熱中症予防におすすめの飲み物は?牛乳やスポーツドリンクの効果は?

投稿者: | 2017年6月14日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

暑い季節がやってくると真っ先に気になるのが「熱中症」です。

地球温暖化の影響もあり、年々、最高気温の記録が更新し続けているという、

あまり嬉しくないニュースが茶の間の話題になっています。

 

暑い日差しを避けて作業するとか、外出を控えるようにと,

テレビやラジオで呼びかけていても、仕事となると中々そうはいきません。

炎天下であろうと有無を言わずに頑張ってしまう人が殆どではないでしょうか。

 

とはいえ、仕事中に無理して倒れたら大変です。

 

朝早くから夜遅くまで働き続けるお父さん、

そして家計を支えるために働くお母さんや、外出を余儀なくされる方が

少しでも快適に安全に暑い夏を乗り切れるように、熱中症予防の方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

熱中症はなぜなるの?

熱中症を予防するには、まず熱中症はどのようにして起こるのか?

また起こったらどのような症状が現われるのか?

熱中症のメカニズムをよく理解する必要があります。

 

熱中症を引き起こす原因

気温が高く、湿度が高い、

日差しが強い、風がないなどの気象条件の時に

疲れや睡眠不足などで体力が低下しているなどの条件が重なると起こります。

 

このような時に外で長時間作業をしたり、強い日差しの中を長時間歩いたりすると、体の中に熱がたまっていって、体の水分や塩分が汗とともに体外に排出され、

体の熱を外に出す機能が極端に低下し、そして熱中症を引き起こします。

 

熱中症になったら現れる症状

熱中症になったらどのような症状が現れるのでしょうか。

熱中症の症状にはそれぞれ段階があります。

基本的には、次の3段階になります。

【初期症状】めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、大量の汗が出るなどの症状が出ます。

【中期症状】頭痛がする、吐き気がする、嘔吐する、下痢をする、汗がでない等の症状が起こります。

【重症】熱が高い、呼びかけても反応がない、けいれんを起こす、意識を失って倒れるなどの症状が出ます。

上記の症状が起きてる場合は、危険な状態ですので、

直ぐに病院に行きましょう。もしくは救急車で行きましょう。。

 

熱中症予防の飲み物で効果的なのは?

熱中症になってしまったときの対処法よりも、

まず先に熱中症にならないための方法を知りたい、という人は多いと思います。

 

熱中症の予防には、日ごろから暑さに強い体づくりをすることが重要です。

また、熱中症予防には「水分の補給」「塩分(ナトリウム)の補給」は欠かせません。

 

つまり、適度にナトリウムを含んだ飲料を、

こまめに補給することが熱中症の予防として効果的だということですね。

 

熱中症は、いったん症状が出てしまうと、

回復するのにも時間がかかりますし、仕事どころではなくなってしまいます。

そうならないために、熱中症に効果的な飲み物についてご紹介します。

 

熱中症予防には牛乳が効果的?

 

 

 

 

 

 

 

熱中症予防には、まず「強い体を作ることを心がける」ことが大切ですが、

「牛乳を飲む」ことで熱中症を予防できる、という事実はご存知でしょうか?

 

えっ!牛乳っ…

と思われる方も多いのではないでしょうか。

 

一般的に熱中症予防として、スポーツドリンクなど水分の補給と塩分の補給をする、

という話ならよく耳にしますが、果たして本当に牛乳で熱中症を防ぐことは出来るのでしょうか。

 

牛乳が効果的な理由

熱中症対策には「水分の補給」と「塩分(ナトリウム)の補給」が必要です。

しかし、牛乳にはナトリウムがそれほど多く含まれていないのに、

 

なぜ熱中症予防に効果的なのでしょうか?

 

これには血液中のアルブミンが大きく関係しています。

 

運動後にたんぱく質を摂取すると、アルブミンという物質が合成されます。

このアルブミンには水を血液中に集める効果があり、血液の量が増大します。

 

これにより、皮膚に近い抹消の血液量も増加して発汗を促し、

皮膚表面から熱を放散する機能がグーンと高まります。

 

また、牛乳を飲むことで筋力がアップして血液量も増加すると、

暑さに負けない体がつくられ熱中症予防にも効果があるというわけですね。

 

そんな効果の高い牛乳ですが、

いつ牛乳を飲むと効果的なのでしょうか?

 

運動直後が最適です。

スポンサーリンク

 

運動量としては、速歩きに相当する運動を30分ほどした後、

30分以内に300ミリリットルの牛乳を飲むと良いと言われています。

牛乳瓶、約1本半ですね。

 

ここで注意が必要なのは運動をするときです。

日頃からあまり運動をしない人は体が慣れていないので、

急に激しい運動をすると体に負担がかかります。

 

体が慣れるまで、徐々に運動量を増やしていきましょう。

時間帯は朝や夕方以降の涼しい時がいいですね。

 

無理をすると反ってに熱中症にな恐れがあるので、

絶対に無理は禁物です。

 

でも牛乳が苦手、という人はヨーグルトやチーズでも効果はありますが、

最も吸収が良いのは牛乳なので、早く効果を出したい人は牛乳を飲んでみてください。

 

熱中症予防には甘酒が効果的!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘酒は飲む点滴と言われ、夏バテ解消など疲労回復に、

効果的な飲み物として飲まれています。

 

そして熱中症予防としても、甘酒が効果的だと言われています。

 

熱中症は、大量の汗により、水分とナトリウムやカリウムなどの、

イオンが失われることで、体内の環境が乱れ、熱中症の症状が現れます。

 

前述にご説明したように熱中症予防におすすめとして、

牛乳を紹介しましたが、甘酒もとてもいいんです。

 

米と麹からできている甘酒は、(水分と塩分と糖分」

のバランスが非常にいいんですね!

 

甘酒は「飲む点滴」と言われるほどで、

ヨーグルトや納豆や味噌と同じように発酵を利用して作られています。

 

この発酵食品には、ビタミンやブドウ糖、必須アミノ酸など、

人間にとって大事な栄養素が含まれています。

 

同時に栄養価も高く、麹によって消化がとてもよく、

夏バテにとても効果があると言われています。

 

甘酒を毎日朝晩の食前に飲むことで、

夏バテや熱中症予防にとてもいいのでチェックしてみて下さい。

 

飲み方はいろいろあります。

そのまま飲んでもいいですし、ジュース等で割っても飲んでもいいですね!

 

甘酒は、昔から飲まれてきた、体に優しい飲み物ですが、

甘酒のよさを見直されて、最近、甘酒を取り扱っているお見せは、

どこも品薄状態のようです。早めのチェックが必要です。

 

甘酒は、酒粕と米麹を原料にした2種類あります。

酒粕を原料にした甘酒はアルコール分がありますので、

妊婦、授乳中、運転などに注意して下さい。

 

関連記事↓

甘酒を作る最適な材料は酒粕?米麹?その違いと効能は?

 

 

◆熱中症予防に効果がある飲料は?

スポーツドリンクには水分と適度なナトリウムが含まれているため、

運動や夏の暑さで大量に汗をかいた時の水分補給に適しています。

 

しかし、ここで注意しなければならないのは、

スポーツドリンクには糖分も大量に含まれているということです。

 

スポーツドリンクの飲み過ぎは糖尿病になる恐れがあるので注意が必要です。

 

糖分が多く含まれた飲み物を大量に摂取すると血糖値が上昇し、余計に喉が渇きます。

そうすると、またがぶ飲みして血糖値もさらに上がるという悪循環に陥ります。

 

なのでスポーツドリンクを飲む場合は、

運動など大量に汗をかいた時に飲むといいでししょう。

 

 

 

 

 

 

 

そこで日頃からの熱中症対策としての飲み物だったら、

経口補水液がいいですね!

 

経口補水液は脱水状態に適した飲み物で、

ナトリウムやカリウムをたくさん含んでいます。

 

なので、熱中症の予防としてだけではなく、

初期から中期くらいの熱中症にかかった時の、水分補給として効果が期待できます。
◆経口補水液について

熱中症対策専用に、O-S1と言う、熱中対策用の飲料があります。
個人的な感想ですが、このO-S1は、効果があります。
これがまずくて飲めないと思った時は、まだ熱中症の心配はしなくていいと思います。もし、美味しくないけれど飲めると思った時は熱中症の可能性が高いですね。O-S1は薬局などでも購入できますので、機会が有ったら飲んでみてください。スポーツ飲料は、熱中症予防には効きますが、熱中症に成りかけたら、遅くO-S1で無いと効きません

 

~まとめ~

熱中症予防には、普段から暑さに強い体づくりをすることが大切です。

また、には「水分補給」と「塩分(ナトリウム)補給」が必要です。

 

暑さに強い体づくりには、運動直後に牛乳を飲むことがおすすめです。

また、熱中症予防に効果が高いのは、ご紹介している飲料が効果的です。

 

スポーツドリンクを常飲すると、

糖尿病になる恐れがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

暑さは、日々の生活の工夫でしのげることができますので、

真夏に限らず日頃から熱中症予防に注意を払うようにしたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。