小学生の入学前の引っ越し!準備するものは?手続きは?

投稿者: | 2018年12月12日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「小学校の入学前の引っ越し」は大変ですよね!

ある日突然の引っ越しの話に大慌てする御家庭も多いですよね。

 

実は私もそういう経験があります。

私が住んでいたのは、どが付くぐらいの田舎で、一番困ったのは言葉でした!

 

ド田舎から、いきなり大都市へ引っ越して、

言葉が大変でしゃべれなくなったぐらいです。

経験上、地方から首都圏へ引っ越したりした場合、本当に大変です。

知らない土地への引っ越しは人に言えない苦労がたくさんありありますね。

 

ここでは入学前の引っ越しに関する情報、
「小学生の入学前の引っ越しにかかわる色々な手続き」などをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

小学生の入学前の引っ越しのおすすめ時期は?

引っ越しはよほど急な場合でないなら、

学前に引っ越すことをおすすめします。

 

入学前の引っ越しの心構えは

学校の雰囲気や通学距離などを親子で体験しておくのがよいです。

公立であれば学区を調べて、通う予定の学校などを見ておきます。

詳しい事は教育委員会へ問い合わせをすると教えてくれます。

 

交通の安全の確認をしたり、
ボランティアの人たちがいれば事前にお願いしておきます。

母親が働いている場合は学童のお世話になりますが、
事前に見学して雰囲気なども見ておきましょう。

また慣らし保育も行っていますので、事前に相談してみましょう。

 

お稽古事などをしている場合は、
継続してできるかどうかなどをチェックしてください。

またもし可能ならば、学校見学をおすすめします。
学校の雰囲気や、給食など子供にかかわることを直接見ることが出来るので良いですね。

 

小学生の入学前の引っ越しで準備するものは!


(出典:https://www.pakutaso.com/)

スポンサーリンク

1,就学前の検診を受診する。

就学予定のお子さんには、就学前検診の通知があります。
これは小学校などで集団で行われますので受診してください。

 

引っ越しの予定がある場合は、入学予定の学校に送ってもらえます

学校が決まったらその旨を検診を受けた学校あるいは教育委員会に伝えます。

出来れば早めに引っ越しを済ませ、
入学時に間に合うように住民票を移すのがベストと言えます。

保育園や幼稚園からは、今までのお子さんの保育状況などを学校に送ってくれます。

 

2,新住所が決まったら

新しい住所が決まったらその旨、幼稚園や保育園に伝えましょう。

入学する前には、入学する小学校の入学説明会が行われますので、
入学準備に向けてのいろいろな注意事項などについて説明が行われます。

 

入学予定の学校の説明会でないと意味がありませんので、そちらに出席します。

出席できない場合は、
入学予定の学校へ連絡して資料をもらってください。

そして必須事項として絶対にして頂きたい事柄として、
入学前に通学路の確認をして欲しいです。

これは学校によっては入学説明会で伝えられるところもありますが、
それに関わらず、必ず確認しましょう。

 

またボランティアさんがいる時は、お世話になる旨伝えましょう。

集団登校の場合は、地区担当のPTAの方などに聞いて、
子供が安心して通学できるようにしてあげるとよいですね。

入学や引っ越しは、親にも子供にも大変ですが、
スムーズにスタート出来るようにしてあげて下さい。

 

転校先への手続きはいつからできるの?

(出典:https://www.pakutaso.com/)

引っ越し先が決まっている場合は、その地域の教育委員会へ連絡し、

入学する旨を伝えます。これで手続きが始められます。

手続きが終わると、入学する学校を教えてもらうと、
入学する予定の学校に連絡して、入学説明会の資料をもらいます。

そして学校指定の購入品をそろえます。

 

次は入学先の学校に連絡を入れ、住民票を移す日を伝えます

出来れば、入学説明会に出席するのが望ましいのですが、
どうしてもできない場合は学校に問い合わせをしてください。

就学前健康診断を受ける時には、
現在住んでいるところの小学校で受けてください。

その際、入学は他の地域の学校であることを伝えてください。
伝えておけば、診断書は入学予定の学校に送られます。

 

手続きには早めの行動が必要です。

間違っても手続きが間に合わず、
入学式に行かれないなどということのないように十分な配慮が必要です。

子供への配慮を怠らないことが大事です。
慣れない環境に置かれる子供のことを考えてあげてください。

通学路を一緒に歩いたりしてスキンシップを測ることが大切です。
子供のことを第一に考えてあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お役に立ちましたか?

子供が学校に慣れるのって大人が思っている以上に時間がかかり、大変なのです。

お友達がいなかったり環境になれるのに大変だったり、

子どもなりの人間関係を築くのって大人が思っている以上に子供は努力しているのです。

早く慣れるようにお母さんもがんばってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。