京都の紅葉!左京区・安楽寺と周辺おすすめ穴場スポット&混雑状況も!

投稿者: | 2017年9月16日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

京都では晩秋から冬の季節に移り変わる頃になると、

美しい紅葉のシーズンがやってきます。

 

美しい紅葉が見られるのは、

昼と夜の気温差が大きいことや、

空気に適度な湿気が含んでいる事、

そして最低気温が8℃以下になることが条件だそうです。

 

京都の紅葉が人気があるのは、

紅葉と京都の歴史的風景の調和が成り立っているからでしょうか。

 

ですがその分京都の紅葉シーズンは、

どこも観光客でいっぱいです。

どこに行っても、人、人、人。

そして道路は大渋滞!

 

特に近年は海外からの観光客が増大、

人気観光スポットは人並みで溢れています。

 

「京都の紅葉をゆっくり楽しみたい!」

と思ってきたのに、人混みに酔ってしまった・・・」

そんな声が聞こえてきそうですね。
そこで、そんな方のために、

2017年京都・左京区周辺で日帰りで紅葉を楽しめる、

安楽寺と周辺おすすめ穴場スポットをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

京都の紅葉!左京区周辺おすすめ穴場スポット

左京区は、なんと言ってもあの混雑でも有名な「永観堂」や、

詩仙堂」「南禅寺」などがあるエリアですが、

実はその付近に喧騒から離れた、

静かな穴場名所があるのをご存知でしょうか。

 

ここでは喧騒から離れ静かに心ゆくまで

ゆっくりと紅葉を堪能できる穴場スポットを紹介します。

 

京都・左京区の住蓮山 安楽寺とは?

京都左京区の鹿ヶ谷に位置する安楽寺は、

京都の夏の風物詩、中風にならないために、

中風まじない鹿ヶ谷かぼちゃ(南瓜)供養」が

行われていることで知られているお寺として有名です。

 

中風にならないために、

「かぼちゃ」を食べるんですね!

 

この安楽寺は通常非公開なんですが、

紅葉時期には土曜日・日曜日・祝日のみ一般公開されます。

山門前の参道では散紅葉で敷き詰められた光景は圧巻です。

また、本堂や書院の奥にも紅葉が楽しめます。

 

◆紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

◆時  間:9:30~16:30

◆期  間:秋の拝観 11月の全部の土日祝・12月上旬の土日
(※通常時は非公開)

◆料  金:大人・高校生500円/中学生以下無料

スポンサーリンク

 

安楽寺の紅葉が見ごろとなる時期は、

例年、11月中旬~12月上旬です。

もちろん、今年の気候によって多少は前後しますが、

今年は例年とほとんど変わらないと予想されています。

 

<<アクセス>>

◆住  所:京都府京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21

◆アクセス:JR「京都駅」より市バス
5系統・17系統で「錦林車庫前」下車後に徒歩10分

◆アクセス:京阪電鉄「祇園四条駅」・阪急電鉄「河原町駅」
(四条河原町)より、
市バスの5系統・32系統で「錦林車庫前」下車後に徒歩5分

◆駐車場:なし

◆お問い合わせ先:TEL:075-771-5360

◆ホームページ:http://anrakuji-kyoto.com/

安楽寺MAP

 

<<◆安楽寺の紅葉2017の夜間ライトアップ情報は?>>

京都の紅葉スポットでは、

夜間ライトアップを実施するところが多いですが、

残念ながら安楽寺では夜間ライトアップは実施していません。

 

せっかく京都に来たにもかかわらず、

安楽寺の紅葉を見るだけではもったいないですよね。

安楽寺周辺には他にもたくさん紅葉の名所が点在しています。

ここでは左京区・安楽寺周辺の穴場スポットを紹介します。

 

おすすめは「安楽寺~哲学の道~法然院」の散策コースですね。

哲学の道より一歩入った場所にあり、超穴場的な紅葉スポットです。

観光客も意外と少なく、喧騒を忘れて静かに紅葉を楽しみたい方には最適!

是非、立ち寄ってみてください。

 

京都・左京区の法然院

法然院は京都東山の鹿ヶ谷にあるお寺で、

方丈の狩野光信の襖絵でも有名なお寺です。

境内には砂を盛った白砂壇(びゃくさだん)がありますが、

これは水を表わし、その横を通ることで心身を浄める意味があるそうです。

 

なかでも白砂壇(びゃくさだん)と、

紅葉のコントラストは特に絵になります。

 

しかも哲学の道からそれた奥にあるので、

あると知って向かわないと分かりづらいです。

なので観光客も少なめでゆったりと、

紅葉を楽しめる穴場スポットとなっています。

◆紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

◆時  間:6:00~16:00

◆拝観日:境内無休

◆料  金:無料(建物内部非公開)

 

<<◆アクセス>>

◆住  所:京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30

◆アクセス:市バス 錦林車庫前下車 徒歩約10分
浄土寺下車   徒歩約10分

◆駐車場:なし

◆ホームページ:http://www.honen-in.jp/

◆お問い合わせ先:TEL:075-771-2420

 

京都・左京区の哲学の道

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の観光スポットとして有名な哲学の道は、

哲学者の西田幾多郎やや経済学者の、

河上肇が物思いにふけりながら歩いたことが名前の由来となっています。

 

銀閣寺橋から若王子橋へと続く、

約1.5kmの散策路沿いには疎水があり、

疏水を覆いつくす深紅のモミジは見るものを飽きさせません。

◆紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

◆時  間:散策自由

◆料  金:無料

 

<<◆哲学の道情報>>

◆住  所:京都府京都市左京区浄土寺石橋町~若王子町

◆お問い合わせ先:TEL:075-343-0548(京都総合観光案内所)

◆ホームページ:-

 

左京区・安楽寺周辺の混雑状況は?

例年紅葉シーズンになると京都市内の観光名所は,
どこにいっても大混雑です。

特に最近では外国人観光客も増加しているので、
名所どころは特に混雑がひどい状態になっています。

ただ、安楽寺周辺の混雑状況は、
清水寺・金閣寺・銀閣寺などの人気スポットと比較すると、
安楽寺周辺は紅葉シーズンでもかなり混雑がゆるやかです。

また、安楽寺の紅葉をできるだけゆったりと、
楽しみたいと思っている方は、
開門直後の、9:30~10:30ごろか、
閉門直前の、15:30~16:30ごろがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の穴場スポットは、南禅寺や・銀閣寺など、
超定番スポットの喧騒をよそに、すぐそばで静かに佇む隠れ名所です。

しかし知れ渡るのもそう遠い時期ではないと思われるので、
ぜひ今の間にこれら隠れ名所にぜひ足を運んでみてくださいね。

今年も京都の紅葉シーズンは大混雑が予想されますが、
ぜひ安楽寺とその周辺の紅葉を楽しんでください。

 

(※注意)
※紅葉の時期は気候などによって変わる場合があります。
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。