田無神社の初詣の待ち時間や駐車場は?三が日限定の御朱印も

投稿者: | 2018年10月17日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東京都西東京市にある「田無神社」をご存知でしょうか。

「田無神社」の創立は鎌倉期で田無の地にずっとある地元ではよく知られた神社です。

 

毎年、お正月には決まって初詣に出かける方も多いと思うのですが、

混雑を避けるために、大晦日から並ばれる方も多いですね。

 

お正月の初詣はそれぞれのご家庭で、恒例行事になっていたり、

お友達や恋人とウキウキしながら出かけるのもまた楽しい時間です。

待ち時間も楽しい時間の一部だったとしてもなるべくならば、

少しでも混雑は避けたいものではないでしょうか?

 

そんなお正月の初詣で大勢の人で賑わう田無神社へのアクセスは

毎年かなり混雑で周辺の道路が大混雑します。

そんな「田無神社の初詣の待ち時間や駐車場や三が日限定の御朱印情報」

などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

田無神社初詣の待ち時間と駐車場は?

東京都西東京市にある「田無神社」は、

西武新宿線の「田無駅」から徒歩7分程度のところにある神社です。
創立は鎌倉期で田無の地にずっとある神社です。

この神社の歳旦祭(初詣)はとても賑やかで、境内には出店も並びます。
皆が楽しみにしているおみくじの種類もとても豊富です。

お参りの混雑は非常に高いです。

大晦日の夜から次第に人の列が出来始め、
年越しを迎える頃には神社の外まで行列ができています。

この神社には金・青・赤・白・黒「五龍神」が祀られています。

それぞれ、ご利益が違います。

 

そして、もう一つ!混雑時にこんなとっておき情報です。

通常ならば、「本殿」にお参りをしてから他の神を回るのですが、

この神社ではその順番は気にしなくて良いそうです

私もとても混雑しているこの時期は、自分のお参りしたい神(龍)から参拝します。

最初はいけないことかなと思っていましたが、構わないそうです

お陰で初詣の待ち時間はあまり気にしなくなりましたよ^^

 

田無神社の駐車場とお参りの仕方は?

 

 

 

 

 

 

 

 

板に手をつき、下から覗くように神(龍)の顔を見ながら願い事をしてくださいね。

この神社には、立体駐車場が設けられていますが、
当然その混雑は3が日の間は続いています。

田無駅の前にあるアスタ(というショッピングビル)の、

駐車場(提携含む)の利用もできると思います。

その他駅周辺に、西武スマイルパークや、
タイムズなど神社よりの北口周辺だけでも9箇所あります。

・収容台数は20-50台弱
・料金は平均30分200円です。

ですが!!
駅も近いため、交通機関を使って参拝された方が無難だと思います。

・西武新宿線なら田無駅北口から徒歩6分

・西武池袋線をご利用ならば「ひばりヶ丘」から、
西武バスで武蔵境行きに乗り「北原住宅」で下車して徒歩5分。

スポンサーリンク

・吉祥寺からは、花小金井行きに乗り、「田無三丁目」で下車して徒歩3分。

ご参考まで。

 

田無神社年末年始の営業情報と屋台情報

 

 

 

 

 

 

田無神社では、12月31日の午後3時から「大祓式」が行われます

これは、日頃の感謝をお伝えし、半年間の罪と穢れを払い落とす儀式です。

大晦日の夜は、保谷和太鼓でカウントダウンをして新年を皆で迎えるそうですよ。

 

除夜祭は、午後11時から開始です。

ご祈祷時間については、
・12月31日(夜間)は、  0時から2時まで
・1月1日       午前11時から午後5時まで
・1月2日と3日    午前9時半から午後5時まで
・1月4日以降      午後9時半から午後4時まで

屋台には、クレープ・シャーピン・たこ焼き・綿菓子・りんご飴・チョコバナナ・フラ
イドポテトなど、10軒以上毎年境内に出店しています。

それとは別に、お酒やつまみの串や貝類、
そばや甘酒を食べたり飲んだりできるテントがありましたが、
2017年はいつものテントがなったような記憶があります。

 

田無神社・三が日限定の御朱印

 

 

 

 

 

 

「朱印」とは、主に寺院や神社で参拝者向けに押印される印影のことです。

田無神社の御朱印は、巫女さんの袴の結び目をモチーフにしたものです。

この年初めだけ、このとき限定の御朱印が登場します。

田無神社限定の御朱印手帳も配られているようですので、
手帳に毎年押印していくのも思い出にもなり、楽しいかもしれませんね。

あなただけの一冊を、思い出とともに作ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて、田無神社を訪れたときはこんな素晴らしい,
神々がいらっしゃるとは存じませんでした。

毎年、五龍神のお守りを1つ購入します。(5つ購入もできますよ)

ご利益があるかどうかというのは個人的な問題ですので控えますが、
とても安心できることは確かです。

もう一つ、神社の境内に「津島神社」があります。
ここには素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られています。

子育ての神様でもあります。

その脇に「子育て親子石」と「子育て犬」が祀られています。

妊婦の時に、ここにお参りをし、石を撫でさせていただいたことは忘れません。

その後、無事に元気な命が誕生し、今でも毎年この時期に参拝しています。

このように田無神社でのお参りは子育てにとてもご利益がありそうです。

あなたも是非、田無神社の初詣にお出かけになりませんか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。