姫路好古園へのアクセスと駐車場は?混雑予想と営業時間を紹介!

投稿者: | 2018年9月22日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日本庭園といえば、金沢の兼六園、岡山の後楽園などが有名ですね。

実は姫路にも兼六園、後楽園に負けない庭園があるんです。

その名を「好古園」といいます。

広さではちょっと負けますが、これらに匹敵する庭園なんです。

この庭園はドラマや映画の撮影にも使われ、近年多くの人が訪れるようになりました。

庭園の立派さは見る価値は大いにあります。

 

好古園は世界遺産、姫路城の西側に隣接しています。

ここでは「好古園へのアクセスと駐車場情報!混雑予想と営業時間」
などの情報をお届けしていきます

姫路城や好古園にお出かけに、是非参考にされてください。

スポンサーリンク

好古園のアクセスと駐車場情報

好古園へのアクセスは高速道路を利用するか、
姫路バイパスの利用がおすすめです。

・中国自動車道だと福崎I.C.~播但連絡自動車道で砥堀ランプより約15分

・山陽自動車道姫路東I.C.より約20分
・姫路西I.C.より約25分

・阪神高速・姫路バイパスだと
・中地ランプより約15分

■姫路好古園MAP

 

好古園の駐車場は

さて、姫路に着いたら次は駐車場です。

好古園を見学する場合の駐車場は、
好古園周辺に、最寄りの有料駐車場、大手門駐車場があります。

一番良く利用されるのは好古園の向かい側にある大手門駐車場ですね。
ただし、時間によっては満車の可能性が高いです。

・駐車台数:普通車は555台

・利用料金は普通車の場合、最初の3時間以内が600円、

3時間を超えて1日以内 だと900円となっています。

それ以外にも姫路城の周辺にたくさんの駐車場がありますが、
どちらも時間によっては満車の可能性があります。

 

その他、公営として観光客に提供されている駐車場は、
前述の大手門駐車場含めて5か所あります。

・姫山駐車場、
・城の北駐車場、
・大手前公園地下駐車場、
・イーグレ地下駐車場です。

上にあげた5か所の駐車場はいずれも姫路城に近くにあるので、
土曜、日曜、祝日の駐車は混雑が激しく運が良ければ駐車できると思った方がいいですね。

【穴場駐車場】
穴場駐車場としては、好古園より西側方面に歩いて約300mの場所に、
野本眼科、調剤薬局(ぼうしや)のコインパーキングがあります。

値段も安価で姫路城周辺の駐車場に比べれば随分、
安く駐車できます。料金は1時間100円で利用できます。

※ただし、利用できるのは日、祭日のみと考えた方がいいです。

 
また、は姫路城の東側に元姫路警察署の跡地を駐車場に貸し出しています。
(郵便局の向かい)

スポンサーリンク

駐車台数は大手門駐車場に負けないくらいの駐車スペースがありますよー。
ただ、利用期間が不明なのが残念です。

連休や秋の行楽シーズンは特に混み合うことが予想されます。
駐車場に入るために長蛇の列ということもあるようです。

早めに行って駐車場を確保したほうがいいでしょうね。

 

駐車場の営業時間と料金

・大手門地下駐車場は7時から23時まで営業、

他の駐車場は終日営業しています。

料金は終日、最大で大手前公園地下駐車場、

・イーグレ地下駐車場が1500円、他は900円です。

どちらも安いとは言えませんが、
目的地の近くに駐車できるので便利です。

 
以上、車でのアクセスの情報でしたが、
ここからは電車でのアクセスをお知らせします。

電車

姫路好古園へは電車で行くのが便利だと思います。
駅から歩いていける距離にあります。

JRと私鉄があります。どちらも姫路まで行けますが、速いのはJRでしょうね。

■大阪方面からの場合、
新快速だと、
・大阪から約1時間、
・三宮から約40分でいくことができます。
・新幹線だと新大阪から約30分です。

■広島、岡山方面からですと、
・岡山から新幹線で約20分、
・在来線で約1時間25分。
程よい距離ですね。

私鉄だと
・阪神梅田から直通特急で約1時間30分、
・阪神・阪急神戸三宮から約1時間
姫路まで乗り換えなしの直通特急も走っています。

好古園までの移動時間は、

姫路駅からは徒歩で約15分位です。

姫路駅北口からバスも出ています。
「姫路城大手門前」下車、徒歩で約5分です。

できれば歩くことをおすすめします。

姫路城を正面に見つつ、お店を散策しながら歩くのは楽しいですよ。

 

好古園の混雑予想と営業時間

姫路城へ行って、好古園へも行くとしたら営業時間等も気になりますよね。

好古園の営業時間は基本的に、
・午前9時から午後5時まで
(入園は午後4時半まで)となっています。

姫路城から500メートルぐらいの距離にあるので、
歩いて7~8分ぐらいで着きます。

 

お城を見た後に日本庭園でほっこりするのもいいかもしれませんよ。

また、好古園は紅葉の季節はライトアップをおこなっています。

・平成30年は11月16日(金)~12月2日(日)で、
・期間中の金・土・日・祝日のみライトアップされます。

ライトアップ時は、
金曜・土曜・日曜・祝日は午後9時まで開園(入園は午後8時30分まで)です。

暗い中に燃えるような紅葉が映えて、
昼間とまた違った風景を楽しむことができますよ。

 

好古園の混雑状況はどうでしょうか

姫路城が近くにありますから、当然姫路城が混雑する、
連休中や秋の行楽シーズンは、好古園も混雑が予想されます。

特に、気候のよい紅葉の季節は紅葉見物で混みあいます。

ただ、姫路城ほど有名な場所ではないので、
ものすごい混雑にはならないようです。

姫路城は普段の時でも見学に2時間ぐらいかかるといわれています。

一日でお城を見て、好古園も見るとしたら、

やはり早めに行くのがいいでしょうね。

 

好古園の見学の所要時間は

金沢の兼六園や岡山の後楽園は広々とした庭園ですね。

ちなみに、兼六園の面積は約11・7ヘクタール、
後楽園は約13ヘクタールです。見て回るには多めの時間が必要ですね。

好古園はどうでしょうか?

好古園の面積は約3・5ヘクタールです。

後楽園や兼六園に比べると少し小さいですが、
それでも甲子園球場の約3倍弱あります。

ここで好古園について少しふれておきます。

好古園は正式名称を「姫路城西御屋敷跡庭園好古園」といいます。
市制百周年を記念して建造され、平成4年4月29日に開園しました。

9つの大小からなる庭園があり、それぞれ、違った風景が楽しめます。
姫路城を借景としているため、お城がきれいに見えるポイントがいくつかあります。
庭園を楽しみながら姫路城も見ることができるので嬉しくなります。

これらの庭園を一つ、一つ、見て回るためにはそれなりの時間が必要でしょう。
仮に一か所5分と単純計算したら全部で45分。

庭園を見るだけなら一時間ぐらいといったところでしょうか。

庭園にはお茶室があってお抹茶をいただくことができます。
和食のレストランもあります。

せっかく来たのだから、お庭を見ながら一服。
お庭を見ながらお食事。

となると2時間ぐらい必要になるでしょうか。
お庭を見ながらお茶やお食事をいただくと美味しさも倍増でしょうね。

時間に余裕を持ってゆっくり見て回りたいですよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、姫路好古園のアクセスや駐車場などの情報をお送りしました。

姫路はアクセスしやすく、駐車場等の周辺の設備も整っています。

自家用で姫路に訪れる観光客が多いのもわかりますね。

ただ、何処に行くにしても下調べは大切です。

特に駐車場や混雑状況を事前にリサーチすることが大切です。

姫路へ行くときはしっかり計画をたてて、早めに行動しましょう

そして、大いに楽しみましょう。

もちろん、姫路城だけでなく好古園もお忘れなく。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。