まらないよう、黒色の服や持ち物などは避けるようにしましょう

蜂に狙われやすい色と狙われにくい色の違いは?

蜂が色を識別できるのは基本的に白黒の世界だと言われています。

(※ただ、ミツバチだけは例外で、データーによると、
6色が判別できるといわれています。)

ということは、蜂にとって攻撃対象の黒か、
それ以外の白かの2色しか識別できないということ。

つまり黒に近ければ近い色ほど攻撃される、
危険性が高いと考えるのが妥当でしょう。

ここではどの色がより黒に近いのか?
中々イメージがわかないと思いますので、

基本色(12色)を白黒に変換してみました。


画像は12色の基本色を白黒に変換したものです。

するとどうでしょう!
12色を白黒に変換するとより明るく(白く)
なる色がはっきりしてきます。

これを見て分かる通り、色の明るさがキーポイントのようですね!
より白色に近い方が安全と考えられます。

・緑よりも、黄緑が、

・オレンジよりも黄色が、

・青より水色

蜂に一番攻撃色と認識されないのは白色ですね。

蜂の駆除をする業者などは、ほとんどが白色の作業服を採用しています。
これは蜂に出来るだけ攻撃されない様にする為のようです。

襲われないための蜂対策は?

蜂に襲われない対策はいろいろありますが、

何より注意が必要なのは服装です。

前提条件として、黒色のものは避ける事
出来るだけ明るい色の服装を心がけて出かけるようにしましょう。

あと最も注意が必要なのは、黒の面積が大きい部位。

「髪の毛」です。

蜂が攻撃態勢に入ると、まず髪の毛の近く、
すなわち顏が狙われる対象になります。

過去のデーターから見ると、
蜂に刺されることが一番多いのが顏部分です。

したがって、危険を察知した場合は帽子などで髪を隠す事です。

帽子をかぶるのは、日差しを避けるだけでは無く、
蜂の攻撃から身を守るという意味もあるのですよ

蜂は色だけではなく匂いにも敏感?

蜂は色だけではなく、
匂いにも敏感に反応・攻撃してきます。

例えばヘアースプレー、ヘアトニック、
香水などの化粧品に敏感に反応します。

特に香りの強い化粧品などをつけていると、
遠い距離でも近づいていると判断され、襲われる可能性があります。

なので山の中や自然相手のときは、

強い香りの香水は避けましょう!

蜂は何も自然の中にいるとは限りません。

家の軒下だったり、庭の木だったり、
あらゆるところに巣食っています。

転ばぬ先のなんとやら!です。
常に服装に注意するようにしましょう!

まとめ

蜂に刺される危険を遠ざけるには、
服装や匂いに気をつける事が大切です。

しかし、遊びに夢中になっていると知らず知らずの内に、
蜂の巣のに近付いてしまっている事もあるかもしれませんね。

蜂が目の前に現れた時に、急に向きを変えたり、
手で払ったりすることは避けましょう!

蜂は突然の動きに攻撃していると見なされて、
攻撃してくる可能性があるので余計に危険です。

突然の急襲に慌てるのは禁物です。

蜂の視界から逃れるように身体を低くし、
少しずつ後退するのが一番ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。