みなとこうべ花火大会2019のオススメの有料席は?販売場所と金額は?期間は?

投稿者: | 2018年4月27日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

今年も、みなと神戸の夜空を彩る夏の風物詩として、多くの市民に親しまれている
「みなと神戸花火大会」が開催されます。

今夏の花火大会は、兵庫県制150周年を記念して、
約15,000発もの花火が、1000万ドルとも言われる神戸の街を背景に打上げられます。

花火は神戸港・メリケンパーク沖から打上げられるため、
広い範囲で大迫力の花火を楽しむことができます。

毎年大勢の観覧者に感動と感激を与えてくれる花火大会です。

そんな、みなとこうべ海上花火大会は、今年で第48回を迎える、
神戸の夏を代表する風物詩となっています。

花火はバタバタせずにゆったりと楽しみたいなぁ~と、
思っておられる方にみなと神戸花火大会の有料席情報を調べてみました。

有料席の設置場所、座席数、金額、販売場所等、
有料席をご利用をお考えの方に詳しい有料席情報をお届けします。

 

花火大会を満喫するには有料席がおすすめ!

昨年度の海上花火大会の迫力ある動画を見つけましたのでアップしました。
間隔を開けない打上げスピードと大迫力のシーンは見ごたえがあります。

みなと神戸花火大会は、約25万人の人出で賑わう神戸市民自慢の花火大会です。
人出が多いので花火を見物する場所取りが大変ですよね!

見物できるポイントは神戸港を中心にそれなりに、
人気のスポットエリアはありますが、見物場所を確保するまでが一苦労です。

このようなしんどい思いを避け、
二人でのんびり、ゆったりと花火見物を楽しみたいあなたには、

有料席がオススメ」です。

 

みなと神戸花火大会の有料席は次のように2種類の券が発売されます。

1,当日券

前売り券

となっていますのでお間違えないように。

それぞれの販売数と場所については、次にご紹介します。
 

みなと神戸花火大会の有料観覧席が用意される場所は?

みなと神戸花火大会では、有料観覧席が用意されています。

名称は「花火サポーター協賛席」という名で発売されます。、

用意されている場所は打上げ場所から近い、

1,第2突堤

2,第4突堤

の2ヶ所となっています。

 

みなと神戸花火大会の有料席を利用する場合の券種と取扱場所は?

有料席を利用する場合は、

当日券」または「前売り券」のどちらかを購入するようになります。

ちなみに昨年の有料券の取扱と場所は下記のようになっていました。

・当日販売:第4突堤

・前売り販売:第2突堤

※前売り券発売日と販売数は現時点ではまだ発表されていません。

昨年は6月末~前売りが開始されていましたが、
問い合わせしたところ、今年も昨年同様の予定とのことなので、
購入希望の方は、お早めに手配しておきましょう。

 

みなと神戸花火大会の有料観覧席・当日券と前売り券の金額は?

有料観覧席は、当日券と前売り券の2種類が売り出されます。
 

注意!
当日券の売り場と前売り券の売り場は違いますのでよく確認して下さいね。
有料席の確保ができなくてガッカリという事のないように早めのチェックを。
 

第2突堤は前売り券・金額と座席数

場 所:神戸市中央区新港町2

金額:3,100円

座席数:約17,000

※トイレ、軽食、飲料の売店が用意
※金額は2018年度の金額を表示しています。
詳細が分かり次第、お知らせしますね!

 

第4突堤は当日券の金額と座席数

場 所:ポートターミナル 西側2階・3階デッキ

金額:3,600円

座席数:約3,000

※当日券のみで、2,3階ともに3,600円。(※定員になり次第終了です)

スポンサーリンク

当日券は、「ポートターミナル3階」にて、当日の午後1時から販売開始。

※金額は2018年度の金額を表示しています。
詳細が分かり次第、お知らせしますね!

 

みなと神戸花火大会のチケット販売は6月末を予定!

店頭購入
神戸ポートタワー
神戸海洋博物館
JTB神戸三ノ宮支店
   場所:JR三ノ宮駅東口
TEL :078-231-4118
近畿ツーリスト三宮営業所
 場所:JR三ノ宮駅西口 神戸交通センタービル2F
TEL:078-391-4891 

※チケットの購入は窓口で販売されます。

 

店頭購入
セブンイレブンチケット情報

※上記情報は、すべて昨年度の情報を元に掲載しています。
今年の詳しい情報を入手次第改めて掲載いたします。

 

有料席は出入りが自由ってホント!

有料席のチケット持っていれば、
有料席エリアから出ても再入場が自由に出来ます。

チケットがあれば自由が効くといっても安心はできません。
座席を確保して有料エリアから離れる際に用心する必要があります。

なぜなら、18時を過ぎれると多くの人が海側に一斉に押し寄せてきて、
無料エリアの入場制限などに引っかかり有料エリアに戻ることが大変
になります。

そういう事態に直面する可能性が高いので、
花火が始まるまで有料エリアで待つようにしましょう。

でもそういっても花火が打ち上がるまでは退屈ですよね!
そんな時の対処として、座るところ確保して屋台回りなどして過ごすのも楽しいですよ♪
ちなみに、座席確保は7時~18時30分ぐらいまでに済ませましょう。
 

みなと神戸花火大会の開催日程は

公式ホームページではまだ今年の大会概要の詳細は発表されていませんが、

神戸市総合コールセンターに問合せをしたところ、
開催日は以下の内容で開催される予定とのことです。

 

みなとこうべ海上花火大会の基本情報

開催日:2018年8月3日(土)

時 間:午後7:30~午後8:30分まで ※小雨決行(※荒天の場合中止)

打上げ場所:神戸港 新港第一突堤~メリケンパーク沖合付近の特設台船上

打上数:約15,000発

来場者数:25万人

新港第一突堤周辺MAP

 

打上げ会場とその周辺

打上げ場所は、神戸港(新港第一突堤~メリケンパーク沖合海上と、
毎年変わりませんが、観覧場所によっては、入場規制がありますので要注意です。

<入場規制の予定地域>
・ハーバーランドは16:45分ごろ
・中突堤、メリケンパークは、19:00ごろ
 
観覧方法は、三ノ宮からポートライナー利用、新港第4突堤(ポートターミナル)
または、ポートアイランドからの観覧がオススメ!
 
詳しくはみなと神戸海上花火大会の公式ホームページをご覧ください。

 

まとめ

人気の高い花火大会を見物するのはかなりの体力を使いますよね。
管理人も毎年あちこちの花火大会に出かけますが、

その度に思うのは、ゆっくり花火観賞をするにはどうすればいいのか?

と、悩むことがよくあります。
アクセスのこと、駐車場の事、見物場所はどこがいいのか?
など、悩む事がたくさんあります。

花火大会の見物で何よりも心がけるのは、
まず、ゆっくりと観賞できるエリアの確保じゃないでしょうか。

そういう意味で有料席を利用するのは、
気持ち的にもゆったりした気分で観賞することができます。

有料席を利用すればそれなりに費用も必要になりますが、
何より疲れなくて済みまし、じっくりと堪能もできます。

少しでも体力や疲労を少なくして、
花火を楽しむには有料席を利用するのが一番の方法じゃないでしょうか。

 

有料席を利用する上で注意点をまとめてみました。。

1、座席の確保は通路側の席がベスト!(椅子が並んだ、中の席だと周りが人で暑いです)

2、場所取りの目印として、ペットボトルやコンビニ袋など目印になる物を用意する。

3、椅子に座って見なくてもよければ有料エリアの空いてるスペースから見ることも出来ます。

4、19時前にはトイレを済ませておきましょう。

5、有料エリアには仮設トイレが用意されていますが、花火開始前ともなると行列が出来ます。

6、花火してる間は屋台の商品が安くなります。(ケースバイケース)

7、花火が終われば一斉にみんな帰るので出口が混雑します。

 

いかがでしたか?

みなと神戸花火大会は、海から吹く心地よい海風を感じながら、神戸の夜景も同時に楽しめる花火大会です。

毎年、人出は増える一方ですので、早めの準備、場所取りが必須になってきます。

用意万端の上花火大会を楽しんで下さい!

 

もし今回は有料席の確保ができなかったので、
無料スポットから観賞したいと思っている方にこちらを参考にしてください。

【関連参考記事】

みなと神戸花火大会2019のおすすめ無料席スポットは?場所取りの時間と混雑状況は?

スポンサーリンク