帯状疱疹はストレスと疲労が原因?症状は?効果的な治療は?

投稿者: | 2017年11月10日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

帯状疱疹ってきいたことがありますか?
初めてこの病気になった経験から帯状疱疹とは、
どういうものなのかお伝えしていきます。

ここ数日間、右側の背中の後ろ、肝臓、腎臓があるあたり、
その部分が「チクチク」と針を指した様な痛みが伴い、
何が原因か分からず、どうしたものかと悩んでいました。

特にその症状が顕著に出るのが、車の運転中にブレーキを踏む時、
電流が走ったような激しい痛みに襲われます。

あまりの痛さに、車を停車して痛みが治まるまで、
待つことしばしば…。

一過性の痛みと思い、暫く様子を見てみようと、
痛みに堪えて、仕事をしていましたが、
痛みが治まる気配はまるでなし。

逆に治まるどころか、症状がより激しくなってきたので、
知り合いに相談したところ、素人判断するより、
安心の切符」を貰う意味でも、早急に医者の診察を受けることが最善の策。
と説教される始末。

不安がっていてもしょうがないので、
かかりつけの医者に診断してもらったところ、

医者から言われた病名が、

聞きなれない「帯状疱疹!」とのこと。

内臓の病気ではなくて良かったですが、
逆に帯状疱疹と言われて聞いたことがなかったので、
何それ?って感じでした。

先生から聞くところによると、
帯状疱疹は放って置くとかなりやっかいな事になるので、
早めの手当、治療が大切だと言われました。

そこで今回は、帯状疱疹という病気について、
知らないことばかりでしたので、
改めて経験を基に調べてみました。

・帯状疱疹とはどんな病気なの?
・帯状疱疹になる原因とは?
・帯状疱疹の効果的な治療とは?
など、私が経験した一般的な対処法をお話しします。

 

スポンサーリンク

 

帯状疱疹てどんな病気のことなの?

 

 

 

 

 

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、

水ぼうそうを起こす原因ウイルスと同じ水痘(すいとう)
帯状疱疹ウイルスによって起こる病気です。

水ぼうそうは多くの人が子供の頃にかかり、
発症後1週間程度で治ります。

スポンサーリンク

実際にはこれで完全に治ったわけではないのですが、
大半の人が治ったと勘違いされているようです。

帯状疱疹になるウィルスは結構やっかいな相手で、
常に復活の機会を狙っていて、長い場合は何十年も潜伏し続けるそうです。

要は私たちの身体の免疫力が低下したときにウイルスが復活するんですね。

その免疫力が低下する原因には、過労やケガ、
大きなストレス、病気等があるので注意が必要です。

 

帯状疱疹が起きる原因は何? 前兆はあるの?

自分が健康で元気バリバリ!思っている時、
身体の中に病が忍び寄っていると思う人は少ないですよね!

身体に自信のある人ほど、そういった思いが強いんじゃないでしょうか?
「俺に限って」「私には縁がないこと」などと思っている人ほど。

かくいう、私自身がそのまんまでした。

健康に関しては絶対的といっていいほど自信を持っていた私ですが、
骨折したり、盲腸など差し障りのない病気で外科手術をしない限り、
病は俺には関係ないと常に思っていました。

そんな自信満々に仕事にも、遊びに夢中になっていた時、
体にいつもと違う異変を感じるようになりました。

とにかく、目の上が痒い、挙句額の方も痒い、
日にちが経つにつれ、髪の毛に手が触れても痛い…。

何なんだろう?この痒み、痛さは?
理由、原因が分からず、日にちだけが過ぎていき、
痒み、痛さはますばかり、

何なんだろうと自問自答をしている時に、
たまたま知り合いが私の症状を見かねて、
これから目医者に行くので診察してもらったら?

何か分かるかもしれないよ。。
何気ないその一言で目医者に行くことになりました。

人間て何かきっかけがないと、
中々医者なんて行けないものですよね。

下された診断結果は「帯状疱疹

原因は「疲労もしくはストレス」
から来ていて体の免疫力が低下している可能性が高いとのこと。

先生からの言葉に私は反論しました。

私:

「先生、私は別に疲労やストレスなど感じていません。」

先生:

「そんなことありません。
それはあなたが感じてないだけで、
体はすでに悲鳴を上げています。」

帯状疱疹が出るというのは
そういうことなんです。

私はその言葉に反論できませんでした。

そういわれれば…。

確かに最近は良く眠くなるし、
体がだる重い時があるのを感じていました。

しかし、それが大病になる入り口だと思わず、
一過性の症状だと思っていたんですね。

「素人判断はいけない…。」
とその時反省しました。

専門的なことは別にして、
帯状疱疹は「疲労やストレスを溜めない」ことが一番のようです。

それさえ用心しておれば、
発症しないのではないでしょうか。

帯状疱疹は子供の頃の水ぼうそうの名残との事。
水ぼうそうをしても軽く済んだ場合。
疲れとか出た時に悪さをして出てくるようです。

 

帯状疱疹の効果的な治療とは?

帯状疱疹が出る原因は、
ウイルスによる感染症だということですね。

医学的なことは難し過ぎてよく分かりませんが、
調べたところによると、

水痘・帯状疱疹ウイルスというヘルペスウイルスの一種で、
最初の感染では水疱瘡として発症するそうです。

この帯状疱疹にかかってしまった場合、
どのような治療を行えばいいのか?

病院で帯状疱疹の薬を飲んで治すのですが、
とにかく専用の薬は高く5000円から8000円くらい取られます。

私の場合、3週間分の薬を頂きました。
措置が早ければそれだけ早く治まるとのこと。

その他、ステロイド系の抗生物質の注射をして頂き、
薬と並行して飲んでいましたが、その後再発していません。

結論として、
やっぱり無理をしないことが一番!

・体に疲労を溜め込まない。
・ストレスを溜めない。
・睡眠を十分に取る。

を心がけましょう。

まとめ

帯状疱疹ができる原因は疲労とストレス。
予防には、自分の健康に慢心せず、
体のケアを常に心がけることが大切ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。