立秋(りっしゅう)とは?いつ?旬の食べ物は?【二十四節気】

立秋

日本の季節を表す言葉はいろいろありますが、

中には四季「春夏秋冬」だけでは表現しきれないと思うことは ないでしょうか?

古来から暦の上で季節を表すいろいろな季語があります。

そんな季語の一つに、「立秋(りっしゅう)」があります。

暑い夏が終わり、涼しさが伝わってくる言葉ですが、

実際はどのような気候を指している言葉なんでしょうか?

ここでは、そんな気になる「立秋」について

・立秋とは?
・立秋はいつ?
・立秋の時期に食べたい旬の食べ物は?
・立秋の挨拶文は?

についてまとめましたので、ぜひ覚えてくださいね。

ここでは、これらの立秋に関する疑問に、お答えします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

立秋とは?

 

 

 

 

 

 

立秋とは、「りっしゅう」と読み、

1年間を24に分けたときの二十四節気(にじゅうしせっき)の第13節目になります。

立秋は、太陽暦の8月8日ごろに始り、

処暑(8月23日ごろ)の前日までの約15日間、またはこの期間の第1日目を指します。

二十四節気では、 「立秋からが秋」に移り変わることを指していますが、気候的には、まだまだ暑さが厳しく体調を崩しやすい時期です。

イメージとしては、夏の終わりから秋に向かう時期ですが、

最近では温暖化の影響もあり立秋なんて本当に暦の上だけの用語で、

現実にはかなりかけ離れた感じがします!

 

立秋は太陽暦の8月8日ごろに始り、処暑(8月23日ごろ)の前日までの約15日間で、

または、この期間の第1日目を指します。

また、時候の挨拶文を出すときは、立秋から立冬の前日までが秋なので、
「暑中見舞い」は立秋の前日まで、以降は、「残暑見舞い」を出します。

また「暦便覧」という江戸時代に書かれた、季節に関する書物の中に立秋の事を、

初めて秋の気立つがゆへなれば也

と記されています。

これは現代語に直すと、
「暑かった夏も終わりに近づき、ようやく秋の気配を感じられる時期になったのでこういう名称になった」ということだそうです。

立秋はいつ?

二十四節気は、冬至を計算の起点にしており、

1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられています。

現在主流の定気法では、太陽黄経が135度のときで「8月8日ごろ」が立秋です。

立秋は、次の二つの期間を表しています。

■立秋当日
■立秋から次の二十四節気「処暑」の前日までの期間

一般的には立秋という場合は、前者の「立秋当日」のこと。

期間としては、8月8日ごろから、
次の節気の処暑(8月23日ごろ)の前日までを指します。

ちなみに、2022年の立秋は?
「8月7日」となります。

年代別の立秋は次の通りになります。
【2022年】8月7日
【2023年】8月7日
【2024年】8月7日
【2025年】8月7日
【2026年】8月7日
となります。

※立秋の日の算出法は下記を参考にしてください。

立秋は、大暑から15日後となっていますが、
現実的にはまだまだ暑く真夏のような日々が続きます。

ただ、立秋という言葉は、これで暑い夏から解放され、
「やれやれ!」という気持ちが出てくる時期でもあります。

また、気温も徐々にですが、落ち着いてくるのも事実ですね。

二十四節気の簡単な算出法

立秋になるの日は、簡単な計算で算出することができます。

その方法は、西暦の年を4で割る方法です。

●2039年まで有効なのが、次の計算式。

・4で割って余りが「3」の年は、8月8日
・4で割って余りが「3以外」の年は、8月7日

となります。

 

●2040年~2071年までは、次の計算式。

・4で割って余りに関わらず、8月7日

が立秋となります。

スポンサーリンク

 

立秋の時期に食べたい旬の食べ物は?

暦の上は立秋でも、世の中はまだまだ暑い日が続きます。
秋なんていつくるの?って感じがします。

立秋は体調を崩しやすい時期でもあるので、

食生活に気をつけていきたいところです。

スーパーやデパートの売り場では、

夏野菜を中心に売られているところが多いと思います。

早いところでは秋野菜も並び始めますよね。

<立秋のころの旬の食べ物>

【野菜】
・オクラ
・なす
・苦瓜(ゴーヤ)

【魚貝類】
・秋刀魚(さんま) など)

※オクラは夏野菜ですが、ネバネバは栄養価が高く、

食欲増進に繋がり夏バテ予防に最適ですね。

残暑が厳しい時期ですので、少しでも夏バテ対策になればいいですね。

 

 

 

 

 

 

※他にも食べていただきたい食べ物がありますが、

立秋に入った頃は夏バテ気味になる時期でもあり、

食欲が落ちやすいので、体調に合わせて食べ物を食べることが一番のオススメです。

 

 

 

 

 

 

※なすは秋野菜とされていますが、

なすそのものに水分が多く含まれており食べやすいですね。

またなすの漬物でご飯を食べると何杯でも食べれます( ;∀;)

 

立秋の候に出す挨拶文

<仕事上で使う挨拶文>
四季に応じて出す挨拶文は、どのような挨拶文がいいのでしょうか?

ここでは、取引先に手紙を出す際に添える挨拶文例を挙げてみました。

<ビジネスマナーと季節感を両立させた挨拶文>

・立秋の候、貴社ますますのご発展の事とお喜び申し上げます。
・立秋の候、ますますご清栄の事とお慶び申し上げます。

特に、取引先やお得意先に出す場合は、次のような挨拶文がいいでしょう。

・立秋の候、平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
・立秋の候、(〇〇様におかれましては)ますますご健勝の事とお慶び申し上げます。

※仕事上の文章に添える挨拶文の場合、
個人的な感情を入れた文面にするのではなく、
あくまで仕事上の関係ですので、ビジネス書式に従って出すことが大切です。

<目上の方に出す挨拶文>

日頃からお世話になっている方や恩師の方へ、
改まった形で手紙を場合も、季節の挨拶はとても大切です。

あまり改まりすぎると、堅苦しくなるので、程よい文章を心がけて、挨拶文をだしましょう。

・立秋の候、秋とは名ばかりの暑さが続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。
・立秋の候、まだ暑い日々が続きますが、そちらの天候はいかがでしょうか。
・立秋の候、暦の上では秋とは言えども暑い毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

※暦の上では秋ですが、まだまだ暑い時期のため、

先方の体調や気候を気遣う言葉を添えると良い印象を持ってもらえます。

立秋の候という書き出しは、一定の時期だけに使う挨拶文です。

8月といえばまだまだ暑い時期、

その中に「秋」という言葉が出てくると、ちょっと頭を悩ましますよね。

しかし、ビジネス文章に関して言えば、

定型文に当てはめてしまえば難しくありません。

ある程度心を許せる間柄の方の場合は、

暑さを気遣う文章を添えれば自然にそれらしい文章になります。

 

まとめ

立秋(りっしゅう)と読み、(にじゅうしせっき)の第13節目です。

現在主流の定気法では、

太陽黄経が135度のときで「8月8日ごろ」が立秋となっています。

立秋とはいえ、暑さの厳しい時期ですので、

夏バテに一番なりやすく体調を崩しやすい時期でもあります。

体調管理の上でも、

夏バテ防止にしっかりと旬の食べ物を食べて厳しい夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました