アフィリエイト広告を利用しています

大國魂神社七五三2023の初穂料は?予約は必要?&ご祈祷時間は?周辺の写真館は?

季節イベント

大國魂神社2023七五三

東京都府中市にある大國魂神社(おおくにのかみじんじゃ)は、武蔵国の守り神として祀られています。

大國魂神社の、初穂料は「1人:5,000円~」となっています。

参拝する神社を決めても、七五三を迎える家族にとっては、それ以外に決めることがたくさんあるので大変ですね。

特に、初穂料はどれくらい納めたらいいのか、神社によって違うので戸惑う事が多いですね。

ここでは、初穂料の金額に悩んだりする人が多いので、金額について分かりやすく説明していきます。

余談ですが、ご祈祷料は気持ちで渡すものなので、初穂料の金額はあまり気にしなくても良いのではと思います。

また、兄弟姉妹が一緒なら、一つののし袋に兄弟姉妹の名前を連名で記入します。のし袋の書き方は七五三を兄弟でご祈祷をする場合は、初穂料を「兄弟×人数分」の様に書けばいいと思います。

この記事では、

・大國魂神社の初穂料と七五三祈祷予約は?
・大國魂神社周辺の写真館やロケーションフォト
・大國魂神社のアクセスと駐車場

などについて紹介しますね。

事前に下調べをして準備をしておくと、当日は焦ることなくお子さんの健やかな成長を願うことができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大國魂神社(おおくにたまのおおかみじんじゃ)の基本情報

https://twitter.com/omikujihikitai/status/1442730198651195397
名 称大國魂神社(おおくにたまのかみじんじゃ)
住 所東京都府中市宮町3-1
電話番号042-362-2130

■大國魂神社map

西暦111年に、武蔵国の護り神として大国魂大神を祀ったのが始まりとされた大國魂神社は、1900年以上もの歴史がある神社です。

厄除や縁結び、子授け、五穀豊穣などたくさんのご神徳ある神様で、多くの信仰を集め、お祝いや祈願をする人が参拝に訪れます。

 

大國魂神社2023七五三の初穂料は?

善知鳥神社 初穂料

初穂料は、七五三の祈祷のお礼として神社に納めるものです。

大國魂神社七五三の初穂料は、「1人:5,000円・10,000円・20,000円」となっていてご祈祷する人の年齢などで選べるようになっています。

一般的に七五三の初穂料は「1人:5,000円~10,000円」と言われていますが、「どの金額を選べば…?」と悩まれたら、この範囲内で納めると安心ですよ。

また、ご祈祷後に授与される記念品に差が出ると言われていますが、あまり気にしない方が良いですよ。

 

のし袋の書き方

一般的に、初穂料はのし袋に入れて、ご祈祷申込時に渡します。
下記にその手順を紹介しますので、参考にしてください。

1. 紅白蝶結びの水引ののし袋を用意しましょう。
2. 水引の上には「初穂料」または「玉串料」と書かれたものか、ご自身で記入します。
3. 水引の下にはお子さんの名前を記入します。
4. 中袋表側には金額(金 ○○円)と明記し、裏側には郵便番号と住所、お子さんの名前を記入します。

 

七五三詣りにあると便利な物

お子さんは着慣れない着物と履き物で、歩きづらくて疲れやすくなり、不機嫌になるかもしれません。

お子さんの様子を見て、移動中は履き慣れた靴を履かせた方が、負担が減りますよ。

天候によっては寒さを感じる日があるかもしれないので、防寒できるようなものがあると安心です。また飽きたとき用の食べやすいお菓子や、小さなおもちゃなどがあると、お子さんの気が紛れるかもしれません。

荷物が増えるかもしれませんが、お子さんができるだけ笑顔のまま七五三詣りが無事に終わるよう、用意しておきましょう。

 

大國魂神社七五三の予約は必要?

スポンサーリンク

大國魂神社の七五三ご祈祷には、予約は必要ありません。
当日、社務所でご祈祷の受付をしましょう。

 

大國魂神社七五三の祈願受付の流れ

受付:当日9:00~16:00の時間帯に、社務所祈祷受付で受け付けをします。

その際に初穂料を入れたのし袋を渡しましょう。

祈祷:基本的に30分間隔で祈祷を行なっています。
記念品授与:祈祷後、お守りやお札、千歳飴などの記念品を授与します。

 

七五三シーズンの混雑状況

11月15日が七五三詣りの日ですが、七五三のベストシーズンと言われる10月下旬から11月中旬の土日祝日を中心に混みあいます。

六曜を意識する方も多く、土日祝日の大安の日を選ぶ家族が多くいます。また、時間帯は全国的に10~11時頃に参拝者が多く訪れる印象です。

着付けをしたら、お子さんが疲れる前に早く参拝をしてホッとしたい…という家族や、午後は食事会などのスケジュールがあると、午前中に参拝が集中します。

比較的空いている平日を選べると混雑状況が変わります。お仕事の都合が合えば、平日に参拝するという選択もありますよ。

また、大國魂神社での混雑の理由として、
・大國魂神社の祭事がある日
・神前結婚式がある日
は、上記が優先されるため、待たされることになります。

・お宮参りが多い日
と重なると、境内で七五三家族とお宮参り家族で混雑することになります。

祭事は、公式ホームページ「お祭り・年間行事」の年間行事一覧で確認できますよ。

 

大國魂神社に行けない方へのご祈祷

国内在住の方に限り、様々な事情で参拝が困難な方へ、ご祈祷の受付をしています。

公式ホームページ「ご祈祷 郵送受付のご案内」をご確認ください。
願意1件につき、初穂料は発送費用が含まれて6,100円~になります。
 

七五三詣りのスタイルは?

今の七五三はいろいろなスタイルがあります。

神社で参拝した後にする事は、、


1. ご祈祷を受ける
2. 神社には参拝のみ
3. 七五三は写真撮影のみ

という家族まで様々です。

それぞれのご家庭にあった七五三をして、お子さんの成長を祝いましょう!

 

大國魂神社七五三周辺の写真館やロケーションフォト

 

大國魂神社写真館

2023年は、
4月15日(土)~8月31日(木):新緑の七五三
9月1日(金)~12月19日(火):秋の七五三として、

・境内スナップ撮影プラン

衣装・美容着付け付きの
・スタジオ撮影・アルバム付きプラン
・境内スナップ撮影プラン
・スタジオ&境内スナップ撮影・アルバム付きプラン
・スタジオ撮影・会食プラン
などがあります。

パパやママの衣装レンタルや美容着付けなどのオプションも豊富ですよ。

公式ホームページ「お日取り予約はこちら」から、希望プランと日にちを指定して予約申し込みします。

正式予約後、詳細事項はWebカタログやメールのやり取りで決めていき、大國魂神社写真館に来館する必要はありません。

境内での撮影ができるのは、大國魂神社写真館だけです。
電話番号:042-362-0092

 

大國魂神社周辺の写真館

■京秀LaLa振袖館 スタジオLaLa
振袖館と書かれていますが、七五三プランもあります。

お子さんの撮影とアルバム付きで:39,000円~
外出のみ(支度料込み)で:18,300円~
撮影と外出のパックで:56,600円~

などがあり、ママの衣装レンタルや着付けなどのオプションもあります。

住 所 :東京都府中市宮西町2-4-3 アイスバーグビル3階
電話番号:042-352-7470

■フォトスタジオコフレ 多摩稲城STUDIO
ナチュラルな空間で、オリジナルデザインの衣装が好評です。

七五三におすすめの撮影プランとして、
・ライトデータプラン(平日限定)32,450円 七五三を迎えるお子さんだけの撮影です。

・データプラン42,350円
ごきょうだい衣装1着までプランに含まれています。

・フォトブックプラン58,850円
オリジナルフォトブックに、ごきょうだい衣装2着までプランに含まれています。

上記プラン以外や、ママの着付け・ヘアメイク、パパの着付けなどのオプションもありますよ。

住 所 :東京都稲城市大丸521-1
電話番号:050-1864-0795

 

大國魂神社七五三のロケーションフォト

出張カメラマンなどの、境内での写真映像撮影はできないそうです。
ということは、パパとママの出番ですね!

例年、境内には、干支が描かれている大絵馬や、記念撮影用のプレートが用意されていて、撮影しようとする家族の列ができていました。

パパやママがカメラマンなら、緊張することなく自然の笑顔が撮れそうです。

 

大國魂神社へのアクセス方法は

🚙:車の場合

中央道「稲城IC」または「府中スマートIC」から約10分

🚅:電車の場合

京王線「府中駅」から徒歩約5分
JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩約5分

 

大國魂神社七五三の駐車場

■参拝者用無料駐車場
府中本町駅前の大鳥居が駐車場入口です。
10台ほどの収容台数なので、混雑が予想される七五三シーズンの土日祝日は、
早い時間から満車になっている可能性があります。

■タイムズ大國魂神社駐車場
タイムズ大國魂神社駐車場を利用してご祈祷を受けた方のみ、1時間無料で利用できます。

ご祈祷受付時、タイムズ大國魂神社駐車場を利用したと伝えてくださいね。
収容台数:180台
料 金 :8:00~00:00 30分200円 00:00~8:00 30分100円  当日1日最大料金1,400円(平日のみ)

 

まとめ

歴史ある神社で、地域に住む人々の信仰のよりどころになっている大國魂神社には、七五三詣りをする多くの家族が訪れます。

七五三を祝うお子さんはかわいい(かっこいい)着物や履き物で、最初は喜んでくれますが、普段とは違う格好や初めての儀式などを体験するなど、刺激が多い一日を過ごします。

できるだけお子さんの負担を軽くするよう、早くから計画をたてて、スムーズなスケジュールを組み立てられるといいですね。

主役のお子さんに喜んでもらえるよう写真撮影や着付け、食事会の計画をたてましょう。

ステキな七五三を迎えられますように!

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekosukeをフォローする
暮らしに役立つ生活の知恵袋
タイトルとURLをコピーしました