加湿空気清浄機はいつまで使うの?簡単なお手入れ方法?メリットは?

投稿者: | 2018年12月8日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加


赤ちゃんが生まれたら加湿空気清浄機は必需品と言えます。

少しでもきれいな空気を吸って元気で頑張ってほしい。
そう思うのが親心というものですね。

兄弟がいたらよけいにそうですね。
上の子が保育園や幼稚園で風邪などをもらって来たら本当に大変です。

加湿空気清浄機はウイルスの予防、アレルギー対策など目的はさまざまです。
かなり大きくなるまで必要と言えます。

 

空気清浄機は基本的に24時間1年中使うものです
そのため掃除を頻繁にしないと汚れもかなり激しく汚れています。

元気で育ってもらうための必需品!
「加湿空気清浄機の簡単なお手入れ方法」などについてお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

加湿空気清浄機はいつまで使うの?


(出典:https://www.pakutaso.com/)

加湿空気清浄機をいつまでというのは強いて言えば、
子供の免疫力がつくまでということですので、

何歳までという目安はつけにくいですが、
考え方としては、一年中あってもいいと思います。

 

空気清浄機は空気をきれいにするためのものですから、
基本として24時間つけっぱなしで使うものです

家のほこりや花粉などが除去できるのでアレルギーの予防としては
最適で、必需品と言えます。

 

空気清浄機にはもちろん脱臭効果もありますので、
お部屋の臭いが気にならなくなります。

 

今は昔と違って私たちを取り巻く環境が大きく変わり、
汚染の問題や花粉症の問題など様々な問題を抱えています。

赤ちゃんや幼児期は抵抗力がないため、
病気にもかかりやすいのです。

こうしたことを考えると加湿空気清浄機の使用は、
小学校ぐらいまで必要ということです。

またペットがいたり、大人でも高齢者がいたりすれば、
加湿空気清浄機はますます必要とされます。

スポンサーリンク

 

花粉症やアトピーの症状などがある場合は使用は続ける方がいいですし、
ウイルスなどによる病気の予防にも役立ちます。
風邪の予防対策としても効果があります。

また病院などでも空気清浄機を置いているところはけっこうあるので、
やはり1年を通して使い続けるのが効果的ですね。

 

加湿空気清浄機の簡単なお手入れ方法は?

(出典:https://www.pakutaso.com/)

加湿空気清浄機は1年中使い続けるものです。
加湿機能がついている場合は、水が臭くなったり、カビの原因にもなります。

そこで1か月に1回は掃除をしてください。
赤ちゃんにきれいな空気を吸ってもらうためにも、こまめのお手入れが欠かせません。

臭いを徹底的にとる掃除の仕方

加湿空気清浄機には2か所こまめに掃除しないとカビが発生したり、
臭いにおいをまき散らし空気清浄機どころではなくなってしまいます。

そのにおいの元の場所を掃除しておけば、においの発生を防げるというわけです。

それは加湿器フィルター(ここは水分を含むのでカビの原因になる)
と集じん・脱臭一体型フィルター部分というところから発生します。

ですからここさえ、こまめに掃除しておけば大丈夫です。

 

一番簡単な方法は、定番のつけ起き洗いです。
台所用ワイドハイターや赤ちゃんの哺乳瓶などを洗うミルトンがよいです。効果がありますよ。

水を入れる加水ボトルが茶色くなるのは水垢が原因です。
フィルターが茶色いのも水垢が原因です。

加湿ボトルとフィルタ―を外した後は、おそうじ機能がついていますので、
電源を入れリセットボタンを3秒押し(ピット音がします)ます。

あとは大筋機能が勝手にお掃除してくれます。

 

加湿フィルターは水を張ったシンクに漬け込むだけ。

フィルターと一緒に加湿ボトルの除菌も同じようにします。

30分~1時間浸した後、水で洗い流します。

フィルターは1番外側の白いものだけを水洗いします。

中のフィルターは硬く絞った雑巾でふくか、
科学雑巾やはたきなどでそっと取ります。終わったら陰干しして乾燥させます。

カビが機械部分に入り込んでしまったら、
掃除不能と考え、買い替えたほうがよいです。
修理に出しても治るかどうかわからないです。

 

加湿空気清浄機のメリットは?


(出典:https://www.pakutaso.com/)

加湿器と空気清浄機を別々に置くと部屋のスペースが狭くなってしまう・・・。
そんな声から生まれたのが加湿器と空気清浄機が一体になった加湿空気清浄機です。

でも当然のことながら、
加湿器のボトルは単独のものに比べると小さいです。

ではまず加湿機ですが、加湿器の役割は文字通り空気の乾燥を防ぐためのもので、
加湿器の湿度は60%に保つのが理想とされています。

 

<空気清浄機のメリット!>

以前は職場でタバコを吸う人が多く、
いわば公然と認められ、灰皿が置かれ、その始末も大変でした。

ちなみに空気清浄機は分煙の機能はついていないので、気をつけてください。
有害物質は取り除けないので。

現代ではペットの臭いや食べ物の臭いを取るために購入される方が多いです。

加湿清浄機の方が湿度が実感できるというメリットがあります。
デメリットとしては加湿という性質上カビとは切っても切れないというところです。

そのため、こまめな手入れが必要です。また水のタンクがある分本体が重くなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お役に立ちましたか?

今や空気加湿器は一家に一台の時代になりました。

加湿空気清浄機はメリットとデメリットもちろん両方ありますが、
上手に使い分ければ赤ちゃんや家族のためにも活躍してくれるすぐれものと言えます。

今や必需品ともいえるものになりつつあります。

値段も結構高いのでうまく利用して快適に暮らしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。