熱中症の予防にはスポーツドリンクより麦茶の方が効果があるってホント?

投稿者: | 2017年6月16日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

暑い季節がやってくると真っ先に気になるのが「熱中症」です。

地球温暖化の影響もあり、年々、最高気温の記録が更新し続けているという、

あまり嬉しくないニュースが茶の間に飛び交っています。

 

暑い日差しを避けて作業するとか、外出を控えるようにと,

テレビやラジオで呼びかけていても、仕事となると中々そうはいきません。

炎天下であろうと有無を言わずに頑張ってしまう人が殆どではないでしょうか。

 

特に真夏の炎天下で部活をしている子供は、

熱中症になる恐れがぐっぐっぐっと高まります。

 

熱中症は油断すると誰にでもかかる病気です。

一旦かかってしまうと、完治するまでに時間がかかますし、

治るまでの期間、大変しんどい思いをしなければなりません。

 

熱中症は、普段から気をつけることで、

予防することはできます。

 

そのためにも、熱中症になる原因、メカニズムなど、

の熱中症の知識を持つことが大切です。

 

ここでは、少しでも快適に安全に暑い夏を乗り切れるように、

熱中症予防に効果がある飲み物についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

熱中症は予防が大事

 

 

 

 

 

 

 

熱中症が急増する7月は熱中症予防強化月間になっています。

 

熱中症は気温が高いなどの環境下で、

体温調節の機能がうまく働かず、体内に熱がこもってしまうことで起こります。

 

特に、小さな子どもや高齢者、病気の方などは特に熱中症になりやすく、

重症になると死に至るおそれもあります

 

気温が高く、湿度が高い、

日差しが強い、風がないなどの気象条件の時に

疲れや睡眠不足などで体力が低下しているなどの条件が重なると起こります。

 

熱中症は命にかかわるほど怖い病気ですが、

予防法を知っていれば防ぐことができます。

 

熱中症を防ぐために、何が大切なのか?

予防法は、「暑さを避ける」「服装を工夫する」などいろいろありますが、

 

その中でも特に大切なのは、「水分補給」です。

 

次の章では、熱中症予防に効果のある飲み物について、

ご説明していきます。

 

熱中症予防で効果的な飲み物は?

熱中症になってしまったときの対処法よりも、

まず先に熱中症にならないための方法を知りたい、という人は多いと思います。

 

熱中症の予防には、日ごろから暑さに強い体づくりをすることが重要です。

また、熱中症予防には「水分の補給」と「塩分(ナトリウム)の補給」は欠かせません。

 

つまり、適度にナトリウムを含んだ飲料を、

こまめに補給することが熱中症の予防として効果的だということですね。

 

熱中症は、いったん症状が出てしまうと、

回復するのにも時間がかかりますし、仕事どころではなくなってしまいます。

そうならないために、熱中症に効果的な飲み物についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

熱中症予防に麦茶の効果は?

 

 

 

 

 

 

ミネラルは人間の体内では作ることが出来ないため、

食べ物や飲み物から摂取する必要があります。

 

夏の暑い時期になると、自然に汗をかくため、知らず知らずの間に、

水分やミネラルが汗で失われがちになります。

 

水分の補給法として、最近まではスポーツドリンクを推奨していましたが、

スポーツドリンク系は糖分が多いため避けられる傾向にあります。

 

そこで一躍脚光を浴びてきたのが、

「麦茶」なんですね!

 

麦茶は値段も手頃で昔から夏の代表的な飲み物として、

私たち、日本人にはお馴染みの飲み物ですよね。

 

麦茶には、ミネラルなど熱中症を予防する効果的な成分多く含まれています。

麦茶のミネラル成分を見てみると、

・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・マンガン
・リン
などがあります。

 

<<麦茶は、水やお茶などよりも体温を下げる>>

麦茶は実は体温を下げる効果が凄いんですね!

 

マイナビニュース掲載の実験データーによると、

ミネラルウォーターを飲んだ場合の体温は、0.6℃上昇

一方、麦茶を飲んだ場合は「胸部」「腹部」とも1.7℃下がった

というデーターがあります。

 

体温の上昇は熱中症になってしまう最大の原因となっているので、

この実験による麦茶のデーターはかなりインパクトがあります。

引用元↓
マイナビニュース

 

しかも、マイナビニュースの中に掲載してある画像のように、

「胸部」「腹部」を中心に体温が下がる一方で、

手や足の先端部の温度は下がらないので、冷え性の方の安心して飲めるんですね!

 

<<麦茶は、ミネラル分が血液をサラサラにする効果がある>>

熱中症は身体から水分が減少し、血液が濃くなるため、

血液の循環が悪くなり心臓に負担をかけてしまう恐れがある症状です。

 

しかし、麦茶に含まれるミネラル分は血液をサラサラにして、

血流を良くしてくれるのでとても効果的な飲み物です。

 

以上の点からみても、麦茶は「体温を下げる」「血液の循環を良くする」

という2つの作業をやってくれるスグレモノなんですね!

 

麦茶は赤ちゃんでも安心の飲み物

お茶類や、コーヒーなどはカフェインが含まれていますが、

麦茶にはカフェインが含まれていません。

 

カフェインには、胃酸を分泌する作用があり、

空腹時や、また大量に飲むと胃酸過多になり、

胃の粘膜を荒らしてしまう可能性があります。

 

カフェインが苦手な人が飲むと、

夜眠れなくて困ったという人を良く耳にします。

 

眠れない殆どの人が飲んだ飲み物は、

「コーヒー」もしくは「お茶」が圧倒的に多いですね。

 

でも、麦茶ならこのような症状を心配することなく、

「あかちゃん」や「お年寄り」にも安心して飲ませることができるんです。

 

麦茶に塩分はあるの?

熱中症は、大量の汗といっしょに体内の塩分が出てしまうことで、

体内のナトリウム濃度が低下して起きる症状です。

 

それが原因で、

「めまい」「立ちくらみ」「手足のしびれ」「頭痛」

などを引き起こします。

 

そういった症状を緩和するために、麦茶に足りない塩分を、

加える事によって、熱中症対策に効果的な飲み物となります。

 

<<塩麦茶を作る方法は?>>

麦茶1リットルに、塩1~2gいれるだけです。

※麦茶の塩分濃度が、0.1%ですね。

 

この塩分濃度が、体内の塩分濃度に最も近く

水分の体内への吸収も促進されるのでより効果が期待できます!

 

 

~まとめ~

熱中症予防には、普段から暑さに強い体づくりをすることが大切です。

熱中症は重度ともなると、意識がなくなることもあり、危険な状態になります。

 

麦茶をお供にして、こまめな水分補給を行い、体調管理を行って、

暑い夏を乗り切っていきましょう。

 

暑さは、日々の生活の工夫でしのげることができますので、

真夏に限らず日頃から熱中症予防に注意を払うようにしたいですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。