京都大覚寺の紅葉!大沢池・夜のライトアップは必見!アクセスは?

投稿者: | 2017年10月14日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

葉のシーズン、嵐山でもライトアップされる、

スポットは多くありますが、

中でも大覚寺のライトアップは見逃せません。

 

時代劇やドラマのロケで、

よく使われるのも納得できる、

広い境内が紅葉シーズンはライトアップされます。

 

特に、夜の池にライトアップされた紅葉が、

くっきりと映り込む様は、幻想的で圧巻そのものです。

ずっと眺めているとあまりに鮮明に映りすぎて、

吸い込まれそうになります。

 

大覚寺は、代々法親王が住職を務めた、

皇室ゆかりのお寺で、宮廷風の建造物が残されているなど、

格式の高いお寺です。

 

ここでは、格式が高く、

上品な大覚寺の紅葉の見頃時期と夜のライトアップ、

嵯峨菊花展・アクセス等について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

大覚寺について

 

 

 

 

 

 

 

右京区嵯峨に佇む日本最古の門跡寺院・大覚寺は、

弘法大師、空海を宗祖と仰ぐ真言宗大覚寺派の大本山。

また、いけばな嵯峨御流の総司所、

発祥の寺としても広く知られています

 

代々法親王が住職を務めた皇室ゆかりのお寺でもあり、

宮廷風の建造物が残されており、格式の高いお寺です。

 

大覚寺は、境内に大沢池と呼ばれる、

広大な池が広がる点に特徴があります。

大沢池は嵯峨天皇が築造したもので、

国の名勝にも指定されています。

 

大沢池の周囲には、約650本の桜や楓などが植えられ、

平安時代から変わらない風景を楽しむことができます。

 

また、大覚寺は「日本の紅葉の名所百選」にも選ばれ、

皇族にも愛された、日本を代表する上品な紅葉の名所です。

 

大覚寺紅葉の見頃は?

大覚寺の紅葉の見頃は、例年通りでいけば、

11月中旬から11月末が見頃時期となっています。

 

大覚寺紅葉情報

見頃時期
11月中旬~11月下旬

拝観時間
9:00~17:00(受付終了16:30)

拝観料
大人: 500円(大沢池別途200円)
小中高:300円

住 所
京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

お問い合わせ
075-871-0071

◆ホームページ
大覚寺公式サイト  

大覚寺MAP

 

大覚寺・紅葉のライトアップ

1200年の悠久の歴史を誇る大覚寺では、

スポンサーリンク

紅葉が見頃を迎える頃「真紅の水鏡」、

と称する夜間特別拝観・ライトアップが行われ、

大沢池周辺が柔らかい光で幻想的に照らし出されます。

 

大沢池の北岸はとくに紅葉が綺麗な「もみじロード」で、

夜のライトアップではもっとも盛り上がる場所です。

この「もみじロード」と呼ばれる、

紅葉のトンネルはもちろんのこと、

見頃を迎えた紅葉の光の競演と、

水面に映し出される心経宝塔の光景の、

美しさに思わず溜息が漏れそうになります。

 

数ある紅葉のライトアップの中でも、

こんな光景を見られる名所は大覚寺ぐらいかも。

 

大覚寺ライトアップの基本情報!

開催期間
11月9日(金)~12月2日(日)

開催時間
17:30~20:30 ※昼夜入れ替え制です。

拝観料
大人:500円

小中高生:300円

詳しくは、大覚寺公式サイトをご確認ください。

 

大覚寺は「いけばな嵯峨御流」の発祥の地とされ、

毎年11月に「嵯峨菊展」が行われています。

1200年もの歴史を持つ、大覚寺の風物詩となっています。

 

大覚寺・嵯峨菊展

 

 

 

 

 

嵯峨菊は嵯峨天皇の御代、

大沢池の菊ヶ島に自生していた嵯峨野独特の野菊。

嵯峨菊は日本三大名菊の一つで、

2mを超える草丈と天に向かって伸びる花弁が特徴。

 

大覚寺では、紅葉だけでなく、

菊も同時に楽しむことができるんです。

ぜひ、風情あふれる嵯峨菊を、

楽しんでみてはいかがでしょう?

 

大覚寺・嵯峨菊展の基本情報!

開催期間
11月1日~11月30日

開催時間
9:00~17:00

拝観料
大人:800円
小中高生:600円
※名宝展入館料を含む。

詳しくは、大覚寺公式サイトをご確認ください。

 

嵯峨菊は永年にわたって王朝の気品ある、

感覚をもって洗練し、「天・地・人」の、

微妙な配置に仕立て上げた格調高い菊と言われています。

 

大覚寺への交通アクセス

紅葉シーズンは京都市内何処に行っても

駐車場を確保するのは大変。

ヘタをすると駐車場探しに疲れて、

紅葉見物どころではなくなります。

 

大覚寺は駐車場がありますが、

駐車できる台数は30台と僅か。

時間帯によってはすぐに満車となりますので、

別の駐車場を確保するか、公共の交通機関を、

利用することをおすすめします。

 

大覚寺への交通アクセス

<<電車>>

◆京都駅からJR山陰線「嵯峨嵐山駅」下車
徒歩20分。

◆嵐電嵐山線・四条大宮⇒「嵐山駅」
徒歩25分。

<<京都バス>>

◆京都駅前(烏丸口 C6)⇒京都バス4/81(約60分)
⇒旧嵯峨御所 大覚寺 徒歩すぐ

◆三条京阪前(14)⇒京都バス61/64(約60分)
⇒旧嵯峨御所 大覚寺 徒歩すぐ

◆京都駅前(烏丸口D3)⇒市バス28(約60分)
⇒大覚寺(33番停留所)徒歩すぐ

詳しくは、大覚寺アクセス公式サイトをご確認ください。

 

まとめ

大覚寺は、代々法親王が住職を務めた、

皇室ゆかりのお寺で、宮廷風の建造物が残されているなど、

格式の高いお寺です。

 

大徳寺は、秋に特別開催される紅葉の

夜のライトアップが大きな見どころの一つです。

 

夜のライトアップ時には、

大沢池の北岸はとくに紅葉が綺麗な「もみじロード」、

としてもっとも盛り上がる場所となっています。

 

京都市内夜のライトアップを開催されるところは、

多数ありますが、ここ大覚寺のような幻想的な

幽玄の世界を演出する光景に出会える場所は、

他ではないのではないかと思います。

 

大覚寺のライトアップ必見です!

是非一度ご覧ください。

 

(※注意)
※紅葉の時期は気候などによって変動します。
※各寺社仏閣の拝観時間・料金などは変更されることがあります。
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。