子供が野球のスパイクで靴擦れに!原因や対処法は?

健康
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

野球好きの子供がスパイクで靴擦れを起こしスパイク

その対処に困った経験のあるお母さん方は多いのではないでしょうか?

野球のスパイクの場合は、皮も硬く、

靴擦れができやすいのかもしれませんね。

 

子どものうち(特に低学年)は素材も柔らかく、かかとも低めのものがいいですね

足首を痛めないためにも良いようです。

靴をきちんと履く事も大事です。試合中に靴ひもがほどけてしまうようでは困ります。

ほどけないしっかりした結び方を身に着けましょう!

 

ではどうしたら靴擦れが出来なくなるのか?また靴擦れが起きる原因と、

その対処法について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

子供が野球のスパイクで靴擦れの原因は?

 

 

 

 

靴擦れの大きな原因の一つは、サイズが大きすぎて足に遊びが出来てしまうことです

つま先(足の親指の先)に少し余裕があるぐらいのものがベストと言えると思います。

またあまり靴の幅が狭いものは疲れがたまりやすく、逆に広すぎると遊びが出来てしまい靴擦れの原因になります。

※サイズのほかに、形、軽さにも注意しましょう

長時間履いて疲れるような靴は選ばないよう気をつけてあげてください。

小さいうちは体力がないので気をつけてあげましょう。

 

色々なタイプのスパイクが出ています。

年齢にあったものを、また履きやすいものを選んであげましょう。

スパイクだけでなく、トレーニングシューズで足慣らしをすることも大事です。

捻挫や大きなけがにならないようにウォームアップは大事です。

お店の方のアドバイスを受けて、自分に合ったシューズを見つけてください。

子供が野球のスパイクで靴擦れを起こしやすい箇所は?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

野球のスパイクは素材が硬いので、足首に靴擦れが起きやすいのです。

やはり履いてみて一番足にぴったりくるものが一番ではないかと思います。

また靴の中で遊びが多いものは、走った時に転びやすく危険です。

 

0.5センチ刻みでサイズはありますので、足に合ったものを選びましょう。

靴擦れをしていたのでは、痛くて試合どころではなくなってしまいます。

そんなかわいそうな思いをしないように、足に合った靴を選ぶようにしましょう。

また靴に早く慣れることも靴擦れ防止につながります。

ウォームアップシューズと併用しながら、足首を強くしていくことが
骨折やねん挫などを防ぎ、靴擦れもなくなると思います。

 

靴擦れの原因の一つに靴ひもが関係します。

きっちり結びどんなに走ってもほどけないようにしましょう。

これはどんなスポーツにも共通していると思います。

ランニングなどで、足の皮ふを鍛えることもよいのではないでしょうか。

 

我が家の中学の子は、小さいうちからずいぶんランニングもしていました。

サッカーだけでなく走るのも好きだったので、
それで皮ふも鍛えられたのではないかと思います。

靴擦れをしなくなるのには予防だけでなく、皮膚を鍛えることも大事かと思います。
姿勢もかなり影響します^^

前かがみであったりとか、歩き方がまっすぐでなかったりとかそうしたことも影響します。

ウォーキングなどで正しい歩き方をするように気をつけましょう。

 

野球スパイクの靴ずれの対処法と予防法

 

 

 

 

靴擦れが出来てしまった時は、テーピングや(靴擦れ防止用)、

保護パッドなどを貼って予防します。

 

靴擦れを防ぐ方法として、靴を履く前に靴のかかとや靴下などに、

ワセリンを塗っておくと靴擦れのできるのを防ぎます。

 

また、足の裏側等できやすい部分に衝撃吸収パッドを使います。

これははめるタイプなのでずれを防ぎます。

 

足首サポートタイプの靴下もあります。

軽いときはオロナインなどで傷口を保護します。

傷口はガーゼで押えるなどして、その後テープを貼ります。

ぬるま湯か、無い場合は水で傷口を洗うのがよいと思います。

保湿のため、消毒液は使わないほうがよいのです。

傷口がふさがるまでばんそうこうを取り換えて保護します。

 

ばんそうこうは毎日でなくてもよく、2、3日に1度交換します。

症状が重くなってしまった時は、診察を受けましょう。

靴擦れができやすいやすい人は、姿勢に原因がある場合もあります。
正しい姿勢を身に着け、前かがみにならないように注意しましょう。

ストレッチなどで姿勢を正しく保つ工夫をして見るもの大切です。

内臓もよくなり、健康な生活を送れるのではないでしょうか。

 

また日ごろからバッグの中にばんそうこうを持ち歩く習慣をつけましょう。

 

靴幅やサイズにも注意し、

大きいと思える時は中にインソールを入れて調節しましょう。

ずいぶん違いますよ。子ども用もあるので、足のサイズに合わせて購入しましょう。

 

家の中学生の子も小学校のころは、

主人がよくインソールを買ってきては足のサイズに合わせて切って調整していました。

ほとんど靴擦れが出来たことがありませんでしたから、効果があるのだと思います。

 

色々な方法があると思いますが、自分に合った方法で予防し、傷をひどくしないことです。

また食べ物などで、靴擦れが出来にくい体質を作ることが出来るかもしれません。

出来るだけランニングやウォーキングなどで、皮膚を鍛えるとよいと思います。

 

日頃から靴の減り方や、歩く時の姿勢などに気をつけて、

お家のかたがアドバイスなどをされてはいかがですか。

またウォームアップシューズやランニングシューズなどで足への負担を軽くします。

スパイクを履いた時もすり傷が出来にくくなるのではないでしょうか。

 

私も時々、ランニングやウォーキングをします。1回2~4キロぐらいです。

週1回きちんとできればよいのですが、なかなか時間が取れないので、

出来るだけ時間を作って走るようにしています。

そうすると姿勢もよくなり、内臓に負担がかからないのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私の息子、中学生の子は小学校からはずっと野球をしていましたので、

スパイクで靴擦れを起こし痛がっていたのをよく覚えています。

 

靴擦れは他のスポーツでも共通して言えることで、靴擦れを防ぐ方法は、

購入する前にお店でいろいろ履いて見て納得できてから購入しましょう!

私の息子の場合、同じメーカーの靴ばかり履いていましたので、

そんなに靴擦れに悩まされたことはありませんでした。

同じメーカーが足に合うということでしょうか。

 

靴ひももいつも固く結び、甲にあざが出来るくらいしっかり結んでいました。

試合も多かったのでシューズはすぐ傷み、何度も買い替えていました。

 

余談になりますが姿勢も影響するのではと思っています。

成長には姿勢を保つことも、大切です。いつも正しい姿勢で歩く工夫をしましょう。

 

幼少の頃は運動量も少ないと思いますが、毎日体操を行い体力をつけるようにしましょう。

寒くてもがんばってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました