お風呂後の筋トレはダイエットに効果があるの?腹筋を強くする方法は?

投稿者: | 2018年10月14日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

 

 

日常のお風呂は、湯舟にゆっくりと浸かりますか?

それともシャワーで済ませますか?

湯舟にゆっくりと浸かることは、

血行の流れを高め毛穴も開いて汚れも落としやすくしてくれる効果があります。

そのため、疲れも取りやすく自律神経を整え質の良い眠りも誘います。

この良い心地のときにもう一工夫して,

身体メンテナンスをしてみるのはいかがでしょうか。

ここでは、
「お風呂の後の筋トレはダイエットに効果は?腹筋を強くする方法!」
についてご紹介していきます。

参考にしてくださいね!
 
【関連サイト】
⇒女性の筋トレと腹筋を強化!お風呂で楽しみながら女子力アップする方法!

スポンサーリンク

お風呂上がりの筋トレダイエットとは?

お風呂の後にオススメな「筋トレ」の前に、

お風呂の後には「ストレッチ」をオススメします。

筋肉は温まると伸縮度が上がりますので、
湯上りの温まった筋肉には「ストレッチ」は効果的です。

ストレッチをすることで、身体の柔軟性も高め運動への効果も上がり、
リラックス効果も得られます。

夜のお風呂上がりの温まった時の「ストレッチ」は、
明日への動く身体の準備時間としても大切です。

コリもほぐれ、身体のめぐりもよくなると、
口から運んだ食物も必要なところに行き渡りやすくなります。

 

どこかに不具合が生じていると、別のエネルギーを使って調整してしまいます。
(どんなことでも同じかな?)

まずは、鍛える前に日頃のコリをほぐすことを忘れないでくださいね。

ストレッチだけでも、続けているとダイエット効果につながる場合もあります。

それは人ぞれぞれですし、努力次第でもあるので安易に
効果があるとは書きませんが期待はできます。

では「筋トレ」ですが、方法を熟知していてご自分の身体のために設定ができている方
湯上りに筋トレを入れても効果的ですが、安易に筋トレをしてもなかなか効果は得ら
れないので注意が必要です。

お風呂上がりは、しっかりと呼吸を整えながらゆっくりと、
じわじわ伸ばしていけるストレッチがまずはオススメです。

スポンサーリンク

 

筋トレはどこを強化するの?


 

 

 

 

ストレッチにも慣れてきて「筋トレ」も少しは取り入れてみたいな、
という方には「腹筋」「背筋」を取り入れて体幹を強化が良いと思います。

体幹を司るのは骨盤周り・背骨の周り・肩甲骨・肋骨を合わせた骨と筋肉です。
そこを鍛えることでダイエット効果にもつながります。

 

体幹を鍛えるメリット

1.姿勢が良くなる
2.基礎代謝が上がる
3.怪我をしにくくなる
あくまでも効果は期待にしか過ぎませんが、
特に腰痛持ちの方には是非この体幹強化はオススメいたします。

ここだけの話ですが、私自身ぎっくり腰に悩まされていたことがあり、
何をしても治りませんでした。

でも自力でコツコツ腹筋と背筋を中心に、
毎日トレーニングを続けて以来全くなくなりました。

その代わり、「毎日続ける」ことこれは大切です。

体幹トレーニングと調べると、筋トレ方法を仕入れることができます。
でも、やっぱり書いてみたものの気をつけて欲しいことがあります。

運動をあまりやっていない、また特に教わったことがない方は、
見よう見まねで行うのは避けるべきだと思います。

「体幹トレーニング」と探して見つかるものは確かに効果は大きなものです。
決して間違いではありませんが、素人さんが一人で黙々と続けられるものではなく、逆に怪我を
してしまったり身体を傷めてしまう可能性もあります。

是非最初は、トレーナーさんから教わることをオススメします。そしてその上で、
ご自分でも取り入れてみると良いと思います。

 

ダイエット効果って本当にあるの?

 

 

 

 

 

 

筋トレでダイエット効果はあるのか?

と尋ねられたら「あります」とお答えします。

実際のところ、筋肉量が上がったことで、

体重や身体のラインの変動はほぼなくなりました。

 

腰に肉が乗るなんて悩みはないアラサータイムを現在過ごしています。

どんなに身体を動かしていても、年齢とともに体型は変化していきます。

身体の作りと機能を把握しながら、トレーニングを積むと、

ダイエットの効果は期待できると思います。

 

まとめ

身体づくりがブームでもある現在、あんな風になりたい!

こんな風になりたい!と理想は大きく夢は膨らみますよね。

でも、人ぞれぞれ合ったもの・

自分のペースに合わせてできるものは違います。

安易に流行りに飛びつくよりはご自分の生活のペースと、

改善したいところをまずは明確にして、

「筋トレ」を探されると長続きするものに出会うのではないかなと思います。

続かなくてはダイエット効果は期待できません。

短期集中で筋トレをしたとしても、リバウンドの壁はやってくると思います。

「筋トレ」は「続ける」がキーワードです。

そしてそこで初めて、「ダイエット」に繋がるものだと私は思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。