宮ケ瀬イルミネーション2018開催場所と期間は?見どころと人気の屋台を紹介

投稿者: | 2018年9月25日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

宮ケ瀬ダムは、神奈川県にある6つのダムの一つとしてつくられた
もので、津久井湖や、相模湖などとともに神奈川県の水を支えて
います。

宮ケ瀬イルミネーションの魅力の一つはその豊かな水にあるのでは
ないでしょうか。

あのジャンボツリーをささえているのもダムの水なのです。

そう思うと水の力ってすごいなと思いますよね。

虹の噴水も人気の一つで、他では見られないものの一つだと思います。

とういことで今回は、
「宮ケ瀬イルミネーション2018開催場所や期間、見どころと人気の屋台」
情報をご案内します。

 

【良く読まれている記事】
⇒宮ケ瀬クリスマス2018のアクセスや駐車場は?見どころと参加料金は?

スポンサーリンク

宮ケ瀬イルミネーション2018の開催場所

宮ケ瀬イルミネーション2018の基本情報

■宮ヶ瀬イルミネーション開催場所:神奈川県清川村宮ケ瀬 宮ケ瀬湖畔園地

■期 間:11月24日(土)~12月25日(火)(2018年度)

■時 間:17:00~22:00

 

宮ケ瀬イルミネーション屋台情報

寒いので何といっても温かいものに限ります。

また歩きながらホットドックなどを食べると、体も温まります。

(ほかの人迷惑にならない程度に)

スポンサーリンク

 

地元の人たちもたくさん出店しているので、
ここでしか食べられないものもあります
(※宮ヶ瀬の屋台の特徴は地元の屋台が多いということですね!)

ふろふき大根やモツになども人気の品で,
おでんなどと並んで上位にランクされているようです。

じゃがバター、豚汁などもお子さんたちにも大人気
じゃがバターはお父さんたちもおつまみとして楽しみにしているようですよ。

他に屋台の定番のフランクフルト、
お好み焼き、炭焼きの肉なども出ています。

また品数もどんどん増えていて、
今年は何をたべられるかとこれを楽しみに、
毎年訪れる人も少なくないのだそうです。

大きなクリスマスツリーを間近に見ながら、

温かい飲み物や、食べ物でハッピーな気分になってくださいね。

 

宮ケ瀬イルミネーションの見どころ

宮ケ瀬ダムのつり橋イルミネーション、

この橋はもともと愛川や厚木への交通路として作られたもので、
橋をつないで対岸への行き来のために作られたものです。

早くからあり、通行のために使われていました。

全長315メートルの宮ケ瀬水の郷大つり橋と、
園地から大つり橋までの歩道180メートルを,
約30万球のイルミネーションで華やかに彩られています。

こちらは光のトンネルとして人気の場所です。

水の郷商店街からけやき広場へ降りるメイン階段にかけられた光のトンネルです。

橋を渡るときには通行料300円がかかります。
これはイベントにかかる費用を通行料という形で協力していただくというものです。

光のトンネルの中は幻想の世界・・・。別世界のような雰囲気です!
一方通行なので、どちらから回るか順路を考えていった方が良いと思います。

また戻るようではむだなので。戻るときはシャトルバスを使います。

■花火
初日に打ち上げられます。モミの木が花火の明かりに映えて、とてもきれいです。

ぜひ一度見ていただきたいと思います。

イベントもありますから、花火と一緒に楽しんでくださいね。

 

宮ケ瀬周辺の見どころ

■水とエネルギー館
科学博物館で宮ケ瀬湖畔園地の中にあります。

体験型の施設で楽しみながら、科学を学べるというものです。

興味のある方はのぞいてみてはいかがですか?

 

■服部牧場
ここは小学生がよく遠足で訪れるところです。

赤ちゃん牛に哺乳びんでミルクを飲ませるところなどが見学できます。

大きな哺乳瓶で飲ませるところはちょっとびっくりかもしれません。

 

■鳥井原ふれあいの館
ここへはJR横浜線、京王相模原線橋本駅からバスが出ています。

鳥屋はしし舞でも有名で、みなさんが思っているようなしし舞ではなく、

独特の衣装に身を包み、何人かで踊るもので、越後じしを連想させるような踊りです。

ふるくからあり、有名なものです。

 

また組みひもも古くから盛んで、帯締めなどが織られてきました。

隣の八王子市は織物の産地として知られ、やはり組みひももよく知られています。

また時間があれば、虹の大橋も訪ねてみてください。

 

食べ物では三ヶ木へ降りる途中にある、

青山というスパゲティの店がおいしいそうです。

小さなお店ですが、古くからあり地元の人たちに親しまれています。

 

周辺には釣りができる場所もあり、
釣りの好きな方は訪ねてみてください。

アユやニジマスなどの宝庫として釣りマニアに有名知れ渡っています。

 

まとめ

クリスマスの過ごし方はいろいろです。

以前は、氷川丸のクリスマスイルミネーションを見に行っていました。

横浜は船が多いので、クリスマスには日本丸などあちこちで、
イルミネーションが見られるのですが、
宮ケ瀬がこんなに人気があるなんて知りませんでした。

家族でゆっくり楽しめること、
また屋台が人気なのはあまり待たずに買えるので、
レストランのような順番待ちではないのが良いのかもしれませんね。

数もたくさん出店しているので・・・。

建物の中ではなく、夜空を眺めながら、
おいしいものを食べ、華やかなクリスマスイルミネーションを楽しむ。

ある意味こんなぜいたくなことはないのかもしれません。

少し寒いのが気にかかるところですが、カイロなどで十分保温をして
かぜをひかないようにして楽しんでください。

お子さんたちが大きくなったら、またご夫婦で楽しまれたらどうでしょう。

楽しみ方は、色々だと思います。

すてきなクリスマスを過ごされることを願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。