高尾山紅葉の見頃は?もみじまつりとは?アクセス&駐車場情報を紹介!

投稿者: | 2017年9月9日
Pocket
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加

東京の八王子市にある「高尾山」は、

都心から1時間ほどで行ける人気スポットです♪

 

高尾山は、ハイカーや観光客など含めて、

今では、年間200万を超える登山者が訪れます。

 

平成19年にはミシュランの三ツ星に、

指定された観光名所で、日帰りでもゆっくりと、

山歩きが楽しめる国定公園です。

 

特に紅葉シーズンは、都会の中にある自然豊かな、

スポットとしてハイカーや観光客に大人気です。

 

近年ではトレッキングブームも手伝って、

「山ガール」デビューの女性に大人気です。

また、都心から電車1本で行ける手軽さも人気の理由のようですね。

 

ここでは、高尾山の紅葉の見頃やおすすめ紅葉スポット、

アクセス&駐車場情報などをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

高尾山紅葉!見頃のシーズンは?

高尾山へは、ケーブルカーやリフトで山腹に到着、

そこから山頂まで徒歩約40分。

たどり着くと、都心のビル群をはじめ、

関東平野を一望することができます。

紅葉スポットとして人気の高い、高尾山の薬王院と、

沿線沿いの紅葉の美しさは、まるで絵に描いたような鮮やかさです。

 

ちなみに、動画の4分30秒辺りに映し出される、

雄大な富士山と青空のコントラストが本当にきれいです!!

 

そんな高尾山の紅葉の色づき始から見頃時期は、

◆色づき始:例年11月初旬

◆紅葉の見頃:11月中旬~12月上旬

◆場  所:東京都八王子市高尾町2256

 

高尾山で紅葉する木の種類は、

イロハカエデ

オオモミジ

ブナ

ヤマウルシ

などを観ることができます。

 

例年の高尾山の紅葉は、

10月下旬に山頂付近から色づき始め、

11月中旬~12月上旬に紅葉のピークを迎えます。

 

ただし、年によって冷え込み状況が変わるので、

色づき始めが早くなったり遅くなったりします。

 

紅葉が始まる一つの目安となるのは、

『最低気温が8度を下回る日が続くこと』なので、

シーズンが近づく、10月中旬以降の気温や紅葉情報に注目していきましょう。

 

高尾山もみじまつりとは?

高尾山は、標高599mの低い山ですが、

オオモミジやイロハモミジなどのモミジで、

シーズンにもなると山肌が赤一色に染まり、見応えがあります。

 

そんな高尾山では、例年紅葉時期になると、

毎年、『もみじまつり』が行われ、

家族連れなどで賑わいをみせています。

 

そして、今年も高尾山の紅葉シーズンに合わせて、

高尾山もみじまつり』が開催されます。

開催期間は以下のとおり

◆開催期間:11月1日(水)~11月30日(木)まで

◆メイン会場:ケーブルカー清滝駅前

◆お問い合わせ:042-643-3115(八王子観光協会)

 

メイン会場である清滝駅前周辺でも、

紅葉はきれいなので、登山しなくても、

もみじまつり』を楽しむことができるのがいいですね。

 

また、土、日祝日を中心に、

猿まわし、マジックショーや、ステージでの歌や音楽、

他にもマス酒の販売など、様々なイベントが企画されています♪

手軽に行ける高尾山にこの期間に高尾山へ紅葉狩りに、

出かけてみてはいかがでしょうか

 

高尾山の紅葉!おすすめスポットは?

高尾山の紅葉!おすすめスポットは、

何といっても、ケーブルカーからの景色ですね。

<<ケーブルカーからの景色>>

「一見は百聞に如かず!」なのでまず動画でお楽しみください。

スポンサーリンク

動画で観るようにケーブルカー越に見える

山腹までの紅葉はとても綺麗ですね。

周りを見渡せば、紅葉や黄葉などが混じり合い、

とても色鮮やかな光景を観ることができます。

 

高尾山に言った際は、

是非ケーブルカーに乗って山頂まで言ってください。

素晴らしい景色が一望できます。

 

高尾山紅葉おすすめスポット!薬王院

 

 

 

 

 

 

薬王院は、1260年前に建立された歴史ある寺院です。

高尾山は昔から修験者の山としても有名で、

現在も滝修行の場として一般の人にも開放されています。

 

薬王院の境内には、

山麓別院不動院

大師堂

山門

書院

金比羅台

飯縄権現堂(御本社)

仏舎利塔

と、7箇所紅葉を楽しめる場所があります。

それぞれ見ごたえのある紅葉スポットなので、

是非立ち寄って見てくださいね!

 

紅葉を楽しめる時期は、

11月上旬~11月下旬ごろです。

 

高尾山の山頂

山頂もおすすめスポットとして、

外せないですね!

 

山頂からの景色も雄大で、

晴天の日は富士山が見えることも。

 

山頂にある老舗茶屋、城山茶屋の、

『なめこ汁』は一日700杯も売れる日があるとか。

 

高尾山へ登ったら、

是非味わってみてくださいね!

 

紅葉台

山頂から歩いて、10分のところに、

紅葉台という紅葉の名所があります。

 

紅葉台には樹齢が80年以上という有名な、

有名なモミジがあります。

登山途中に綺麗なモミジを見ながら、

一休みするにはいいですよね。

 

紅葉を楽しめる時期は、

11月下旬~12月上旬ごろです。

 

高尾山へのアクセス&駐車場は?

高尾山へは都心から約1時間で行ける、

日帰りで楽しめる人気スポットです。

その高尾山へのアクセスは以下の通り。

<<アクセス>>

◆電 車:京王高尾線・高尾山口駅より、ケーブルカー乗り場まで徒歩5分。

◆ 車 :圏央道高尾山ICから国道16号・20号を経由約30分。

◆駐車場:高尾山麓駐車場(駐車場スペースは80台・有料)

 

ケーブルカーを利用する方は、

必ず始発に乗りましょう!

 

<<ケーブルカーを利用!>>

◆営業時間:8:00~17:45(平日)土・日・祝は8:00~18:00まで。

ケーブルカーの始発は午前8時ですが、

その後は、15分毎に発車します

混雑が激しい場合、出発時間が早まることがあるので、

もう少し早めの午前7時30分くらいに駅に到着しておくと安心です。

 

<<リフトを利用!>>

◆営業時間:9:00~16:30(土・日祝は状況により運転延長)
※ただし、12月は運行時間短縮

◆料  金:大人480円・子供240円(ケーブルカー・リフト共通)

◆休業:期間中無休!

◆お問い合わせ:042-643-3115(八王子観光協会)

 

◆高尾山MAP

 

都心から日帰りで気軽に紅葉が楽しめる高尾山。

登山者数が年間200万人以上を超える、

世界一の山だけあって混雑が心配ですね。

 

やはり紅葉の時期は道路や駐車場が混みあうので、

電車など公共交通機関を利用する方がスムーズです

 

ケーブルカーやリフトを利用する場合の注意点として、

”上り”より”下り”の方が待ち時間が長いようです。

 

場合によっては、1~2時間待ちということもあるので、

混雑状況を確認して、

早めに、下りの整理券を受け取っておくといいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

高尾山は都心から日帰りでもゆっくりと楽しめる、

ハイカーや登山客に人気の紅葉スポットです。

 

高尾山には登山でも、ケーブルカーに乗って、

山頂までの道中、綺麗な紅葉風景を満喫することもできます。

 

紅葉のシーズンにもなると、駐車場や道路が大混雑します。

紅葉見物には、早めに準備を心がけてください。

 

2017年秋の高尾山で紅葉狩りに行かれてみてはいかがでしょうか。

おすすめの紅葉スポットです!

 

 

紅葉が楽しめる関東地方の紅葉スポット情報を紹介します。

関東地方には、有名な紅葉スポットがたくさんあります。

今回はその中でも人気の高い紅葉スポット第一弾。

①紅葉スポット 高尾山

【楽天旅ノート】紅葉の名所・高尾山

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。