松江水郷祭湖上花火大会2018年の日程は?有料観覧席と穴場スポット5選を紹介!

投稿者: | 2017年6月15日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

松江水郷祭湖上花火大会は、

島根県松江市で宍道湖を舞台に、開かれる花火大会。

 

スターマインや尺玉、水中花火など、
約10,000発の華麗な花火が“水の都”松江を彩り、

湖面に水と光の幻想的な世界を映しだす西日本最大級の花火大会です。

湖上に浮かべられた2隻の台船から繰り出される「」や「斜め打ち」は,
広い会場独特の「垂れ幕下がり」など、立体的で広がりがある特殊花火などを打上げます。

また、昼間は「松江だんだんまつり」が開催され、
様々な催しが繰り広げられます。

夜は“水の都”にふさわしい、華麗でダイナミックな、
光の競演を楽しめる花火大会は、毎年40万人前後の見物客でにぎわいます

ここでは、松江水郷祭湖上花火大会2018年の日程や、
有料観覧席情報と穴場スポット5選などをご紹介します。

 

掲載情報に変更の生じる場合がありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

 

松江水郷祭湖上花火大会2017年の日程と会場は?

松江水郷祭湖上花火大会は、
島根県松江市の宍道湖周辺で行われる西日本最大級の花火大会です。

松江水郷祭湖上花火大会の開催概要は次の通りです。

◆開催日:2018年8月4日(土)小雨決行(荒天時は翌8月5日(日)に開催予定!)

◆時 間:20:00~21:00ごろ

◆会 場:島根県松江市 / 宍道湖東側湖上

◆打上数:約10,000発

◆人 出:40万人、

◆トイレ:多数用意(公園内仮設トイレ設置)
 
【松江水郷祭湖上花火大会2018・地図】
場所:島根県松江市・宍道湖東側湖上

 

天候状況が目まぐるしく変わり、
花火が打上げられない場合、開催は順延になります。

なので、天気が良くても当日、出発する際には、
必ず開催情報をチェックすることをオススメします。

 

松江水郷祭湖上花火大会へのアクセス

電車
  
・JR松江駅北口から徒歩15分
・一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅すぐ
・山陰自動車道松江西ICから10分
※当日は会場周辺で交通規制あり

 

松江水郷祭湖上花火大会の見どころは?

松江湖上花火大会は、3部のタイトルごとにに分けて打上げられます。

タイトルに分けて打上げられる花火は、
それぞれ山陰独特の特色があり、見物客を魅了します。

それでは、タイトル別に打上げられる花火をご紹介していきましょう。

風神・雷神
左右非対称演出の風花火と雷花火。
風神と雷神が競い合い、最後に一つの屏風画をつくり出す様は圧巻!
水郷賛歌
水中花火と一尺玉のコラボレーション&斜め打ち合いスターマイン。
松江ならではの水上花火演出です。
神々の花火
最後は圧巻のフィナーレ。
水中花火と大玉斜め打ち込みスターマインで大迫力の感動シーン。

スポンサーリンク

フィナーレの動画をご覧ください。

 

松江水郷祭湖上花火大会の有料観覧席は?

松江水郷祭湖上花火大会は有料観覧席を、
3種類から選べるシステムになっています。

 

花火大会会場では、有料観覧席エリアが用意されています。
エリアでは、お菓子やビールなど飲食が自由で、
ゆったりと花火を楽しむ事ができるので小さなお子様づれに大人気!

ゆったりと花火を満喫するなら有料観覧席がオススメです。

有料観覧席チケット!

場所:宍道湖大橋南詰め付近「白潟公園内」

マス席

◆1マス ¥20,000[大人5名+小学生以下2名まで可]

◆〔階段席〕:¥4,000

◆〔パイプ椅子席]:¥5,000  

※〔階段席〕〔パイプ椅子席〕は大人、子供同一料金。3歳未満のお子様をひざ上に座らせる場合は無料。

※有料観覧席の販売は、8月4日(土)の予定です。

お問い合わせ先

(株)JTB中国四国 松江支店
TEL:0852-23-6720(平日:09:30~17:30)

詳細については、公式サイトをご覧ください。
詳細はこちらから

 

最適な穴場スポット5選!

松江水郷祭湖上花火大会はメイン会場が湖上なので広いですが、
見物客が多いので大勢の人でごった返します。

ましてや、有料席の近くとなると尚更混雑が激しく、
動けなくなるくらい混み合います。

場所取りに早い時間から確保に走る人も多く、
狙った場所を確保するのはは大変です。

そこでメイン会場よりも空いている、
選りすぐりの穴場スポットをご紹介します。

 

宍道湖大橋

花火大会を見物したり、水中花火を摂るには、
障害物がないので最高の穴場スポットです。

ただ、その分見物客でごった返しますので、
早めの場所取りが必要です。

ちょっと穴場とはいい難いスポットですが、
場所取りさえ確保できれば、絶景の穴場スポットであることは間違いありません。

人気の高い場所だけに、欄干に事故防止のためバリケードが、
設置されますので、撮影には長めのシッカリした三脚が必要です。

橋の中央付近は人混みのため、揺れが酷いので撮影ブレのおそれがあります。

◆宍道湖大橋

 

白潟公園

この場所は、2台の船台と並行なところなので、
真横から一番近く花火を見ることができる、まさに絶景スポットです。

◆白潟公園

 

末次公園

白潟公園よりも少し北にある公園ですが、
ここは宍道湖が一望に見渡せる見晴らしのいい公園です。

松江水郷祭湖上花火大会は、宍道湖湖畔が会場に、
なっているので、障害物がないので花火見物には最高のロケーションですね。

◆末次公園

 

島根県立美術館・周辺

宍道湖に向かって広くなだらかな下り傾斜になっているので、

人などの障害物が避けられるので花火鑑賞に最適なスポットです。
また、比較的遅い時間でも花火をゆっくり観賞できるおススメの穴場スポット。

◆島根県立美術館

 

袖師公園

ご紹介している穴場スポットは、宍道湖に面している公園が中心ですが、
この公園も、同様宍道湖に面しています。

この公園は、打ち上げ会場から少し離れているので人が少なく
ゆっくり花火鑑賞ができます。

◆袖師公園

 

まとめ

松江水郷祭湖上花火大会は松江、宍道湖周辺で行われる、
西日本最大級の花火大会として松江っ子自慢の大会です。

打上げ会場が、宍道湖湖畔で広いスペースで打上げらるので、
湖畔周辺はどこからでも花火がとても綺麗に見えます。

花火大会開催時は、人口約20万人の松江市が、
40万人の見物客で膨れ上がり、静かな町が終日ごった返すので車での移動は避けた方が無難です。

想像を絶するような混雑なので、

時間にゆとりを持って行動して下さいね。
混雑雑や渋滞は、花火大会の定番の行事みたいなもの。

暑さ対策に万全を期して、綺麗な花火を楽しんで下さい。(・∀・)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。