シュトーレンの日持ちする方法!賞味期限と保存方法はどうする?

投稿者: | 2018年10月18日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

シュトーレンはドイツの伝統的なお菓子として、ノエルケーキと共に、

クリスマスに良く作られるお菓子です。

私もレシピを持っています。ただ男の子は、

あまりケーキに興味がなく最近は作る機会も減ってしまいました。

娘も忙しいためケーキに興味がないようで困ったものです。

また時間ができたら自分のために焼きたいと思いますが、

いつになることやらと思います。

 

クリスマス前から食べ始めるのですが、ドイツと違って湿気の多い日本では、

シュトレーンの賞味期限は2週間が限度だと思います。

 

人数に合わせて、焼くのがコツかと思います

またシュトーレンはかなり甘いので、さっぱりしたレモンや、

オレンジのヨーグルト、ナシのコンポートなどを添えるとおいしさが増します。

シュトーレンは最近人気のケーキですが、ここでは、

「シュトーレンの日持ちする方法や保存方法」

などについてご紹介していきたいと思います。
 
【関連サイト】
⇒ブッシュドノエルの意味と由来は?クリスマスとの関係は?

スポンサーリンク

 

シュトーレンの日持ちする方法ってあるの?

 

 

 

 

 

 

(出典:https://www.pakutaso.com/)

家族の人数に合わせてというところが焼くときの基本かと思いますが、
(私のところは小さめです。好きな人がいないので・・・。)

以前はちょっとしたパーティやお持たせに作っていたのですが、

忙しすぎてなかなか焼く暇がないので、とても悲しいです・・・。

シュトレーンの日持ちとしてはやはり1~2週間というところでしょうか。

冷蔵保存が一番かと思いますが、冷蔵庫はやはり鮮度というか風味というものが、

落ちやすいので、二階の涼しいところで保管しています。

出来れば小さめに焼いて、自然保存が一番かと思います。

トッピングなどを工夫すれば、意外な食べ方もできて楽しみも増えます。

甘いものが苦手な人でも、甘みを抑えた食べ方でファンも増えるかもしれませんよ!

 

シュトーレンの食べごろは

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

(出典:https://www.pakutaso.com/)

味をじっくりしみこませて食べるというのが基本のようですが、

湿気の多い日本では、やはり焼いてから食べるまで2週間が限度でしょうか・・・。

もう少しおいてじっくり味わいたいところですが。

ドライフルーツとラム酒は欠かせないものですが、

お子さんのいる家庭ではちょっと無理でしょうか。シロップで代用するとか。

シロップといえば私の家には、樹齢が30年以上というレモンの木があります。

毎年100個以上の実をつけるのです。熟すのが11月ごろからなので、

ハチミツや氷砂糖を入れたシロップを作っています。

冬のかぜを防ぐため欠かせないものです。

レモンシロップも試してみてください。お子様には向いているかもしれません。

シュトーレンは薄めに切って味わう方が好きですが、

皆さんそれぞれ好みがありますのでいろいろ試してみてください。

真ん中で半分に切り切った断面から薄切りにしていきます。厚さはそれぞれです。

 

シュトレーンの賞味期限と保存方法は?

 

 

 

 

 

 

(出典:https://www,pakutaso.com/)

なぜシュトーレンが日持ちがするのでしょうか?

その秘密は小麦粉と水分の割合にあります。

小麦粉100%に対し水分は25%以下と決めれられているシュトーレンなので
(つまり一般のケーキに比べ水分が非常に少ない)腐ったりカビになったりしにくいのです。

これが日持ちする理由の最大の理由といわれています。

さらにもともと水分の少ないドライフルーツや、

ラム酒のアルコール効果で雑菌の繁殖を防ぐことができるのです。

また粉砂糖で表面をコーティングすることで、水分を抑えることができ雑菌を防いでいます。

水分の少なさやアルコールが含まれていることが賞味期限の長いことにつながっています。

手作りの場合は賞味期限は週間程度と考えたほうがよいでしょう。

 

シュトレーンの保存場所は

保存場所としては火の気のない涼しい場所が適しています。

冷蔵庫は生地が硬くなりやすく、風味も早く落ちるのでおすすめできません。

冷蔵庫よりも冷凍庫をおすすめします。食べるときにはオーブントースターで、

表面がカリカリになるまで焼き上げます。

クリームチーズやお好きなものでトッピングして召し上がれ!

少しづつ食べて味わうというところにこのケーキのよさがあると思います。

 

まとめ

チョコレートケーキも、ケーキの種にココアを入れ(砂糖は控えめに)、

オーブンで焼き、湯煎した板チョコレートをナイフでコーテイングするだけで出来上がり・・・。

オーブンがなくても厚めの鍋に鍋の深さに切った少し厚めのボール紙を、

ホチキスで止め、鍋の底にクッキングシートを敷き、種を流し込み、

弱火でふっくらするまで焼きます。
(クッキングシートは円形に切って少し深めにして作る)

焼きあがったらチョココーティングして冷蔵庫で冷やし固めます。

かんたんですので、時間があったら作ってみてはいかがですか?

 

ノエルケーキよりは簡単です!

 

小さなものだったらオーブントースターでも焼けます。

クリスマスのケーキはさまざまで、

シーズンにはいろいろな趣向を凝らしたケーキが、店頭に並びます。

娘の小さい頃は、よくヨーグルトケーキも作りました。

レモン味のケーキで素朴な味でしたが、喜んで食べていました。

 

鶏丸ごと1羽に、レーズンと玉ねぎのみじん切りと,

ベーコンのみじん切りを詰めたものに、

スパイスを入れ、オーブンで丸ごと焼くのですがクリスマスの定番料理でした。

娘の友達の家族も一緒にクリスマスパーティを楽しみました!

 

簡単な料理でいいので、皆で一緒に楽しむことができればよいのではないでしょうか。

家族だけでなく、友人と一緒のパーティも楽しいものです!

今はだんだんそうしたことが少なくなり、家族単位になっています。

大勢で楽しむことをしましょう!

一人より二人、三人の方が楽しいと思えるようになれると、

ちょっと古いかもしれませんが、友達の輪みたいなものができるといいと思います。

あまり堅く考えずに、気軽に声を掛け合ったらよいと思います。

 

子供の世界でもそうですが、いつの時代でも年齢に関係なく、

友達作りを上手にしている子もいます。

 

声をかけて、仲間に入れて一緒に遊んであげたり、

子ども同士でもそうした気づかいをしています。

お家でちょっとしたクリスマス会をしたりして、楽しんではいかがでしょうか。

楽しみや親密度が増すと思いますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。