啓蟄(けいちつ)とは?いつ?旬の食べ物は?【二十四節気】

投稿者: | 2017年4月18日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない漢字が目に飛び込んできて、

「これって何?」と思うことありませんか。

「啓蟄(けいちつ)」も、そんな良く分からない言葉の一つではないでしょうか

実際、カレンダーに書かれている『啓蟄』には、どのような意味があるのでしょうか?

ここでは、そんな気になる「啓蟄」について

・啓蟄とは?
・啓蟄はいつ?
・啓蟄の旬の食べ物は?

ここでは、これらの啓蟄に関する疑問に、お答えします。

スポンサーリンク

啓蟄とは?

 

 

 

 

 

 

啓蟄とは「けいちつ」と読み、

1年間を24に分けたときの二十四節気の第3節目です。

期間は太陽暦の3月6日ごろに始り、春分の(3月21日ごろ)の、

前日までの約15日間、またはこの期間の第1日目を指しています。

 

啓蟄とは、啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、

大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃のことをいいますが、

実際に虫が活動し始めるのはもう少し先になります。

主要な公園では、菰(こも)はずし を啓蟄の恒例行事にしているところが多いですね。

※菰(こも)巻き
マツカレハなどの害虫から守るために、松の幹に藁(わら)でできた菰(こも)を巻きつけること。 春になって、菰をはずすことを「菰はずし」と呼ばれています。

 

この時期は、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。

スポンサーリンク

また、春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあります。

 

啓蟄はいつ?

二十四節気は、冬至を計算の起点にして、

1太陽年を24等分した約15日ごとに設けられています。

啓蟄とは年によって日にちが変わり、

現在多く使われている定気法でいくと、3月6日頃が啓蟄となります。

また、期間としての意味も含んでいます。

その場合は3月6日ごろから、

次の節気の春分(3月21日ごろ)の前日までの期間を指します。

ちなみに、2017年以降からの啓蟄は次のようになっています。

【2017年】3月5日

【2018年】3月6日

【2019年】3月6日

【2020年】3月5日

二十四節気の簡単な計算方法として、

西暦の年を4で割った余りが「0と1」の時は、3月5日で、

余りが「2と3」の時は3月6日となります。

この算出方法は一定の期限があり、
この計算方法は2019年までしか使う事はできません。

2020年~2051年までは、西暦の年を4で割った余りが「3のとき」は3月6日で、

余りが「3以外」の時が3月5日となります。

 

啓蟄の時期に食べたい旬の食べ物は?

啓蟄に土の中から顔を出してくるのは虫だけではありません。

山菜たちも大地の栄養をたくさん蓄えて顔を出してきます。

 

その中でもぜひ食べて頂きたい食材があります。

それは「筍(たけのこ)」です。

筍は(たけのこ)は栄養が豊富で、

グルタミン酸やアスパラギン酸などによる、疲労回復効果が期待できます。

食べ方としては、茹でたり、天ぷらにして塩で食べても美味しく頂けます。

 

<啓蟄のころの旬の食材>

 

 

 

 

 

 

 

啓蟄は春本番を表す日ですが、

啓蟄の時期に食べてほしい食べ物を以下に挙げてみました。

【野菜】
・筍(たけのこ)
・蕨(わらび)
・新玉葱(しんたまねぎ)

【魚貝類】
・鰆(さわら)
・さより
・青柳(あおやぎ)など

一般的に筍を食べるのは、
5月前後と思っている方が多いのではないでしょうか。

私の経験でもやはり4-5月に筍掘りにいったり、食べたリしていました。

筍の産地が近くにあったということもあり、

シーズンになると結構賑わっていたのを覚えています。

それだけに、筍と聞けば春の到来を感じます。

おススメ料理は何と言っても「筍(たけのこ)と蕨(わらび)の白和え」ですね。

是非一度ご賞味をおススメします。

 

まとめ

啓蟄とは、「けいちつ」と読み、二十四節気(にじゅうしせっき)の第3節目です。

現在主流の定気法では、太陽黄経が345度のときで「3月6日ごろ」が啓蟄です。

また、期間としての意味もあり、その場合は3月6日ごろから、

次の節気の春分(3月21日ごろ)の前日までを指します。

 

啓蟄とは、啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、

大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、

穴から出てくる頃のことをいいますが、山菜も大地の栄養をたくさん蓄えて顔を出します。

特に山の幸としては筍(たけのこ)がオススメ!、

筍(たけのこ)は栄養が豊富で、

グルタミン酸やアスパラギン酸などによる、疲労回復効果が期待できます

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。