父の日にプレゼントする花の種類は?花言葉は?オススメの花はコレ!

投稿者: | 2017年3月27日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加


母の日にプレゼントするのは何?と聞かれたら
誰でもすぐに「カーネーション」と答えられますよね?!

それでは、父の日にプレゼントする花は何?と聞かれたら
あなたは何と答えますか?

父の日は、母の日に比べて随分遅れて伝わってきました。
一般に定着したのも、随分遅れてからですね。

ですから、父の日に花をプレゼントするなんて知らなかったとしても、
そんなに不思議なことではないですよね。
 

スポンサーリンク

 
父の日は、年に1度、お父さんに感謝の気持ちを伝える日!
そんな父の日は毎年6月の第3日曜日となっています。

日頃の感謝を込めてプレゼントと一緒にお花も贈ってみませんか?
ここでは、父の日にプレゼントする花の種類やその由来、オススメの花を紹介します。

 

父の日にプレゼントする花の種類は何がある?

 

 

 

 

 

 

母の日にプレゼントする花はカーネーションと昔から決まっていますが、
父の日には何の花をプレゼントしたらよいのでしょうか?

ここでは、父の日にプレゼントする花の種類についてご紹介します。

バラの花
父の日にプレゼントする花は,
母の日に贈るバラと一緒でバラが主流となっています。

中でも日本では特に黄色いバラに人気があるようです!

バラは年々品種改良が盛んで、今では様々な種類のバラがあり、
中にはかなり個性的なバラも誕生しているようです。

お父さんのイメージにマッチしたバラの花をプレゼントすることが大切なので、
あまり黄色に拘らずともいいのではないでしょうか?

ヒマワリ

父の日の花束のプレゼントでバラ以外に人気のある花は「ヒマワリ」 です。
ヒマワリはぱっと明るく、元気の象徴のような花ですね!

小輪のひまわりだけを花束にしたものや、薄いオレンジ系のカーネーション、
白いユリなどとブーケにしたもの、青いデルフィニウムを混ぜたアレンジメントも素敵です。

バラを貰うにはちょっと抵抗を感じるお父さんでも、
ヒマワリなら素直に喜んでくれるのではと思います。

仕事でお疲れ気味のお父さんに、励ましのメッセージをそっと添えてヒマワリを贈るもいいかもですね!

 

次にどのようなスタイルでプレゼントするかを決めましょう!

父の日プレゼントする花のスタイルは?

ここではプレゼントする花のスタイルと特徴についてご紹介します。
 

花束
一番多いスタイルですが、あまり長くは持たないですね。
 
アレジメント
どのタイプにするか決められないときは、
何種類かの花を組み合わせてプレゼントするのも方法です。

ちなみに私はいろいろな花を組み合わせて贈ることにしています。
アレンジのセンスはゼロに近いですが、気持はしっかり込めて贈るようにしています。

スポンサーリンク

ただ、単独で贈るよりよりは、
アレンジしたほうがいろんな花を楽しめていいと思います。

 
ブリザーブドフラワー
水が要らなく手入れも不要で長持ちしますし、
生花に負けじ劣らじの綺麗さと瑞々しさと柔らかな質感があります。

花の世話が苦手なお父さんでもこれなら手入れ要らずで楽ちんですね!

 

父の日にプレゼントする花の意味は?


 

 

 

 

 
父の日の花はバラ」というのは、
ドッド婦人が父の日に父親の墓前に白いバラを供えたことが由来となっています。

ここから、父の日の花束はバラという風習が始まったようです。

それではこのドット婦人という人は、どのような人物だったのでしょうか?
以下にその人物像を簡単にご紹介します。

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのジョン・ブルース・ドット夫人が
男手1つで6人兄弟の自分たちを育てあげて亡くなった父親の愛への感謝に、
父親の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことから始まったとされています。

ドッド婦人が、母の日はあるのに父の日がないことに対し、
「父の日を作ってください」とお願いをしたことから始まったんですね。

そして1910年6月19日に、最初の「父の日の祝典」がスポケーンで行われました。
 

その後、ドッド婦人は「父親に感謝する日を」と、嘆願運動を続け、
1916年、アメリカ合衆国第28代ウッドロー・ウィルソン大統領に、
父の日が認知されるようになりました。
 
さらに、1966年には同第36代大統領リンドン・ジョンソンが、

6月の第3日曜日を「父の日」に定めました。

 
母の日の花がカーネーションなのに対し父の日の花がバラなのは、
ドット婦人が父の墓前に白いバラを供えたことに由来しています。
 

父の日は、日本ではどのようにして広まったのでしょうか?

日本で父の日が広まり始めたのは1950年頃ですが、
全体にはあまり知れわたっていませんでした。

大衆的な行事として定着したのは、
1980年代になってからです。
 
1981年に日本「ファザーズ・ディ委員会」というのが設立され、
その翌年には「黄色いリボンキャンペーン」が催され、
それがきっかけで日本では黄色の贈り物が用いられるようになったそうです。
 
これを機に日本でも黄色いバラや、
黄色いリボンが巻かれたプレゼントを父の日に贈るようになりました

 

父の日にプレゼントするオススメの花と花言葉は?

父の日にプレゼントする花としては、
定番としてもっともポピュラーなバラの花ですね♪

父の日に贈る場合の人気色は白」黄色」です。

バラの持つ花言葉は・・・。
「愛」「美」「清新」「幸福」

バラの花言葉を色別にご紹介すると・・・。
 
<赤いバラ>
「愛情」「あなたを愛します」「情熱」「美」
「強烈な恋」「すべてをつくす」
※赤いバラは女性へのプレゼントには最適ですが、父の日に贈るとビックリされそうですね。
 
<白いバラ>
「純潔」「清純」「恋の吐息」「相思相愛」
「素朴」「心からの尊敬」「約束を守る」
※白いバラの「心からの尊敬」は父の日にピッタリの花言葉ですが、
由来のエピソードからすると健在な父へのプレゼントとしては不適格かもしれませんね。
 
<黄色いバラ>
「美」「友情」「献身」「可憐」「あなたを恋します」
「嫉妬」「薄れいく愛」「別れましょう」
※「黄色」は「父の日」のイメージカラー。
ぱっと明るい黄色に「感謝」と「これからも元気でいてね」の願いがこもっています。
 
<青いバラ>
「神の祝福」「奇跡」「夢かなう」
 
<紫のバラ>
「誇り」「気品」「上品」「王座」「尊敬」
 
<ピンクのバラ>
「上品」「気品」「温かい心」「しとやか」
「満足」「輝かしい」「美しい少女」「一時の感銘」
※ピンクのバラも女性へのプレゼント向きですね。
 
<オレンジのバラ>
「無邪気」「健やか」「信頼」「絆」
オレンジのバラは花言葉からしてピッタリ!
父の日のプレゼントとして最適ではないでしょうか。

 

ヒマワリの花言葉は?

それでは「ヒマワリの花言葉」をご紹介します。

・憧れ
・光輝
・愛慕
・崇拝
・私はあなただけを見つめる

ヒマワリは太陽を想像するにはピッタリの花ですね!
元気で頑張ってくれるお父さんのイメージにピッタリなのでバラと並んで人気があります。

 

まとめ

父の日のプレゼントには定番のお酒やネクタイではなく、
たまには素敵な花をプレゼントしてみては如何でしょうか?

花言葉と感謝の気持ちを綴ったメッセージカードを一緒に贈れば、
恥ずかしがり屋のお父さんでもきっと喜んでくれるとおもいます。

あまり難しく考えずに心のこもった贈り物であれば、
お父さんは、それで十分じゃないでしょうか。

 
【関連記事】
父の日のプレゼントで人気は?お酒以外では何がいい?喜ばれる手作りとは?!
父の日・義父へのオススメのプレゼントは?義父にも喜ばれる感謝の手紙文例をご紹介!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。