春分(しゅんぶん)とは?いつ?旬の食べ物は?【二十四節気】

投稿者: | 2017年4月19日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない漢字が目に飛び込んできて、

「これって何?」と思うことありませんか。

実際、カレンダーに書かれている『春分』には、どのような意味があるのでしょうか?

ここでは、そんな気になる「春分」について
・春分とは?
・春分はいつ?
・春分の旬の食べ物は?
ここでは、これらの春分に関する疑問に、お答えします。

スポンサーリンク

 

春分とは?

春分とは「しゅんぶん」と読み、
1年間を24に分けたときの二十四節気(にじゅうしせっき)の第4節目です。

スポンサーリンク

期間は太陽暦の3月21日ごろに始り、清明(4月5日ごろ)の前日までの約15日間、

またはこの期間の第1日目を指しています。

 

春分には、太陽は真東から出て真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

以後は夏至(6月22日)まで昼が次第に長くなります。

 

暦では春分の日(3月21日)を中日とし、前後3日ずつ合計7日間を 「彼岸(春のお彼岸)」といい、ご先祖さまの墓参りをしたり、農事始めをする時期にあたります。

この時期は、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。

昔から、「寒さ、暑さも彼岸まで…」と言われてきたように春分を境に気候に変化が現れてきます。

また、春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあります。

 

春分はいつ?

二十四節気は、冬至を計算の起点にして、1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられています。

春分とは年によって日にちが変わり、現在多く使われている定気法でいくと、3月21日頃が春分となります。

また、期間としての意味も含んでいます。

その場合は3月21日ごろから、次の節気の清明(4月5日ごろ)の前日までの期間を指します。

ちなみに、2018年以降からの春分は次のようになっています。

【2018年】3月21日

【2019年】3月21日

【2020年】3月20日

二十四節気の簡単な計算方法として、西暦の年を4で割った余りが,

「0と1」の時は、3月20日で、余りが「2と3」の時は3月21日となります。

この算出方法は一定の期限があり、
この計算方法は2023年までしか有効ではありません。

2024年~2055年までは、西暦の年を4で割った余りが「3のとき」は3月21日で、

余りが「3以外」の時が3月20日となります。

 

春分の時期に食べたい旬の食べ物は?

春分の日には「ぼた餅」を食べる風習があります。

「ぼた餅」を「おはぎ」と勘違いしている方も多いですが、

実は「ぼた餅」が正解なんです。

漢字で書くと…
・「ぼた餅」は「牡丹餅」

・「おはぎ」は「御萩」
となります。

牡丹の花は春に咲くので春分。

萩は中秋の名月のお供え物なので秋分と覚えましょう!

そもそも、萩の漢字には「秋」が入ってますね(*´∀`)

 

ちなみに、「ぼた餅」と「おはぎ」の違いは、

・こしあんを使ったものが「ぼたもち」で、

・つぶあんを使ったものが「おはぎ」という俗説もあります。

 

<春分のころ旬の食材>

春分は春本番を感じる時期ですが,

春分の時期に食べてほしい食べ物を以下に挙げてみました。

【野菜】
・ふき
・アスパラガス など

【魚貝類】
・鯛(たい
・桜海老(さくらえび)
・帆立(ほたて)など

 

まとめ

春分とは、「しゅんぶん」と読み、二十四節気(にじゅうしせっき)の第4節目です。

現在主流の定気法では、太陽黄経が0度のときで「3月21日ごろ」が春分です。

また、期間としての意味もあり、その場合は3月21日ごろから、

次の節気の清明(4月5日ごろ)の前日までを指します。

春分の日には「ぼた餅」を仏様にお供えしたり、家族揃って食べる風習が根付いています。

「おはぎ」と勘違いしている方も多いですが、「ぼた餅」が正解です。

私の小さい時に母親が作ってくれたぼた餅は、もち米にきな粉をまぶしたもので

中には何も入っていないシンプルなおはぎでした。でも母親が作ってくれるおはぎは最高の味でした。

そのせいか、今でも仏様にお供え後は「ぼた餅」を頂いています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。