層雲峡氷瀑まつりの開催期間と時間は?ライトアップと花火時間も紹介!

投稿者: | 2018年9月17日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

北海道のほぼ中心に位置する旭川から,

程近い場所に層雲峡という名高い温泉地があります。

 

毎年秋になり、旅番組で紅葉の特集が組まれると、

日本で一番早く紅葉が訪れる場所として紹介されている大雪山の麓に位置します。

大雪山は日本一早い初冠雪を記録することでも知られていますね。

 

冬場はあたり一面、雪に覆い尽くされ、
1月~2月は最低気温が氷点下15度

日中は上がっても平均気温が氷点下8度と、
想像を絶する寒さになります。

 

そんな極寒の地で毎年開催されている、

「第44回目となる層雲峡氷瀑まつり」についてまとめてみました。

ここでは「層雲峡氷瀑まつりの開催期間と見どころやライトアップと花火時間を紹介」
について案内していきます。

スポンサーリンク

層雲峡の氷瀑祭り2019の開催期間と時間は?

毎年1月下旬から3月半ばにかけて開催されている氷瀑まつり。

■開催期間は、

2019年は1月25日(金)~3月17日(日)の予定です。

■時間は、

10:00~22:00となっています。

3月になると、日中の気温がだいぶ高くなり、

水を何日にもわたり吹き付けて凍らす技法で作られた、

氷像などが溶け出すようなので、早めに訪れた方が良いかもしれません。

■層雲峡氷瀑まつり会場MAP

 

氷瀑まつりの入場料は?

入場の際には、

・協力金として300円を払います。

ですが、記念ポストカードと温かいドリンクの割引券がもらえますよ。

 

層雲峡氷瀑まつりの見どころは?

氷瀑まつりの見どころは、何と言っても大迫力のメインの氷像です。
有名な建造物がモチーフとなり、中に入るとトンネルになっています。

昼間も十分美しいのですが、氷で出来た半透明の氷像は、
ライトアップの照明によって、さらに美しくキラキラと輝きます。

 

氷で作られた建造物は、
高所恐怖症の私には少し怖かったのですが、

実際に階段で登っていくことができ、
高さは12~13m程にもなるので、
祭り会場の全景を上から見ることも出来ます。

小さな氷像もいくつもあり、
一つ一つ個性があり工夫がされていて、
見ていてとても楽しいです。

 

他には、有料ですが(500円)

子供が楽しめる氷の滑り台があります!

ゴムチューブそりで滑るのですが、
雪と違って氷なのでツルツルでスピードも出るので、
とても楽しいです!うちの子供達も大はしゃぎで滑っていました。

 

層雲峡氷瀑まつりはイベントも多数

その他にもイベントがたくさんあります。
ステージイベントでは、アイヌ民族舞踊や餅巻き、
日によってはウェディングもとり行われるようです。

花嫁花婿を募集しているので、
結婚を考えているカップルは是非調べてみて下さい!

ウェディングドレスを着るのでしょうか?

ものすごく寒いでしょうが、まるで氷の世界のお姫様のようで、
たくさんの人達に祝ってもらえ、一生の思い出になるんでしょうね。

他には、有料ですがレンタルドレスを着て記念撮影もできます。

極寒証明書をもらえるので良い思い出になりますよ。

 

土日祝日は、地元の酒蔵、上川大雪酒造が手掛ける
「北の氷酒場」で、日本酒の飲み比べ等も毎年好評です。

雪の中での熱燗、最高ですよね。

お酒が飲めない人や子供には、酒粕ココアなどのメニューもあります。

時間が遅くなるにつれどんどん寒くなりますから、

ここでドリンクを飲んで体の芯から暖まりましょう。

 

層雲峡氷瀑まつりのライトアップと花火時間は?

 

 

 

 

 

 

 

 

ライトアップは日没~22時となっています。
北海道の日没はとても早いです。

私は10年前に北海道に引っ越してきて、
冬の日の入りが早くて驚きました。

ちなみに、夏場はものすごく日の入りが遅いのです。
一番長い時は20時でもうっすら明るい時があります。

 

層雲峡の1月の日の入り時刻は16時前後なので、
ライトアップもそれくらいの時間からされると思われます。

お祭りのメインのひとつ、打ち上げ花火ですが、
毎年、平日もほぼ悪天候ではない限り、毎日打ち上げられているようです。

 

私が行った日も平日で、

しかも雪が降っていましたが花火を見ることが出来ました。

時間は20時半頃~です。

 

1日何発とはどこにも書かれていませんが、
毎日のことなので、私が見た時は10分もなかったように思います。

ですが、氷の世界の中で見る打ち上げ花火は格別ですよ。

夏の花火しか今まで見たことがありませんでしたので、

なんとも風情があって感動しました。

 

層雲峡氷瀑まつりの行く場合の服装は

北海道の1月下旬から3月という真冬の氷祭りなので、

私達が想像する以上の寒さです。

参加するときは必ず次を用意して行けばいいと思います。

・使い捨てカイロ、
・ダウンジャケット、
・手袋や耳あて、
・ヒートテックなどでしっかり防寒の用意をして参加しましょう。
 

【参考サイト】
⇒層雲峡氷瀑まつりは服装に注意!子供におすすめの服装は?穴場スポットは?

まとめ

いかがでしたか?層雲峡の氷瀑まつりは?

氷瀑まつり、行ってみたくなりましたか?

層雲峡氷瀑まつりは北海道の冬の3大祭りの一つです。

幻想的な光景をバックに夢を語り合うのもいいものです^^

 

氷瀑まつりは開催期間(1月下旬~3月中旬)もかなり長いので、

是非期間中に一度体験されることをおすすめします!

氷瀑の圧倒的な光景に感動すること間違いなしです。

是非、参加してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。