大人が毎月風邪をひく原因とは?食べ物で改善できるの?

投稿者: | 2018年11月1日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

 

 

寒くなると大人が毎月のように風邪をひくことってないですか?

なぜ風邪を引くのかその原因が分からず悩んだりすることがあると思います。

 

原因の一つには免疫力が低いことが考えられます。

体質的なものがあるのかもしれませんが、急激に免疫力が落ちたわけではなく、
環境によるものも大きいと思われます。

外にあまり出ない、エアコンの部屋で長時間仕事をしている・・・など、
また外食が多かったりすると、栄養不足になりがちです。

 

ドリンク剤などでビタミンを多くとる工夫をされてはいかがでしょうか。

お昼休みなどには、軽い体操をしたり、少しでも歩くことをおすすめします。

また扁桃腺などで熱が出やすいことも考えられます。

扁桃腺はアデノイドが原因で肥大し、高熱の原因になりますので、

近くの病院でしっかり診察をしてもらいましょう。

 

食べ物で改善するとしたら、ビタミンCを多く含む食べ物、飲み物や、

豆腐や豆乳など大豆を多く含むものを積極的にとることをおすすめします。

あまりにひどい場合は、病院でビタミン注射などが効果的で速く効くと思います。

 

ここでは風邪気味の対処法に悩んでいる方に、「大人が毎月風邪をひくその原因」に、

ついてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

大人が毎月風邪をひく原因とは?


 

 

 

 

 

結構気をつけているつもりなのに毎月のように風邪をひくという方がいます

頻繁に風邪をひきやすい人は前述のように、
体質的に免疫力が弱いということが考えられます。

喘息の場合には、急激な温度変化などに対応できにくいため、
冷たい空気を吸って、それが喘息の引き金になることがあります。

 

エアコンは夏も冬も部屋が乾燥しがちなので、
なるべくエアコンから遠い場所に座るとか、
夏でもマスクを使って乾燥を防ぐなどの工夫が必要ですね。

 

また水分をできるだけ多くとることをおすすめします。
のどの乾燥がよけいに喘息の発作を引き起こす原因となるからです。

夜も水分補給の飲み物を枕元などに用意し、
夜間も時々取るようにしたほうがよいと思います。

出来るだけビタミンを多く含んだ飲み物が効果的です。

スポンサーリンク

私は、夏でも窓を開けず、冷風扇を使っています。
水分がたくさん出るので、のどの保湿になります。

また夏でも保湿のためマスクをして寝ています。
汗をかかない工夫もしています。

 

汗は、喘息の引き金になることもあるので、
バスタオルで汗を拭き、体を冷やさないようにしています。

冬はカイロを毛布に貼り(直接貼らないこと)保温をしています。

冷やさないことが一番ですので、靴下や、毛糸のパンツや腹巻などで保温します。

加湿器でもよいのですが、私はストーブやエアコンと一緒に冷風扇も使っています。

水分が出るため、冬の乾燥を防ぐので利用しています。

 

アレルギーが原因と思われる方

空気清浄機の利用も効果があると思います。

ハウスダストはアレルギーの大きな原因になります。
布団は布団乾燥機などのほうがよいと思います。

私の家では外干しはほとんどしません。

主人が花粉症のせいもありますが、
洗濯物は、乾燥機、大きなものは浴室乾燥機を使っています。

雨の多い季節には除湿機も使っています。
部屋の湿気ってものすごいのです。

ほこりもアレルギーの原因になるので、「窓は出来るだけ開けない」ようにしています。

掃除機よりもふき掃除の方が効果があると思います。(水ぶき、空ぶき)

色々やってみるけど効果がなく風邪を頻繁に引いてしまうという方へ
お伝えしていきたいと思います。

 

では風邪をひかないようにするにはどんな食べ物が良いのでしょうか。

風邪をひかないようにする食べ物は

 

 

 

 

 

食べ物は、たんぱく質、ビタミンなどを多く含むものがよいとされていますが、

頻繁に風邪をひくという方は、免疫力が少ないと思われるので、

サプリメント、ゼリー、ドリンク剤など、

ビタミンを多く含むものをたくさん取るようにして下さい。

またそれでも効果がない場合には、病院でのビタミン注射が効果的かと思います。

 

もう一つの原因としては運動不足も考えられます。
少し時間のできた時は、ウォーキングや軽い体操などをおすすめします。

あまり過激なものでなくてもよいと思います。毎日続けてくださいね。

またアレルギーを含む食べ物は避けたほうがよいと思います。

エビ、イカなどアレルギーを含んでいると思われる食品や、
その他栄養士さんなどの助言もよいと思います。

 

かぜをひきやすい人・ひきにくい人の違いは

 

 

 

 

 

 

免疫力の弱い人の傾向としては次のようなものがあげられます。

・肉体的ストレス(体をよく使う人)、

・長時間労働

・一日中パソコンに向かう仕事

・運動不足、一日中部屋の中で仕事をしている人

・睡眠不足あるいは睡眠時間が不規則な人

・精神的ストレスを抱えている人(対人関係など)

・抑うつの人、笑わない人

・栄養不足、栄養のバランスの悪い食事(野菜不足)をしている人

・アルコールの飲みすぎ(胃や肝臓などをいためる原因)

・たばこ(肺がんなどのリスク、喘息の原因になる)

・早食い(胃が悪くなり、消化器官に影響が出る)

・抗生物質や解熱鎮痛剤の飲みすぎ(効かなくなる)

などがあげられますが、
少しでも思い当たることがあるようでしたら、生活習慣を見直してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私自身は、春先に風邪をひくことが多いのです。

アレルギーが原因なので、耳鼻科で鼻の洗浄、のどの洗浄、
あと抗生物質のお薬をもらうぐらいです。

10日ぐらいで完治しますので1年に1回ぐらいです。

運動はかなり量が多いのですが、これは趣味ですので、

おすすめするというようなものではなく(筋トレに近いものなので)一般的には、

軽いウォーキング、ハイキングなど楽しみながらできるものがよいと思います。

今の時代は、常に外からの刺激を受けているので、

頭や目の休まるときが少ないように思われます。

自然に触れることにより、ストレスからも解放され、

自然に体力もつくのではないかと思います。
(ちょっと楽観的かもしれませんが)

環境を変えることは大事なことだと思います。
なるべく薬に頼らず、自然に治せたら良いですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。