靴のサイズが大きい場合の対処法と注意点!グッズの種類は?子供は?

靴が大きい場合の対処法健康
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

靴が大きい場合の対処法

子供の靴選びってなかなか大変ですよね。

成長が似通っていて、同じサイズに集中したりして、
なかなかサイズがなかったりします。

靴のサイズが大きい場合の調整方法として、
1,中敷を入れる。
2,厚い靴下を履く。
3,つま先に詰め物(パッド)を入れる。
といろいろな靴のサイズの調整方法があります。

でも少しサイズが大きいぐらいなら、
何とかなると思って買う人が多いんですね。

靴のサイズは基本的に0.5センチ刻みとなっていますが、
思うように合わせられず苦労する人が多いようです。

靴のサイズが大きすぎてどうすればいいの?
と悩んでいる人にその方法をお知らせします。

このサイトでは「靴のサイズが大き場合の対処法」と、
「中敷きや詰め物の仕方」などについて紹介します。

参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

靴のサイズが大きい場合の対処法と注意点は?

 

 

 

 

 

 

この靴大丈夫かな?と思ってためし履きをして、
購入しても結果的にサイズが合わなくなるのは、

靴が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、
時間がたって足がむくむためなんですね。

靴のサイズが大きい場合の対処法は、
インソールで調整する方法がベストです。
1,中敷を入れる。
2,厚い靴下を履く。
3,つま先に詰め物(パッド)を入れる。
といろいろな靴のサイズの調整方法がおすすめです。

注意点は、
靴のサイズが大きいまま履き続けると脱げないようになり、
すり足になる傾向があります。その結果ガニ股になります。

ガニ股は足に負担がかかり転倒の原因になるので要注意です。

また靴に引っかかり捻挫や骨折したり、
前の方に重心がかかるので、靴擦れや外反母趾の原因にもなります。

一番多いのが靴擦れが起きやすく、
前のめりで不自然な姿勢で歩くことになり、
足への負担が大きくなるので早めの対処が大事です。

靴の大きさを調整してくれるグッズの種類は

靴にはいろいろのタイプやサイズが豊富にあります。

どんな方法だとサイズの大きい靴を、
ピッタリと履くことができるのかご紹介します。

中敷を敷く

大きい靴の調整でぱっと頭に浮かぶのは、中敷きですね。
中敷きは防菌・消臭効果が高いです。

また子供の歩行やスポーツの時など、
クッション性のある中敷きを使うことによって、
けがの予防や疲労を軽くしたり、運動能力がよくなります

中敷きの厚さを選べば、ほんの少し大きめの靴から、
ちょっと大きめの靴まで、何とか対応することができます。

中敷きは、100円均一でもいろいろなタイプのものを売っています。

厚めの靴下を履く

厚めの靴下を履いて、靴の大きさに合わせる方法です。

女性の場合は厚めのタイツを履きその上に、
靴下を履けば0.5cmほど大きくなりますね。

男性の場合は、厚めの靴下を1枚履き、
もしくは5本指靴下のような蒸れにくい、
靴下の上から靴下をさらに1枚履いて大きさを調整できます。

つま先に詰め物をする

大きい靴の応急処置として、つま先に詰め物をするというのは、
あなたも一度は経験があるのではないでしょうか?

靴の蒸れを防ぐには、
メッシュ入りのインソールがおすすめです。

一番のおすすめはソフトタイプのフルインソールですね。
フルインソールは柔らかくクッション性があるので、
足が疲れにくく足への負担もやわらげられます。

スポンサーリンク

100均やホームセンターなどいろいろな所で、
靴専用の詰め物が売られています。

ティッシュなどを詰めたりして応急処置は、
一時的に痛みを和らげることはできますが、

長期間痛みを和らげることはなく、
却って足を傷める原因となります。

靴の種類はいろいろ

 

 

 

 

靴の種類はたくさんありますが、以下に主なものをご紹介します。
・スリッポン
・レインシューズ
・サンダル・ミュール
・カジュアルシューズ
・ブーツ
・長靴・レインシューズ
・スニーカー
・女の子用フォーマルシューズ
などたくさんのシューズがあります。

ティッシュなどを詰めたりして応急処置は、
一時的に痛みを和らげることはできますが、

長期間痛みを和らげることはなく、
却って足を傷める原因となります。

また靴の蒸れを防ぐには、
メッシュ入りのインソールがおすすめです。

中でも一番のおススメはソフトタイプのフルインソールですね。
フルインソールは柔らかくクッション性があるので、
足が疲れにくく足への負担もやわらげられます。

つちゆび(ハンマートゥ) つちゆびとは、Z字型に曲がって固まった足の指のことです。 特定の靴を履いているときに痛みを感じることがあり、一部の患者では、足の指の付け根が痛みます。 … 幅の広い靴や、つま先用パッドで刺激を和らげることができ、装具で痛みを軽減できます。

キッズ用インソールの種類は

キッズインソールは、子どもの靴の中に敷く中底のことです。
通常は、インソールのことを「中敷き」と呼ぶます。

また、インソールは、
靴によって取り外しができるものと、できないタイプがあります。

人気のあるインソールは、
・中敷きインソール子供靴:コロンブス
・子ども用フットソリュージョン
などは蒸れを防止する効果が高いです。

大き目靴のサイズ調整にはインソール中敷き立体タイプがあります。
・子供 ・ジュニア ・キッズなど。
・サイズに合わせてカットするタイプ(S)(Ⅿ)の2種類
・上履き専用タイプ S Ⅿ Ⅼ
通気孔がたくさんあり蒸れを防ぎます。

つま先の隙間カバーのために布や、
出来ればつま先用クッションを使用しましょう。
つま先の痛みからも解放されますよ。

その他の方法として
靴下などで厚みを調整する方法もあります。

どうしてもうまく行かないという場合には
専門家にお任せしましょう。

コストはかかりますが、フィットした満足感が得られます。

靴のサイズが大きい子供の場合はどうする?

 

 

 

 

子供は、あっという間に大きくなるので、
サイズ選びに悩む人も多いですね。

ちょっと大きめを買ったけど、
子供が歩き難くそうにしているという場合もあります。

原因はもちろんサイズが合わないためですが、
無理して履き続けると、足の変形の原因になるので要注意です。

また転んだりしてケガの原因にもなります。
少し大きめという場合には大人と同じようにインソールで調整しましょう。

インソールは子供用に様々なサイズが用意してあります。

中に中敷きが入っていればそのまま利用できますが、
ない場合は前に履いていた靴に合わせて、少し大きめにカットします。

カットしたタイプもあります。
S・Ⅿと2種類あるので選んで使ってみて下さいね。

おすすめのインソールは

・アシックス キッズ中敷き
・絵合わせインソール中敷き
・キッズインソールトドラー専用
です。

後は
・タンパッド(甲の調整)
・かかとパッド
・厚手の靴下
などで調整します。

つま先に詰め物をするのは、大人と同じようにハンマートゥなど、
骨の変形につながるのでやめた方がいいですね。

また靴擦れの原因にもなるので用心して、
なるべく足にすき間が出来ないようにしてあげてください。

足にあうサイズの靴を買う方法とは

ピッタリの靴を見つける方法があるのでご紹介します。

「靴を買う時は夕方にした方がいい・・」と言われたことがあると思います。
理由は、足が少しむくんだ状態になるので丁度いいんだとか・・。

靴の種類は、革靴やスニーカーは履いている間に、
伸びてくるので、足の甲が少し押されるくらいを選ぶのがいいです。

靴のサイズが大きい時の応急処置法は?

靴のサイズが合わない時の対策をしてたのに、
突然外出先で足がガバガバ、ユルユルになった時の緊急対処法です。

これだけは必ず用意しておくと安心ですよ。

1,絆創膏
2,ティッシュペーパー

絆創膏は、ユルユルで足ずれを起こした部分に直接貼ります。
足に傷が無ければ靴の方に直接絆創膏を貼った方が滑りにくくて楽になります。

例えば、
足に豆ができたり、擦れて水ぶくれになっている時など、
足にも絆創膏を貼るようにしてください。

ティッシュペーパーは、
緊急の足先クッション代わりのなると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
良い解決方法は見つかりましたか?

子供の足っていつまで大きくなるの?
って思われる方もあると思います。

まあ、成長が止まればということでしょうか。

うちの中学生はすでに27センチの靴を履いていますが、
高校生になれば止まるかと思います。

小さいうちは大人が気をつけて、
足の変形を作らないようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました