浴衣で花火大会をデートを楽しむコツと注意点は?雨の日の持ち物や選び方はどうする?

行事
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

 

夏のイベントの一つとして代表的なのが花火大会。

彼氏と花火大会デートに出かける予定がある方も多いのではないでしょうか。

楽しみにしている花火大会デートに、どのような恰好で行くのでしょうか。
もしかしたら洋服を着て行く予定なのでしょうか。

それともせっかくの花火大会なので浴衣を着て行こうかと思っていませんか。

そんなあなたにカップルで「浴衣で花火大会デートを楽しむコツと注意点!「雨の日の持ち物や選び方!」などについてご紹介します。

スポンサーリンク

浴衣で花火大会をデートを楽しむコツと注意点は?

花火大会は暑い夏の季節に開催されますし、人混みの中を汗を拭きながら歩くので、
大変だから普段通りの格好で行こうと考えている女性も多いのではないでしょうか。

確かに、普段着だと自分の好きなものでいいし、足元も気にしなくて済むので気楽にいくことが出来ます。
履くものもスニーカーやサンダルなど歩きやすい靴で足が楽でいいですね。

でも、せっかくのイベント。

大好きな彼氏と一緒なので、浴衣姿で彼をドキッとさせるのも惚れ直す方法かもしれませね。

日本の女性らしく、色気のある浴衣姿を、男性も改めて惚れ直す一因になるかも知れません。

浴衣を着ようと思っても、いつもの生活ではあまり着ることのない浴衣なので、
何色がいいか悩みますよね。

それぞれの色の浴衣のイメージを紹介しますので、あなたに合う色を選んでみてください。

浴衣はどの色を着るのがいいの?

花火大会をデートに浴衣でチャレンジする時はどういう色がいいのでしょうか?

浴衣の色は女性らしい優しい色が男性ウケも良いです。
例えば、ピンク色などがいいですね!

スポンサーリンク

ついでに、髪もふんわりアップにするのが良いですね。

大人のイメージにするなら紺色がおすすめです。
凛としたスマートな印象で、まさしく「浴衣美人」に様変わりです。

髪はきっちりめにまとめると紺色の浴衣とよく合いますよ。

またレトロな赤色も素敵ですね!大正ロマンを思わせる雰囲気がありますよ!

元気なイメージにしたいなら黄色の浴衣が良いですね。

少し子供っぽく感じる色かもしれませんが、
花火に負けないようなビタミンカラーの黄色を選ぶのも良い物ですよ(^^♪

その他にも、紫・白・水色・黒・緑など浴衣にはいろんな色があるので、
その日の気分に合わせて選んで見てください。

 

花火大会デートで浴衣を着る際の注意点

せっかく浴衣で花火大会デートに行っても、
履き慣れない草履で疲れたり、浴衣が着崩れを起こしては大変です。

ここでは浴衣を着て花火デートに行く時に注意したいことを紹介します。

「自分で浴衣を着られます!」という人は多分少ないと思います。

実家でおばあちゃんやお母さんに着させてもらえれば安心ですが、
そうでないなど、浴衣を着慣れていない人は美容院などで着付けを予約するのが良いですよ。

浴衣を着た時に、うまく出来たと思ってもあとで着崩れるすることがありますので、
問題ないか確認し、万全の体制でデートに臨みたいですよね。

次に、絆創膏は必ず持っていきましょう。

履きなれない草履で足が痛くなることもよくあります。
せっかくのデートが台無しにならないようにしましょう!

もし、足が痛くなった時は、すぐにでも絆創膏が貼れるよう多めに持っていきましょう。

最後に、団扇か扇子は必需品なので忘れないようにしましょう!
浴衣は見た目は涼しそうですが、着るとやっぱり暑いですので。

特に帯の部分は蒸れてとても暑くなります。
浴衣に扇子や団扇を挿しておくと、ワンポイントにもなります。

彼が暑そうなときに、さっと差し出して注意を引くのも良いですね。

 

浴衣は雨には向いている?

浴衣というのは木綿や化繊で出来ており、雨染みが出来にくいのです。

なので雨だから浴衣を着てはいけないというわけではありませんし、

雨で濡れても自宅で洗濯もできますので、着ていっても大丈夫です。

浴衣の特徴は、水を吸い込んでも重たくなり難いので、実は普通の服装より向いています♪

草履やおしゃれな下駄も、素足で履くため濡れたり汚れたりしても不快感は少ないです!

ただ、土砂降りになったりすると、洋服より布の面積が広いので濡れると水を含んで重くなりますし、冷たくて寒いです。

雨が振りそうなときには傘を必ず持参し、他にタオルやハンカチ、ストールなども用意して行った方がよいでしょう。

傘は人混みに入ると邪魔になりますので、ポンチョなどを用意しておくと助かります。

ポンチョの方が傘よりも濡れずに済むのではないでしょうか。

100円均一ショップでも売っていますから、一つ準備しておくと良いでしょう。

浴衣は生地が薄いので雨で濡れなくても透けたように見えます。濡れる時のことを考え寒さ対策としてインナーは前もって用意しておきましょう。

浴衣のインナーとしては専用の浴衣スリップがあるので、用心のため事前に着用しておくと良いでしょう。

雨の日は寒さ対策も大事です。突然の寒さに対応できるよう心がけていきましょう。

また、下駄で雨の中を歩くと泥がはねて浴衣の裾を汚してしまうことがあります。

泥はねで浴衣が汚れないように小股でちょこちょこ歩くようにしましょう。
また、濡れていると下駄は滑ることがあります。転んだりしないように気をつけましょう。

雨の日に浴衣で花火大会に出かける際の注意点

<持ち物>
タオル、カッパや傘などの雨具。
雨具は人ごみを歩きますので、ポンチョの方が動きやすくおすすめです。

<下着>
雨で濡れると、色の薄い浴衣を着ていた場合、下の下着が透けて見えてしまうので、 気になる方はスパッツ、キャミソールなど、インナーをしっかり着用して透け見えを防止しましょう!

<洗濯>
近年では、洗濯機で洗濯できる浴衣ばかりが販売されています。
一度乾かしてから洗濯機洗いをしたり、手洗いをして、しっかり干せば問題ありません。

<泥跳ね>
雨の日は泥はねで浴衣が汚れることが多いので歩き方に気をつけるようにしましょう。

まとめ

浴衣は雨の日でも事前に準備していけばそうバタバタしなくても済むことをお伝えしました。

何事も準備が大切、事前に天気予報をしっかり確認して用意しておきましょう。

どうですか?花火大会は浴衣でチャレンジしてみたくなりませんか?

意外と洋服よりメリットの多い浴衣
ですが、雨に濡れてしまうと結構冷えてしまいますので、

カップルさんは二人とも!
風邪をひかないように楽しんできてくださいね?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました