18インチ自転車を女の子が乗れるのは何歳まで?選び方やおススメを紹介!

子育て

18インチ自転車

18インチの自転車が乗れる年齢は、4歳~8歳までで、身長は125cmぐらいまです。

学年だと乗れるのは小学2年生、8歳頃まで乗ることができますね。

今乗っている小さい自転車も、
安定して乗れているからこのままでいいかなと思ってしまいます。

店舗で自転車を前にすると、どこを見て判断していいのかも、
よく分からないですよね。

お子さんの体に合った自転車を選ばないと、自転車の操縦がうまくできなく
なったり、不安定になって危ない走行になってしまうかもしれませんよ!

自転車を選ぶ場合、お子さんの体型に合った大きさの、
扱いやすい軽量タイプの自転車を選ぶといいですね。

そうすれば、安定して乗ることができて、自転車の上達を早めますよ!

この記事では、

・18インチ自転車を女の子が乗れるのは何歳まで?
・選び方やおススメにの自転車

について解説します。

子供用自転車の18インチの自転車が初めてだと、「お子さんに合うサイズ感」や、
「どんな基準で選べばよいか」など、わからないことも多いですよね。

選び方やサイズ感などを役立つ方法を分かりやすく解説します。
参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

18インチ自転車を女の子が乗れるのは何歳まで?

18インチ自転車1

自転車選びは、年齢ではなく適正身長で選ぶことが基本です。

自転車は、16インチや18インチという表現でサイズを表しています。

この数字はタイヤ(ホイールの直径)の大きさをインチで表したものです。

大きい数になるほどタイヤが大きくなりますよね。

そのタイヤサイズには適正身長があるので、
自転車の大きさを選ぶ基準はお子さんの身長で選ぶことになるんです。

同じサイズでもメーカーやデザインで、
お子さんが安定して乗れるものが違いますよ。

なんでもネットで買える時代ですが、
実際に店舗へ行ってお子さんに自転車にまたがらせることをおすすめします。

サイズ感をしっかり知りたいのなら、試乗するのが一番ですよ。

買い替えのタイミング

身長が伸びた

身長が伸びて窮屈さを感じたら、サドルやハンドルの高さを調整しますね。

サドルをマックスまで上げても、足を延ばしたときに膝が曲がっていたり、
自転車を漕いでいるときハンドルに足が当たってしまっていたら、買い替えの時期です。

好みの変化

お友達に影響されやすい時期でもあります。

また、好みの変化もあるので、かわいらしい、
自転車からちょっと大人っぽい自転車に乗りたいと思い始める頃です。

勿体ないから与えたお下がりの自転車も、恥ずかしがるかもしれません。

自転車の劣化

お子さんによって自転車に乗る頻度は違いますよね。

頻繁に乗る子や、乱暴に扱っている子の自転車は、
故障や安全面で問題が出てくるかもしれません。

転んでしまったら大けがを負うこともあるので、しっかりとチェックしましょう。

18インチ自転車おススメは?(女の子)

ケッターサイクル

https://twitter.com/Bagletraining/status/1338417896888782848

最初はストライダーみたく足けりモードから始まり、
後付けのペダルで自転車になるので、長く乗ることができます。

同じ自転車で長く乗れるので、
初挑戦が苦手な慎重派タイプのお子さんにおすすめですよ。

背が伸びることが前提の自転車で、12~18インチが用意されていて、
18インチの適応身長は約100~130cmです。

女の子だけではなく男の子にもおすすめですよ。

イノベーションファクトリーキッズ18

サイクルベースあさひのブランド「イノベーションファクトリー」のキッズモデルです。

レバーは小さな手でもブレーキが握れるように、
調整可能になっているそうですよ。

車体本体は低価格に抑えて、カスタムパーツでカゴや泥除け、スタンドがあり、
必要な物を選べるようになっていますよ。

tokyobike

Tweet / Twitter

ナチュラルイメージのカラーが揃っていて、
シンプルで無駄なものがない普通の見た目ですが、その見た目が目を引きます。

スポンサーリンク

小さな手に合わせた細身のグリップで、サドルは地面から、
座面の高さは49cm~62cmまで調節可能になっています。

little tokyobikeの適応身長は、95cm〜115cmのワンサイズ(16インチ)です。
tokyobike Jr. Stepの適正身長は、115~130cmのワンサイズ(20インチ)です。

18インチ自転車おススメは?(男の子)

女の子におすすめの18インチ自転車で、
男の子にもおすすめのケッターサイクルヨツバサイクルを紹介しました。

そちらもご覧くださいね。

幼くても男の子はカッコいいものが好きですね!

エコキッズスポーツ

安定した人気のブリヂストンです。

フルカバーされたチェーンや、ブレーキの握り位置を調整出来たり、
前方にもリフレクターがついていたりと、安心できる要素が多いですね。

カゴは柔らかい樹脂製になっていて、
お子さんがちょっと乱暴に扱っても壊れる心配がありません。

落ち着いた色から選ぶことができますよ。

ヨツバサイクル

YOTSUBA Zero 18 は、16インチは小さすぎ、
20インチでは大きすぎるというお子様に最適で、重量が7.8kgと軽量の自転車です。

お子さんの小さな手でもしっかり握れて、
停まることができるブレーキになっています。

男の子はもちろん女の子にも大人気ですね。

ディーバイクマスタープラス18

元気で活発な男の子らしいデザインです。

ストライダーみたく乗れるキックバイクから、
後付けのペダルで自転車として乗ることができます。

ペダルは力も工具も必要なく、ママでも簡単に取り付けることができますよ。

子供に合う自転車のサイズとは?

18インチ自転車2

基本的なサイズ表

メーカーや車種によって適正身長は異なります。

14インチ 身長92~107cm 3~5歳目安
16インチ 身長98~119 cm 3~6歳目安
18インチ 身長103~125 cm 4~8歳目安
20インチ 身長111~140 cm 5~9歳目安
22インチ 身長116~145 cm 6~11歳目安
24インチ 身長120~151 cm 7歳以上目安

14~18インチは、適正身長が92~125cmでキッズ向け自転車です。
補助輪が付いていて、ライトがないモデルが多いです。

20~24インチは、適正身長が111~151cmでジュニア向け自転車です。
補助輪がついていなくて、ライト付きがほとんどです。

サイズ選びのポイント

身長

一番大切なのは、年齢よりも身長で自転車のサイズを選ぶことです。

気をつけなくてはいけないのは、メーカーやデザインなどによって、
乗ったときのサイズ感が違います。

普通の自転車とMTBでもサイズ感などが全然違います。

自転車ではなくても、服や靴などでもメーカーなどで大きさが違うのと一緒ですよね。

サドルの高さ

手足の長さにも個人差が出るので、サドルにまたがったときに、
しっかり地面につくか確認しましょう。

小さなお子さんは安定性重視のために、かかとまでしっかりとつくサイズが、
安全に乗れる自転車です。

ジャストサイズ

自転車は以前より高くなってきているので、
できれば長く乗ってほしいと思ってしまいます。

でも、18インチを選ぶお子さんはまだ小さく、
安定してコントロールできない子も多いです。

一度転倒を経験したら自転車に乗りたがらない子もいるので、
ちょうどいいサイズを選ぶのが重要になります。

まとめ

成長してすぐ小さくなってしまうから…と、
大きめの自転車買おうか迷うことってありますよね。

でも、大きい自転車を与えると、
不安定な操縦になって転んでしまうかもしれません。

転んだりして痛い思いをすると、
怖気づいて乗らなくなってしまうかもしれませんよ。

18インチに乗るぐらいの年代になると、友達と遊ぶときにも利用し始めます。

お子さんの活動範囲が広がる時期ですよね。

安全に楽しく自転車に乗れるように、
購入するときは実際に店舗へ行って自転車にまたがらせたりすることをおすすめします!

また、小さい頃から自転車に乗るときのルールを教えましょうね。

意外と親世代もルールがあやふやなまま、自転車に乗っているかもしれませんよ。

スポンサーリンク
暮らしに役だつ楽しい情報をお届け!

このブログは普段の中で疑問に想った事、分からない点、知りたい事など役立つ情報をお届けしています。

あなたの暮らしに役立つ情報をお届けしていくサイトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nekosukeをフォローする
暮らしに役立つ生活の知恵袋

コメント

タイトルとURLをコピーしました