湘南ひらつか七夕まつりの日程と場所は?見どころと楽しみ方は?

投稿者: | 2017年4月8日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

平塚の七夕祭りは正式には「湘南ひらつか七夕まつり」と言われ、
湘南地方で夏の始まりを告げるイベントとして開催される日本有数の七夕祭りです。

毎年7月に開催される、

「湘南ひらつか七夕まつり」は、

関東三大七夕まつりの一つに挙げられ、数ある七夕まつりの中でも人気が高く、 3日間の約170万人以上の人が集まる七夕まつりとしても有名です。

平塚の七夕飾り「竹飾り」は、仙台の七夕祭りに負けず劣らずと言われるぐらい豪華で華やかなんです。

スポンサーリンク

今回の記事では

2017年平塚の七夕祭りの開催場所と日程や時間、見どころと楽しみ方についてご紹介します。

湘南ひらつか七夕まつり開催場所・日程と時間

ひらつか七夕祭り2017について

<場所>
JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
(〒254-0043 平塚市紅谷町が中心となります。)

<日程>
平成29年7月7日(金)~9日(日)

<時間>
午後9時まで(最終日は午後8時まで)

<問い合わせ先>
・湘南ひらつか七夕まつり実行委員会
(事務局:平塚市役所商業観光課)
・電話:0463-35-8107

<アクセス>

■電車
JR平塚駅 徒歩2分

■車
圏央道・茅ヶ崎海岸ICから約10分
小田原厚木道路・平塚ICから約20分

■駐車場
※当日は大変な人出となり、交通規制もあるため、車で現地入りするのは大変です。
無料駐車場に確実に駐車できるかどうかも不明なため、公共交通機関を利用しるほうが得策です!

湘南ひらつか七夕まつりとは?

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

平塚は海軍火薬廠があったため昭和20年7月の大空襲で壊滅的打撃を受け、中心市街地の約70%が焦土化となってしまいました。

終戦後に市民が力をあわせて復興に取り組んだ結果、5年後には一安心となるほどに回復。 それを記念した「復興まつり」が昭和25年に開催され、街全体が大いに盛り上がりました。

そこで、平塚市が中心となって昭和26年7月に仙台の七夕まつりを範とし、平塚商人の心意気を吹き込んだ第1回七夕まつりを行いました。これが現在の日本を代表する七夕まつりに成長に繋がっています。

市民のまつりへ

かって七夕まつりは平塚市の主催で開催されてきました。それが2011年に発生した東日本大震災がきっかけとなって市民主催の祭りへと生まれ変わりました。

元々七夕まつりは平塚市の「戦後の傷跡の復興」を祈願して始まったまつりです。東日本大震災も多大な犠牲者と被害者が出ました。互いの苦しみ、悲しみを考えれば震災後の復興を願うのは人として自然の流れといえます。

 

ひらつか七夕祭り見どころと楽しみ方は♪

平塚の七夕祭りといえば、「竹飾り」が有名ですが、

何と言っても見所はいちばん大きな飾りのある「湘南スターモール」ですね。

平塚の吹き流しは、骨組みに竹・吹き流し部分にビニールが使われている。巨大で丈夫なもの。その丈夫さを生かして、電飾が施されているのが最大の特徴です。

また、応募者数50名の中から、インターネットで最終投票され選ばれた3人の織り姫が、 湘南ひらつか七夕まつりでデビューをし、今後一年間様々な公式イベントで活躍します。

七夕まつりの期間中は、パレードや市中訪問や、来場者の前に現れますので楽しみですね!

<2017 織り姫の紹介>

●小西 絢乃 (こにし あやの)

年 齢:20歳
住 所:平塚市
職 業:大学生

●齋藤 栞 (さいとう しおり)
年 齢:18歳
住 所:平塚市
職 業:大学生

●小泉 まりな (こいずみ まりな)
年 齢:21歳
住 所:平塚市
職 業:大学生

 

ひらつか七夕祭りの楽しみ方は?

ひらつか七夕祭りを始めて見る方は事前に予備知識を入れていると言っても
やっぱりどのようなお祭りなのか気になりますよね。

ということで、ひらつか七夕祭りの楽しみ方について紹介したいと思います。

ひらつか七夕祭りを見ながら露店めぐりを楽しむ

ひらつか七夕祭りの七夕飾りは七夕飾りのコンクールをやっているものもあり多種多様の七夕祭りがあります。

夜になるとライトアップもされ幻想的なその綺麗さは言葉では言い表せません。

カメラのシャッター音がとぎれることが無いほど見物客はその華麗な姿に目を奪われます。七夕祭りを見ながら露店めぐりをするのも楽しいですね。

お願い事を短冊に書く

七夕といえば、お願い事を短冊に書くのが定例行事ですよね。

湘南ひらつか七夕まつりの名物の一つに「七夕願いごと短冊」をしており、100円で購入して短冊を飾ることができます。

短冊を見ると色んなお願いごとが書いてあり、見るだけでも楽しめますが、

滅多にない機会ですから、一度やってみてはいかがでしょうか。

 

湘南ひらつか七夕まつりの人出は?

湘南ひらつか七夕まつりに出かけてみようかと思っていたら、

すごい人込みだと聞いてビックリ!尻込みしたりしますよね。

湘南ひらつか七夕まつりの人出は、平成5年がピークで、およそ361万人の人出を記録しています。

その後減少傾向にあり、今ではだいたい280万人前後に落ち着いているようです。

不況続きだったせいもあり、ひらつかの七夕まつりにも多少なりの影を落としているようです。

豪華絢爛で人気が高かいひらつか七夕飾りも不況の波を被り、影響を受けている感はいなめません。

それでも、全国的に数少ない風情ある七夕まつりとして毎年多くの人が訪れています。

けれど、280万人とは凄い数ですね!

花火大会は時間帯に人が集中しますので、大変な混雑になりますが、、
七夕まつりだと、日中楽しむ人と、日が暮れてから楽しむ人とで、
多少分散されますので、竹飾りを見ながらブラブラして見るのはいかがでしょうか。

湘南ひらつか七夕まつりのまとめ

日本三大七夕に数えられる『湘南ひらつか七夕まつり』は、物凄い数の露店がある事でも有名です。

あらゆる小道ににも露店がズラリ! 露店の品評会状態その様子は圧巻です。

一説によるとこの祭りの露店スタイルがその年の露店スタイルの流行になっているそうです。露店の品評会が見られるなんて露店巡りも楽しそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。