退職を考えている人必見!退職のベストなタイミングってあるの?

投稿者: | 2018年9月26日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

 

長いサラリーマン生活の最後に待っているのが定年退職。

かなりまとまったお金が支給されるので、やはりその日のために、

日ごろ我慢をして働いている人が多いのではないでしょうか。

 

長年の苦労の積み重ねの上の退職金です。

少しでも多くもらいたいとだれもが思いますよね。

しかし、やむを得ず中途退職の場合もあります。

 

今は、昔のように一つの会社に定年まで、

という時代ではないので、大変だと思います。

 

人間関係に悩んでいるのだったら、

退職して次の会社を早く探したほうが良いですよね。

 

ストレスなどから病気になったら、家族に、会社に迷惑がかかり、

転職どころではなくなってしまうからです。

 

チャンスはそうたくさん来ないと思いますので、

今の会社にいるうちに転職先が必要としている、

スキルを身につけるのも一つの方法です。

 

給料をもらいながらだとお金の心配がないので有利だと思います。

転職してからでは遅いかもしれません。

 

ということで、退職を真剣に考えている方に向けて、

「退職を考えている人必見!退職のベストなタイミングってあるの?」

というトピックでご案内したいと思います。

それでは一緒に学んでいきましょう!!

スポンサーリンク

ボーナス支給後の退職がベスト?

 

 

 

 

 

 

では退職には、いつが最適なのでしょうか?

まず思い浮かぶのは、

賞与が出た後の7月や8月12月や1月です。

 

支給については、支給日に在籍していることが、

支給の条件という会社もあるようです。

その前に退職してしまうと支給されないケースがあるので、

事前にチェックをしっかりしておきましょう。

 

■退職時期について

退職については会社の内規に謳われているケースが多いですが、

一般的には1か月前に申し出るのが理想かと思います。

 

また3月や12月などの時期が最適かと思われますが、

3月は決算期にあたり、忙しい時期なので少し早めに申し出るとよいと思います。

 

4月から入社という会社も多いので、

それに間に合うように退職しましょう。

どうしてもだめな場合は、退職届を出してやめてしまうことです。

これは違法ではないので心配はいりません。

 

■締日に合わせて退職日を決める

月末の場合はその月の社会保険料が徴収されてしまいます。

税金の徴収時期について調べてみると、
・1月~4月  一括
・5月~31日 特別徴収
・6月~12月 一括か残額を分割、普通徴収
となっていて、

退職の申し出は、できるだけ早い時期に意思表示をすることで、
ゆとりのある引継ぎ期間を設けることができます。

スポンサーリンク

現在の職場への迷惑を最小限にし、
次の職場へ気持ちよくスタートできるようにすることが大切ですね。

 

ボーナス支給後の退職は不適切?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーナスを貰うのは労働者の権利です。

余程の事がない限り、ボーナス支給後の退職は問題ありません

場合によっては道義的な責任を追求されるときも、

あると思いますが、法的には何も問題ありません。

 

ただ、ボーナスを貰う条件として、

賞与の支給日に在籍しているということが第一条件になります。

なので支給日前にすでに退職している場合は、
賞与を支払わなくてもよいことになります。

逆に、
退職予定の社員は、まだ会社に在籍しているので、
賞与を貰う権利があります。

なので賞与支給日の翌日に退職するのがベストな時期ですが、

道義的な問題で悩むのであれば少しずらすようにしましょう。

 

中にはボーナスは社内規定で減額が認められているケースがあります。

その場合は賞与を減額することが可能なので頭に置いて行動しましょう。

社内規定がない場合は、一方的に減額することはできません。

「退職はたつ鳥後を濁さず」ということわざがあるように
できれば皆に祝福されながら、退職したいですよね!

 

退職を考えるベストなタイミング

 

 

 

 

 

 

会社を辞めるときのベストな時期は?

6月か12月のボーナス直後、

やめる時期は、ボーナス支給日の当日がベストです。

ボーナスは過去の仕事に対しての慰労金のようなもの。

たからもらって当然のお金なのです。

次の会社で働くためにも、

年収ダウンを避けるためにも不可欠です。

 

■人間関係を考えると3月退社がベスト!

同僚や上司に迷惑をかけずに辞めたいと思う気持ちは大事です。

2か月ぐらい前に申し出て、3月末で退社するのがベストです。

 

4月からの会社の事業計画に穴をあけずに済みます。

退職者の補充計画や、仕事のカバーに支障が出ずに済むので、

ベストな選択なのではないかと思います。

 

■転職先からの要望に合わせる

すでに次の転職先が決まっているのなら、

転職先からの入社時期など、先方の希望に合わせる努力も必要です。

ちょっと冷たいと思われるかもしれませんが、

これから入社する会社のほうが大事なはずです。

まだ転職先が決まっていない場合は、スキルをみがくなど、

自分を高く売る時期、方法などを考えましょう。

転職エージェントなどを利用するのも一つの方法です。

 

■何が何でもすぐに辞める

会社を辞める決心をしてからも、

ずるずると引きずっている優柔不断なタイプの人。

このような人はすぐに辞めてしまったほうが良いのです。

「自分が何をめざしているのか、何をしたいのか」

そうしたことをじっくり考えてから、行動したほうが良いと思います。

中途採用の場合は、通年で求人募集がありますが、特に多いのは1~3月です。

この時期はチャンスをものにしやすい時期と言えます。

 

まとめ

一つの会社に定年まで働くことができれば、

それに越したことはないのですが、

今は仕事の選択肢が非常に広い時代と言えます。

そのためには、今と同じ状態を維持するのではなく、

人よりも高いスキルを身につけ、転職を有利にすることが大切です。

 

転職に成功した人は、本を読んだり、

常に情報収集をして選択肢を広く持っています。

最後にあなたにおすすめしたい本をご紹介します。

一つは、D。カーネギー。転職を繰り返した人として有名で、

後に鉄鋼王と呼ばれ、エジソンとともに有名な人です。

営業のバイブルとまで言われる本で、

人を動かす・道は開けるがもっとも有名です。

もう一冊は七つの習慣です。この本も有名ですが、

こちらは生活習慣を変えるだけで、

色々なことがうまくいくようになる…ためしてみたらというものです。

あなたの成功を祈っています。!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。