赤ちゃんに加湿空気清浄機は必要なのか?効果的な使い方は?

投稿者: | 2018年11月8日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんにとって空気清浄機と加湿機は必需品です。

まだ小さく抵抗力のない赤ちゃんにとって必需品ともいえるものです。

今は病院などでも、空気清浄機が使われているところが増えてきました。

絶対とは言えないのですが、出来ればつけてあげてほしいと思います。

兄弟がいたりすると、外から雑菌が持ち込まれる可能性が高いのです。

そこで今回は、赤ちゃんにとって加湿空気清浄機は必要なのかどうか?

について少し詳しくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんに加湿空気清浄機は必要なの?

必需品といってもいいくらいなので

出来ればつけてあげてほしいと思います。

 

赤ちゃんはママのお腹の中で育ってきたので、
外界の環境に離れていません。

生まれたばかりで抵抗力のない赤ちゃんにとっては、

ほこりやウイルスは大敵です。

掃除機だけでは除去できないほこりやウイルスもたくさん吸収してくれます。

特に生まれたばかりで1日中お家の中にいる赤ちゃんにとっては

きれいな空気は大切なものです。

なので、赤ちゃんにとってできるだけよい環境を作ってあげることが大切ですね。

 

お部屋の広さや、家族の人数に合わせて大型のものから、

少人数用の小型のものまでいろいろな種類が出ていますので、

カタログやお店などでアドバイスをもらいながら検討されるとよいと思います。

今はさまざまな機能がついた製品が数多く出ていて、

選ぶのに迷うほどですが、事前チェックをしてから買われることをおすすめします。

 

使用はエアコンと併用して使うことをおすすめします。

フィルターは自動おそうじ機能がついていたり、

洗濯物の乾燥にも利用できるなど多機能化しているのが特徴です。

 

おススメ機種ランキング

1番はプラズマクラスターです。

これは病院などでも使われていて音も大変静かです。

少し広めのお部屋に向いています。

へパ(HEPA)フィルター採用です。脱臭機能も優れています。

フィルター式のものが主流なので、掃除と交換をまめに行ってください。

フィルターだけごみを取ったり、

ブラシをかければそんなに頻繁に交換しなくても大丈夫です。

時々重層などにつけ、水洗いして乾燥させてください。長持ちしますよ!

 

国産だけでなく、海外製のものも出ています。かなり大型ですが、

へパ(HEPA)フィルターを搭載しているものが効果があるといわれています。

 

DAIKIN(ダイキン)ストリーマー

強力タイプで、おむつのにおいなども吸収します。

風量が大きく、3方向からの吸引でぐんぐん吸い込んでくれます。

前面・側面吸気なので場所を選ばず設置できます。

 

プリーツフィルター(折りたたまれているタイプなので掃除は出来ないので、

10年間は交換不要)が採用されています。掃除の手間がいりません。

私のところでは、エアコンはガスなので、水分が出ます。

ですから空気清浄機だけのものを使いました。

 

娘のところは電気のエアコンなので、空気清浄機と加湿器を併用しました。

昼間は保育園だったので、空気清浄機とエアコンや加湿機を使っていました。

特別乾燥することもなくいつもお肌はきれいでしたよ。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに加湿空気清浄機の効果的な使い方は

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:https://www.pakutaso.com/)

加湿空気清浄の効果的な使い方は、置き場所も考え効率よく使うことが大切です。

置き場所次第で、ほこりや、ウイルスや花粉などアレルギーの、

原因になるものを素早く効果的に除去してくれます。

置き場所が間違っているとせっかく置いても何の効果もないということになります。

 

エアコンや、サーキュレーターなどを併用し、

空気を循環させ、快適に過ごせるような工夫をしましょう。

また清浄機のフィルターの掃除をまめにしましょう。

 

赤ちゃんはきれいな空気がないと生きていけないと考えればよいと思います。

せっかく生まれてきた大切な命なのですから、大事にしてあげましょうね。

空気清浄機は24時間止めずに使用します。

止めてしまうとせっかく作ったきれいな空気がまた汚れてしまうのです。

また空気清浄機は空中のほこりなどは上手にキャッチするのですが、

床に落ちたほこりやごみは取ることが出来ません。

ですので、空気清浄機は床から1メートルぐらい高いところにおいて使用します。

 

空気清浄機の使用はいつまで

基本的には乳幼児(0~2,3歳)でそれ以上は、

アレルギーがあったりする場合は、長期になります。

※冬赤ちゃんの肌がカサカサになって困っている方も多いようですね。

 

私のところでは、毎日お風呂の後、

ベビー用のスキンローションをたっぷり塗ってあげていました。

べたつかず、お肌もサラサラで、いつもピカピカお肌でしたよ。今も肌はきれいです。

 

赤ちゃんに空気清浄機の置き場所に注意!

 

 

 

 

 

 

(出典:https://www.pakutaso.com/)

部屋の隅のエアコンからできるだけ遠い場所に置きます。

部屋が狭くて置き場所に苦労する・・・。そんな声もよく聞かれます。

 

基本は壁をふさがないよう少し隙間を開けて置きます。(背面吸気のものが多いので)

出来れば背面吸気ではないものを選びたいところです。

 

置き場所として良いのは

部屋の隅の壁際や、エアコンや換気扇から遠い場所を選んで置きます。

床から1mぐらい高いほうがよいので、何か台の上に置いた方が効果的です。

部屋の中央は排気が分散してしまうので、空気の循環が出来ないので不向きです。

 

空気清浄機はつけっぱなしが効果的です。

止めてしまうと部屋にほこり等がたまってしまい効果がなくなってしまいます。

加湿機は別タイプの方がおススメです。

両方入っている場合は、加湿機が小さい場合が多いので、

別々の方が効果的と思われます。

 

置き場所を選ばないタイプとしては

ダイキンストリーマ空気清浄機をおすすめします。

前面・側面吸気で置き場所を選ばずに使えます。

シャープのプラズマクラスターは少し広い部屋向きでリビングなどにも置いて使えます。

デザインもおしゃれになりました。

脱臭フィルターもついているので、においを気にせず使えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

かしく空気清浄機はいかに赤ちゃんにとって必要なのか?

お分かり頂けたでしょうか?

私が使っていたのはかなり前ですが、どんどん高性能の新しいタイプが登場しています。

少し、値段も高いのでなかなか思い切って買えないのですが、

赤ちゃんの誕生など、必需品であると考えられるときには、

購入を考えてみてはいかがでしょうか。

出来れば階上と階下に置けると最高ですが・・・。

 

小型で性能のよいものもたくさんあります。

値段も手ごろなものもありますので、寝室などに置いたらと思います。

今回は加湿空気清浄機ということでしたが、

機能としては別タイプの方が効果があるようで、

別々に使っている方が多く見られました。

 

どちらがというわけではないのですが。

それぞれ1長1短というところでしょうか。

家族の人数、年齢などによっても変わってくるようですので、

購入の際はよく考えて本当に要るのか要らないのかを選択したほうがよいと思います。

 

加湿機だけでなく、赤ちゃんにはできるだけ、

湯冷ましのような水分を多くとることをおすすめします。

ミルクだけでは水分が不足するので・・・。

体温の高い赤ちゃんは、冬でも汗をかいていることが多いのです。

 

着せすぎないことと(夏でも冬でも2枚が基本)

温度計(乾湿計)で部屋の温度に注意してくださいね。

がんばってください応援しています!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。