「甘酒と生姜」を材料にして作ると高血圧予防になるってホント!

投稿者: | 2017年3月14日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

「飲む点滴」と言われる甘酒ですが、

甘酒は一体どのような効果があるのでしょうか?

テレビで話題の林修の「今でしょ」で取り上げられていました。

テーマは「名医が進める、甘酒の効果がすごい!」

というテーマで、甘酒の持つ効果を5つ紹介していました。

スポンサーリンク

1.不眠症の改善

2.便秘解消と免疫力のアップ

3.高血圧対策

4.目の下のクマ対策

5.肌荒れ防止、アンチエイジング効果

今回は、

その中でも私が一番身近に感じている、

「3.高血圧対策」

についてです。

甘酒に含まれているペプチドが血圧上昇を抑える!

「甘酒のペプチドに、
血圧上昇を抑える効果がある」

※但し、飲む”温度”と”時”間が大切!

と話しておられたのが、

東京女子医科大学

市原 淳弘 先生

です。

・甘酒には、様々な栄養分が、

吸収されやすい形で多く含まれている。

・しかしカロリーもたくさんある。、

おまけに、

甘酒に含まれる成分は非常に繊細。

「だから、飲み方に

気をつけなければならない!」

スポンサーリンク

と市原先生はおっしゃいます。

今回紹介するポイントは、

「米麹(こめこうじ)の甘酒」

ペプチドです。

(※ちなみにペプチドとは、血圧を上げにくくする成分です。)

血圧はなぜ上がるのか?

そもそも、

血圧はどうやってあがるのでしょうか?

その仕組はこうなっているそうです。

・血液中に悪さをしないホルモン

「アンジオテンシンⅠ(ワン)」

がたくさん含まれる



・ストレスや肥満などが原因で、

ACE(エース)という酵素が活発に働く。



・ACEはアンジオテンシンⅠを

悪い働きをするホルモン、

「アンジオテンシンⅡ(ツー)

に変身させてしまう。

・「アンジオテンシン Ⅱ(ツー)は、

血管をキュッと締める(収縮させる)作用がある。


本来、おしっこ(尿)から排出するはずの塩分を

出させなくしてしまう。(血液中にためる)


その結果、血圧は上がる=高血圧になる。

のだそうです。

ペプチドが高血圧対策に良い理由

そこで、

ペプチドの出番がやってくる訳です。

悪い酵素・ACEと、

無害なホルモン・アンジオテンシンⅠ

が結びつくのを、このペプチドが邪魔をしてストップさせて

有害なホルモン・アンジオテンシン Ⅱ

に変身するのを防ぐのです。

 

ペプチドの働きのおかげで、

血圧の上昇にブレーキをかけることができる

というわけですね。

「甘酒は薬ではないので、
急に血圧が下がるわけではありません。」

 

早い人で効果がでるのは、

3ヶ月くらい。

長い人で効果がでるのは、

6ヶ月くらいかかる。

そうです。

 

ただ、高血圧は人によって様々な要因があります。

食品の効果だけに期待するのではなく、

ちゃんと専門医と相談しながら

実践をするようにしてください。

 

私も現在、心臓病を患い同時に高血圧も発症し、

治療のため専門の心臓病センターにかかっています。

私は血圧が高くないので大丈夫と、

思っている人は気をつけてくださいね。

人間て年齢とともに、どう変化するか分かりませんから。

なので、

「高血圧にならない」

ように、早めの予防対策を取るように心がけておきましょう。

 

血圧を下げる効果がある、生姜+甘酒のレシピ!

オススメレシピは、

「ジンゲロンが入った生姜を甘酒にプラス」

することです。

※生姜にはジンゲロンとかジンゲロールと言われる、

辛味成分が入っています。

この成分が末梢の血管を開いてくれるので、

血流がよくなり、結果、血圧を下げてくれる効果があるそうです。

生姜のおろしかたにもポイントがあります。

生姜の皮の成分(ジンゲロン)にも、

利尿作用があり、その中に、

尿で塩分を排出する成分が含まれているそうです。

皮も一緒におろして甘酒に入れると、

甘酒のペブチドとの相乗効果がでて、

血圧を上げにくくする効果がより期待できるのだそうです。

 

飲み方の注意!

血圧を上げるホルモンは日中よく働くので、

「朝に飲んだほうが良い」

そうです。

また、

米麹の甘酒には、ペブチドの他にも

消化酵素が含まれているため、

「高い温度に弱い」

のだそうです。

※消化酵素⇒食べ物が吸収しやすいように、

分解してくれる働きをもつ。

そのため、注意点として、

・温めすぎない

・常温か冷やして飲む。

これが大切です。

ちなみに私は、冷蔵庫にいれて保存しています。

折角の「酵素」が無くなったら台無しですものね。

 

まとめ

 

血圧を下げる効果がある飲み方は・・・

・米麹の甘酒を使う

・生姜を皮ごとおろしてプラスする

・常温もしくは冷やして飲む

・朝に飲む

※米麹の甘酒はノンアルコールなので、飲酒運転にならないので安心です♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。